ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度・2019年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 3月の出没予報   → 4月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◇ゴールデンウィーク休業のお知らせ
誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。
ゴールデンウィーク休暇期間
2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)

※休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、
5月7日(火)より順次対応させていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。

2019/03/17

[LINK] 特許調査/知財関連ブログリンク集(2018.1)


photo credit: hownowdesign via photopin cc

こちらは、知財関連ブログのリンク集です。


リンク集は記事の続きから。
少々長いため、ここで折り畳みます。


2019/03/13

 [昨日の美里さん]メルマガから社長のコラムをご紹介!

今週の[昨日の美里さん]は、メルマガで書かれている美里さんのコラムをご紹介します。
毎週届くメルマガでは、美里さん執筆のコラムコーナーがあり、
専門的な内容が限定公開されています。

今回は2月に配信されたメルマガから、コラムをご紹介します。

2月6日配信のメルマガから
◆ 今週のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
先週WIPOが発表した資料
「テクノロジートレンドーArtificial Intelligence (人工知能)」
https://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2019/article_0001.html
AI技術の分析資料です。もう、ご覧になりましたか?

AI、ICTといった言葉も一時の流行ではなく、
定着してきたのかな?という感もありますが、
知財の世界でもそれは同様で、
出願が定着し、公開情報も増えてきたタイミングで、
このような資料が作成されたのかな、と感じました。

ページ数が多く、字数も多いこの報告書。(苦笑)
お忙しい方は、第3章の特許分析からザッと眺める作戦がおススメです。
3章はグラフも豊富なので
「AI特許の概要」を比較的短時間で俯瞰できそうです。

もっと最新情報を知りたい“当業者”の方は
米国特許庁のカンファレンス録画もぜひ。1/31開催、ほやほやです。
https://livestream.com/uspto/events/8391716/videos/186644105

最初の1時間ほどは表紙らしき静止画だけです。
飛ばしてどうぞ。
1:30付近、Microsoftの「AI、マシンラーニングと著作権」のプレゼンテーションは、
コンパクト、かつわかりやすかったです。
2:00付近は、欧州での特許性の話題。
早送り&つまみ食いで見れるのは 録画ならでは。

ご興味ある方は、ぜひ。


2月27日配信のメルマガから
◆ 今週のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
知財のお仕事をなさっている皆さんは
発明協会、ご存知かと思います。
各都道府県にも 発明協会がありますよね。

先週、長野県発明協会の [会員勉強会] に参加してきました。
イギリスから欧州弁理士の方がおみえになるという、
地方都市では、めったにないチャンス!


テーマは 知財とブレグジットの影響、そして
欧州での権利化(出願ルートの選択)。

ブレグジット(欧州連合からの離脱)の話は、
日本でも色々資料が出ていますし、
概要はわかっているつもりでしたが、
現地代理人からお話を伺ってみると、
とても発見が多かったです。


影響が出る、と言われている意匠・商標。
本当にブレグジットするかどうか?はわからないそうですが・・・
もしそうなったら、
英国を含む意匠・商標調査も 少し変える必要がありそうです。


※今回、長野市で お話くださったのは
ミューバンエリス  LLP の  https://mewburn.com/ja/ (日本語)
モーア先生、アディス先生でした。


メルマガではコラムだけでなく、検索や各種講座の募集情報なども優先的にお知らせしています。
週に一度届くスマートワークス検索だより
>>ご登録はこちらからどうぞ!


■ご案内■

2019/03/12

【DVD】特許調査の基本ー技術用語による特許調査ー(JPDS)


日本パテントデータサービスから、
知的財産研修用DVD 第二弾 が発売されています。


【DVD】特許調査の基本ー技術用語による特許調査ー
  • 目次(本編約50分)
    • 第一章(約2分)
      • はじめに
        • 特許調査で何がわかる?
    • 第二章(約8分)
      • 特許調査をはじめる前に
        • 特許調査の基本手順 ・50文字要約
    • 第三章(約7分)
      • 特許調査をはじめよう
        • 簡易調査の手順
    • 第四章(約16分)
      • より精度の高い特許調査をするために
        • 特許分類調査
    • 第五章(約14分)
      • 特許分類(IPC)を使って調査しよう 
    • 第六章(約4分)
      • 調査結果の絞り込み

内容のダイジェスト版動画をご覧いただけます。

★ご購入特典★
2019年2月28日までにお買い求めいただいた方には、次のセミナー「B04 プロの技にせまる特許情報検索法」の優待割引用の申込書を封入!
講座の詳細につきましては、日本パテントデータサービス(株)「定期開催セミナー」ページをご確認ください。
(※割引対象講座:2018/12/6-7東京、2019/3/14-15東京 開催分)


■弊社代表 酒井よりコメント■
昨年発売の第一弾は書誌事項・出願人名からの調査がメインでした。
今年の第二弾は技術用語による特許調査です。
第二弾はより聴きやすく、見やすくするためこちらのスタジオで収録して頂きました。

社内教育の補助資料としてお使いいただく他に、
技術者の皆さんに基礎知識として目を通しておいて頂く、
といった使い方がおすすめです。

【お申込み方法】
DVD販売サイトにある「先行申込書」から申込用紙をダウンロードし、「郵送」「FAX」「Mail」のいずれかの方法で下記お問い合わせ先にお申し込みください。

【お問い合わせ先】
〒105-0003 東京都港区西新橋 2-8-6 住友不動産日比谷ビル
日本パテントデータサービス(株) 研修用 DVD 係
FAX:03-5512-7810 Mail:chizai-semi@jpds.co.jp


第1弾DVD「仕事に活かす特許情報の収集―これだけは知っておいてほしいこと―」は、こちらよりお申込みいただけます。




2019/03/11

[Slide] FIとFタームのスライド、ダイジェスト版販売中です


Umbrella by Marco Zak on 500px


FI・Fタームのまとめテキストができました。
スライド125枚(表紙含めて)です。
             (↑分類の話だけなのに・・・)

こちらはダイジェスト版 (表紙含めて15枚) 。


PDFファイルはこちら


続きから、少しだけ解説します。

2019/03/06

[昨日の美里さん]今年も梅の季節になりました。

年度末を迎える方々も多い中、
美里さんも繁忙期を迎えている様子です。


 



日経エレクトロニクスの3月号です。
グラフを引用していただきました。
本文は編集部の方が書かれています。





忙しい毎日、お休みの日を大切に、季節を感じています。
甲府の名所「不老園」は梅が満開。
青空と澄んだ空気、ほっこりするあま酒。
園内で採れた梅を使って作られた、手作り感溢れるお土産です。





長野のスーパー「ツルヤ」私も大好きです。
広い店内に果物やオリジナル商品が沢山並んでいて、
長野に訪れた際は嬉しくてあれこれ買い物してしまいます。
日本でも海外でも、その土地その土地でスーパーには特色があって、
お土産も安く買えたり、主婦の楽しみの一つです。





忙しくコマンドを打ち込んでいる美里さん。
息抜きに紅茶をいただきます。
缶のデザインが目を楽しませてくれます。
最近はサイトも自動翻訳で閲覧できるので、
私にも直接購入できそうです。



■ご案内■

2019/03/05

[講座のご案内]3/8日10:00~「特許調査の基本とその評価」


講習会のお知らせです。


日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)が主催する
定期開催セミナーにて、弊社代表 酒井が講師を務める講習会が開催されます。

B27 特許調査の基本とその評価
 実際の特許調査の場面において、特許調査の依頼者から出された依頼内容(技術テーマ)を正確に把握した結果を導くことは易しくありません。依頼者とのコミュニケーション不足や思い込み、調査結果の検証不足によることもその一因です。

 製品イメージを捉え、自社事業に即した特許調査とはどのようなものか?「調査の着手段階における確認すべきポイント」、「製品イメージを捉えた先行技術調査」、そして、「調査結果の自己チェック方法」を企業からの特許調査業務で日々活躍されているプロサーチャーがノウハウをお伝えします。

【対象】
 特許調査担当の初級者

【日時】
 3月8日(金)10:00~16:00
 
【場所】 
 (本会場)<東京>日本パテントデータサービス(株) セミナー室
      東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル6F
      [地図]
      ・都営三田線「内幸町駅」出口A3より徒歩4分
      ・JR線・東京メトロ銀座線「新橋駅」烏森口より徒歩6分
      ・東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩9分

  (TV聴講)<大阪>日本パテントデータサービス株式会社
      大阪市西区靭本町 1-7-18 ビーイングビル 2F
      [地図]
      ・地下鉄四ツ橋線 本町駅下車 25番出口より徒歩5分
      ・地下鉄御堂筋線 本町駅下車 2番出口より徒歩6分

      <名古屋>日本パテントデータサービス株式会社
      名古屋市中区栄 2-10-19 名古屋商工会議所ビル 11F
      [ 地図 ]
      ・地下鉄鶴舞線 伏見駅下車 5番出口より徒歩5分
      <九州>日本パテントデータサービス株式会社
      福岡県福岡市博多区博多駅東 2-6-23 博多駅前第 2 ビル 7F
      [ 地図 ] 
      ・JR 博多駅下車 筑紫口より 徒歩7分

【科目受講料】 
 本会場 20,000円(税別)
 TV聴講 16,000円(税別)
【お申込み方法】 
 ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ、講座タイトル「B27 特許調査の基本とその評価」の「詳細を表示させる」内にある「こちら」からお申し込みください。

  FAXでお申し込みの方は、同じく日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ、講座タイトル「B27 特許調査の基本とその評価」の「詳細を表示させる」内にある「本会場申込書」もしくは「TV聴講申込書」をダウンロード後、下記お問い合わせ先までお申し込みください。
【お問い合わせ先】
  〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産 日比谷ビル
   日本パテントデータサービス株式会社 知財研修部
   Tel. 03-3580-8021  Fax. 03-5512-7810  
   Mail. chizai-semi@jpds.co.jp
 ※お問い合わせは直接主催者様へご連絡ください。

講師プロフィール
 酒井 美里
  スマートワークス株式会社 代表取締役
   サーチャー AIPE認定 知的財産アナリスト

1991年奈良女子大学卒業後、セイコーエプソン株式会社、エプソンインテリジェンス株式会社を経て、2005年スマートワークス株式会社設立。2007年特許検索競技大会優勝、2008年特許検索競技大会実行委員会、電気・機械WGリーダーを担当。代行特許検索と検索講習会をはじめとするサーチャー教育に従事。2018年3月には平成29年度 特許情報普及活動功労者表彰 特許庁長官賞受賞。

代行特許検索では日本特許、外国特許調査(米国・欧州・韓国・中国等において年間約150件を超える豊富な経験を有しており、サーチャー教育では企業知財部・研究者を対象に年間数十回の講習会・講演を実施。さらには、書籍・論文等の執筆など、多岐にわたって活躍。

上記以外で弊社代表 酒井が講師を務める講習会のスケジュール (一般募集分)は
こちらからご確認いただけます。

2019/03/04

講習会テキストを販売しております



ご購入はこちらのリンクからどうぞ



2012年5月に 実施した、サービス改善のためのアンケートで、
「テキストだけ、売ってもらいたいです!」 というお声を、
44%の方から頂いたのを受けて、
一部の講習テキストを、単体で販売しています。
 ※ 今後、順次ラインナップを増やしてまいります。



自社開催&他社(ベンダー様など)で開催している講習会、
おかげさまでご好評いただいております。

よく頂くご感想は、次のふたつです。

小難しい・抽象的な「特許情報」 の話なのに、とてもわかりやすい

「勘」と言われがちな部分も、具体的な手法・手順で説明してもらえるのが良い。


◆ ご提供中のテキスト  (2012年6月現在)


  • 特許調査の仮説設定
  • 侵害予防調査 - 検索式の設計&スクリーニングのコツ
  • FI・Fターム  - 基礎と活用知識  NEW!

の3種類です。


テキストの形態 

印刷体 (紙) : 1スライド1枚形式
パワーポイントファイル

から、お選びいただけます。

なお、パワーポイントファイルの編集はできません
 (バージョン、OSの違いによる表示崩れを回避するため、データを画像に変換してあります。

印刷は、自由におこなって頂けます。

スライドサンプルは記事の続きからどうぞ。