ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【1月下旬以降】です。(2016/12/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。(2016/6/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 1月の出没予報   → 2月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/01/16

[FI記号] と豆モルト。



この週末、地元の糀屋さんに
お味噌と甘酒を届けていただきました。


「こうじ」 という漢字は2種類あること
みなさん、ご存知でしたか?
使い分けはいかがでしょう?


 と  。


ワタシは・・・
「あぁ、言われてみれば2種類あった!」 レベル。
使い分けは、わかっておりませんでした。。(恥


 は 麦こうじ、豆こうじ、米こうじなど 「こうじ」 の総称。
 は 米こうじ だけを指す「国字」なのだそう。 




こうじ、と聞けば、
すぐ連想してしまう FI記号 のこと。
(はい、職業病ですね。笑)


こうじ、というか お味噌の特許分類なのですけど・・・


味噌は、国際特許分類(IPC)では

A23L 11/20  (豆類の)モルト製品、発酵モルト製品 に分類されます。




が。

「モルト製品」 という字面を見ても
今ひとつ、ピン!とこない感じがします。。(私だけかな?汗)



ですが、
IPCを細分化して作られた FI記号なら

みその仕込みとか発酵とか熟成とか
色々な種類だとか、
製品に加工する、だとか。


IPCと違って、結構「ピン!」ときます。
どこからともなく、お味噌汁の香りまで漂ってきそうな感じ。(←そうなの?)





「みそ」の特許出願、どんな規模感なんだろう?

と、簡単に検索してみたところ、




出願件数は、80年代以降、ずーーーーっと減少しつづけている様子。



伝統的な発酵食品は 「健康によい」 と注目されていますが、
特許出願となると、なかなか結びついていないのかもしれません。


なーんて、ぼんやり考えながら、
「糀」の甘酒、美味しく頂いております♪





調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会



2017/01/15

[定期UP]代行特許検索のご案内

スマートワークス株式会社では、代行特許検索をお受けしております。お問い合せ、お待ちしています。

  弊社の代行特許検索のスタイル


弊社の特許検索のスタイルは

多面的な検索方針の設定
・ それぞれの検索方針に対して、更に多重検索をかける

ことです。


弊社・酒井を「2007年・第1回特許検索競技大会の優勝者」として、知って下さった方も多い事と思います。

この大会では、4時間の制限時間(現在の制限時間は5時間)の中で、初見の検索課題を理解し、検索を実施。該当公報10件をリストアップし、コメントを記載する事が求められます。

この競技大会のような、極端な制約条件のある場面で確実に結果を出すには、検索課題の表面だけをなぞって検索するのではなく、「テーマを多面的にとらえる検索方針」と、複数の検索方針を適切な検索条件に置き換える「検索技術」が大切です。

特許検索競技大会は、たった4時間。検索式作成にかけた時間は約1時間でした。

通常、皆様からお預かりする代行検索では、大会の数倍程度時間をかけ、調査アプローチの妥当性、検索式の妥当性を吟味したサーチをご提案させて頂いています。


  こんな時に、特におすすめします



何らかの理由で 「自分・自社での検索が難しい」 時にご利用いただくのが「代行特許検索」 です。お気軽にお声がけください。

とりわけ、次のような場面で利用いただくのが、効果的かと思います。

  • 何度か検索経験はあるが、複数アプローチを考えるのが難しい。
  • 情報提供用の調査で、既に拒絶理由が出ており、拒絶引例とは違う側面から資料を探したい。
  • 侵害予防調査で、大まかな調査方針は立てられるが、もっと細分化して見て欲しい。検索式の最適化もお願いしたい。
  • 検索式だけを作成して欲しい。
  • 外国出願前の調査で、外国特許も含めて検討してほしい。
  • 特許だけでなく、文献調査も考えているが・・・?
  • 検索手順の参考にしたい。 ※ 検索式解説も承ります。
  • 検討時間が限られている。 ※ 至急料金を頂く場合もあります。

  代行特許検索サービス概要

 依頼方法
まず電話、メール等でお問い合せください。必要に応じて、詳細打合せを実施します。 (電話/対面)

 調査対象となる資料
日本特許、外国特許、雑誌・文献記事が可能です。
※外国特許のマイナー国(アジア、中南米、中東…など) は、具体的な国名をご連絡ください。調査可能範囲をお答えします。

 標準的な納期
調査着手のご指示(見積もり確認後)から起算して、出願前の調査で1~2週間、その他は4週間前後です。納期短縮も可能ですが、無効材料調査(情報提供用含む)、侵害予防調査などで2週間を切る場合は、至急料金をお願いいたします。

 およその調査費用

  • 出願前調査 / 約5万円~
  • 無効材料調査 / 約15万円~40万円 (請求項数により変動します)
  • 侵害予防調査 / 約15万円~100万円 (調査内容・範囲により変動します)

※上記金額は「過去の調査案件の多くが、この範囲の調査費用だった」という例です。
    調査内容によっては、上記に当てはまらないケースも発生します。参考程度にご覧ください。

  調査+講習 セットにもできます


検索テーマをお預かりし、
ご報告時に「調査方針作成のポイント」「検索式作成のポイント」等を解説させて頂く事も可能です。

基本費用は  「調査費用(実費)+講習費(約2時間分/調整可能)+交通費 」 となります。
ぜひご検討ください。

  お問い合せ方法

 お問い合せの方法は?
電話 ( 長野本社 0266-79-6709) 、メール、お問合せフォームがご利用いただけます。

 事前準備は必要?
通常、「調査用」にと、改めて資料を準備していただく必要はありません。
既にお持ちの参考資料(Webサイト、記事切り抜き)、審査経過情報、図面(特許図面のレベルで十分です。)などがありましたら、ご提供頂けると打合せがスムーズになります。よろしくお願いいたします。


                                        お問い合せ先はこちら





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2017/01/13

[雑談] いい声!とインパクトギャップ



金曜日の夕方、お疲れさまです。
年が明けて2週目、ガッツリと調査し続けて、ちょっとクラクラしかけてる酒井です。


タイトルの通り、この記事は「まるっと雑談」


今週、Apple Music先生に勧められた音楽で、



いい声!
とってもいい声なんだけど

すごいインパクトギャップに襲われたお話、です。


調査系記事をお求めの方は、
お約束の「バックオーライ」でお願いいたします。(微笑


※折りたたみます。


2017/01/12

[海外記事] 米国特許の登録件数と○○との関係




毎日、寒いですね。
昔ほど気温は低くないのでしょうが
「やっぱり寒中って、年間で一番気温が低い時期なんだ!」と、納得してしまいます。


今日は「みじかめ」更新で。


米国の知財ブログ Patently-O で見かけた、
Utility Patents for 2016という記事。


毎年(暦年)の米国特許登録件数をグラフ化していました。

一瞬 「累積件数?」 って思っちゃうんですけど、単年度の件数ですよね?これ。


(下記グラフは元記事から。元記事では矢印がアニメーションします!)


すごい右肩上がりというだけでも、驚きですが、
グラフ上の顔写真にも注目!

これは、歴代の長官の顔写真。


在任中に登録件数がグン!と伸びた方
一段落した方
いわれてみると、傾向が出ているような気がしてきます。。


日本だと、こういう状況って
ちょっと見た覚えがないです。
面白い!!





調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

2017/01/07

[お知らせ] 英文での調査報告書作成、承ります。



※ お知らせ記事です。

%タイトル% そのままではありますが、
オプションで、「英文での調査報告書作成」承っております。


検索式の一部分だけですが・・・
英文ですと、こんな感じに↓なります。


これまで、積極的には宣伝していなかったのですが、

なぜか時折、「英文の報告書はできますか?」と聞かれるようになったので・・・
この場をお借りして 「できます」 のお知らせです。(微笑)

英文作成料は、一般的な翻訳と同じく、
日本語のボリューム・文字数に比例します。

一例として。
無効資料調査で、報告書本編+対比表を英訳の場合、
調査料金に加えて、英文作成料として3~5万円程度追加、が目安となります。
※ボリュームの増減で、英文作成料も変わります。

また、お時間も2~3日、余分にお願いする場合がございます。


何かのとき、思い出して頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします。


関連記事: 

[自分メモ] 調査報告書の英文フレーズ
[つぶやき] 検索&資料抽出の手順をつぶやいてみる。(US)

上記2記事、「英文報告書、できますか?」と聞かれ始めた頃のもの。
よかったら、覗いてみてくださいね。


Today's photo | kenteegardin via photopin cc


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2017/01/06

[記事紹介] 各加盟国におけるEP特許の維持状況



徒然なるままに欧州・ドイツ特許実務」から、ふたつの記事

INPADOCは欧州特許の移行国を調べるのには適していません」&
各EPC加盟国におけるEP特許の維持状況の調査方法」 のご紹介 と プラスアルファです。

※各タイトルから、記事にリンクしています。



記事タイトルで一目瞭然で、
付け足し、いらないくらいですが・・・


INPADOC、といえば


まず、EspacenetのINPADOCリーガルステータス。

それから
商用データベースに収録されている場合もございます。



INPADOCが移行国を調べるのに適さない理由は、


元記事で説明されている通りですが、
より単純に書くと、次のような理屈になるのかと。

INPADOC ⇒ 「公報発行」の単位でデータ作成される。

EP特許が加盟国に移行 ⇒ 必ずしも公報発行されない。

ということは? ⇒ EP特許が加盟国に移行しても、
公報発行されない国ではINPADOCデータが作成されない。

※正確に理解したい方は、元記事をご確認ください。


そこで、

各EPC加盟国におけるEP特許の維持状況の調査方法」 が登場します。(元記事(2))

Espacenetより、
European Patent Register での確認が推奨される、とのこと。



維持状況の調査方法 + アルファ は
少し長くなるので、記事を折り畳みます。




2017/01/05

仕事はじめと2017年のお題。



新年、あけましておめでとうございます。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

弊社はすこしゆっくり、
本日より仕事はじめです。



この年末年始は、
ひとつも仕事、
いたしませんでした。(笑

SNSも、大晦日までは書き込んだりしてたけど、
年明けからは、たまぁにチラッと見る程度で・・・


家でおせち料理食べたり、
初詣に行ったり、同級会に行ったり。
存分に、ノンビリいたしました。



そんな年末年始に、ボーッとしながら考えた「2017年のお題」


インプットの幅を広げること と
アウトプットすること

の 「2つセット」 です。



インプット。

「面白い!」
「勉強になった。」 ものから

大げさでなく 「人生変わったかも!」 というインプットまで。


2016年も、色々な事を学びました。



が。


振り返ってみると、
案外、アウトプットしていなかったな、と。




アウトプットすることは、
もちろん、義務ではございません。

でも、色々な人が言っていますよね?
「アウトプットすることで、学びが深まる」 と。




私自身、調査のスキルに関しては、
研修の仕事を通して、
「講師が一番勉強になり、得をする。」を実感しています。




昨年までに知ったり、学んだりしたあれこれは・・・


知識量が少ないがために、
文章にまとめにくかったり、

時には「え?また、そんな役に立たなそうな事してるの?」って言われそうで
何となく気恥ずかしい感じがしたり、で

 ※はい、仕事に全く関係なさそうな事も、かなーり多いのです。




結果的に 「こっそり学んで、こっそり完結」 してきたのですけど、
それって 



「アウトプットすることで、学びが深まる」効果を、よーくわかってるくせに
「恥ずかしいからアウトプットしない」 って事よねぇ。。勿体ない!


と思い至り、我が身を反省したのでした。




というわけで、
今年は 「インプットとアウトプット」 意識的にやっていきたいです。

「幅広い学び」 を加速したいですし、
何かの形で、誰かの興味のヒントになったら嬉しいな、とも思います。



「インプットとアウトプット」 には
別館ブログやTwitterを使っていく予定。
(運用方法は、様子見で。)



もちろん!調査と講習もこれまで同様、つとめさせて頂きます。

2017年も、よろしくお願いいたします。




調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会