ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月中旬以降】です。(2017/5/15現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/4/12現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 5月の出没予報   → 6月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/01/21

海外の出願人名/会社名 - 商標と商号・屋号、そして「dba」



「海外の会社名特定」 は、時に一筋縄でいかないもの。

商品サンプルもカタログも手元にあり、
カタログには連絡先やURLと一緒に
「特許出願中」と記載されています。

それなのに・・・!
特許が出てこない!!(泣)

はい、「ベンチャー企業の技術者特定の巻」 の続編です。

Today's photo | Black Styled Office Devices BY VIKTOR HANACEK


技術者特定の巻

特許は全く違う会社名で出願されていた、という結論でした。


何か、引っかかりますよね?


説明のため、
特許出願の会社名を A社 (A Campany)
カタログ等に記載されている社名を B社 (B Corporation)  としますね。

それから、カタログに掲載された商品名は 「B」 (社名と同じ)です。


さて・・・
やはり、気になるのはA社とB社の関係です。

・ A社は、B社の親会社持ち株会社にあたるのか?

・ 社名変更したので、出願はA社、現社名はB社?

・ A社がB社に買収、吸収された?


パッと思いつくのは、こんなところでしょうか。


記事の続きは、A社とB社の関係を調べた際のメモです。



1)A社の社名でググる。(会社情報やWebサイトを探す)

B社のカタログ、Webサイト等は入手済みなので、
A社の社名でググってみました。

今回は、この方法は完全に不発
・・・珍しいパターンです。

何かしら情報が出てくるケースが大半なのですけどね・・・(汗


まさか!
A社は幽霊会社、ペーパーカンパニーだとか!?


何だか、怪しい会社のような気がしてきました。
・・・怪しいならば、「怪しい」と確定させて、依頼元様に報告しないと!(焦



次!


2)A社、B社の名前で、それぞれ商標検索


これが、今回の糸口になったように思えます

複数の国で商標が見つかり、いずれも
出願人:A社
商標名 「B」 (商品名と同じ)
という組合わせでした。


まずこれは、
A社が「B」という商標/商品名で、ビジネスをしようという事かと。

A社の所在地(海外)も、
「B社と同じ市内にあるらしい」と、判明しました。


そこで、また次の検索です。

3)海外(A社所在地)の企業情報サイトで、A社・B社を検索


すると・・・ こんなレコード(収録データ)が出てきました。


A Campany  dba B Corporation



どうゆうこと!?


こちらの記事から、解説を引用させて頂きます。

dba (DBA) 【~という商号(屋号)を使っている】
2008年10月01日 (水)
ビジネス文書などでときどき見かける英語の dba (DBA) は doing business as を省略したものです。日本語では「~の通称で営業している」つまり「~という商号(屋号)を使っている」ということです。(法人登記されている正式な)会社名と事業上の通称が異なるときに使われる略語です。

(例) XXX Food Inc. dba Kentucky Fried Chicken (KFC)
   (ケンタッキーフライドチキン(KFC)の商号を使っているXXXフード社)

上記の例では、KFCのフランチャイズ加盟店(franchisee)であるXXXフードという会社が「ケンタッキーフライドチキン」の商号を使って営業しているという意味になります。

出典|なるほど!訳語発見 ~英語翻訳の現場から


な~る~ほ~ど!

上記の例に従って読み替えると

「B Corporation の商号(屋号)を使っている、A Company」

となりますね。



一時は本気で「ペーパーカンパニーなの?」と心配しましたが、
そうではなかったようです。


おあとがよろしいようで。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: