ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2016/07/01

Google Scholar 英語版に入れないとき、のTIPs



やーん!あっという間に金曜日!な、
サーチャーの酒井です。


今週も、おかげさまで調査報告あり、企業向け研修あり。
忙しく過ごさせて頂きました。



そうそう、一昨日は新橋で
大祓の 「茅の輪」 を、くぐってきました。

一年の折り返し点、でもありますね。




それから
「情報の科学と技術」 
今月号に、原稿を掲載して頂きました。

今月の特集は 特許訴訟を調べる



原稿でも、書かせて頂いたのですが・・・

米国の判例って、Google Scholar でもかなり調べる事ができます。
https://scholar.google.com/



でも・・・
ドメイン 「.com」 の英語版を開きたいのに、

どういうわけか、
日本語の 「co.jp」 に飛ばされてしまう事って、ないでしょうか?


ワタシは、かなりの確率で
日本語画面に飛ばされてます。

・・・英語、得意でないの、バレてる・・・?(笑



そういう時は
日本語になってしまった画面の・・・
右下の 「すみっこ」 にご注目!



わかりにくい・・・かな?



ここです!!





グレー気味の、ちぃさい字で
Google Scholar in English ってあります。



このリンクからでしたら、
間違いなく

.com

に繋がります。お試しを♪






調査スケジュールは・・・

6月中よりは、ちょっとだけ余裕が見えてきました。
今日は、水面に上がって酸素吸ってます、みたいな1日です。
 ※6月はね、”調査フェスティバル” みたいな感じ、だったので・・・(^^;)

納期の調整なども、ある程度でしたら、大丈夫かと。



お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: