ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2019/06/20

[昨日の美里さん]類似品はNG。翻訳の類似はもっとNG。

酒井社長の1週間を振り返る、[昨日の美里さん]
今週は類似品に関する記事の紹介が多かったです。





イッセイミヤケのこのバッグはとっても有名ですよね。
素敵な女性が使用されていて、憧れもありました。
類似品がこんな風に出回っているなんて。。。





ここまで似ているのに別物として売られていたんですね。
ビルケンシュトックを履いているという気持ちの良さはありましたが、
実際に履いている姿ではソールは見えず、
どちらのものを履いているのかわかりませんね。





記事下に関連記事も多く紹介されています。
米中問題、多方面から見て行く必要がありますね。





新潟で地震があったばかりです。
雨による地盤の緩みも懸念されていました。
こちらのサイトも現状把握に役立ちます。
>>cmap.dev リアルタイム被害予測


cmapの紹介記事はこちらです。



PC上ではGoogle翻訳にもっぱらお世話になっています。
以前に比べてなめらかな日本語になったなぁ、なんて思っていたのですが、
確かにさんまさんのCMだったりいろんなツールが出ていますね。


隅田氏は「それは業界ごとに日本企業固有のニーズがあるからです」と説明します。
(本文より抜粋)





美里さんが気になるこのイベントは
7/6(土)14:00〜16:00渋谷で開催されます。


ブログも更新されました。
J-PlatPat使い勝手はいかがですか?











ヨーテボリってどこかしら?と早速調べました。
スウェーデン第二の都市なのですね。


昨年はフランス開催だったようです。
>>IP SEMINAR @ AIRBUS





この動画は見ていてのワクワク感がたまりません。
どんなオチなの〜って。
ドリフのように見入ってしまいました。



>>全員がクリエイティブな仕事をすることが可能か、と言われれば、おそらく可能である。
定型業務と非定型業務。
外に出せる仕事とそうでない仕事。
実行、検証、トライ&エラー。





スポーツの分野で活躍する人も多く通われていますね。
やりたい事に集中しつつ学べるのは本当に良い環境です。





この方先日何かのテレビ番組に出演されていましたね。
アメリカとイランと日本。ニュースになっていました。
岡田さんのnoteは読み物としてとても面白い記事ばかりです。


今後のh出張予定です。
お会いできる機会がありますと幸いです。

>>2019年6月の出張予定

>>2019年7月の出張予定



2019/06/18

[今日の読み物] Claims interpretation – tips for FTO searches





タイトルには「読み物」と書きましたが、スライド資料です^^
昨年の、EPO Patent Information Conference から。

Claims interpretation – tips for FTO searches
クレーム解釈 - FTO調査のヒント   <LINK (PDF)>

こちら↑のPDFから 1枚拝借です。


FTO調査。Free to Operateですね。
業界によって呼び方が違っているようで、
侵害予防調査、抵触性調査、パテントクリアランス・・・ などとも呼ばれます。
(よくお話を伺ってみると、それぞれ定義も違う感じなのですが、
 この記事では 脇に置いて進めさせて頂きますね!)

さて・・・上記スライド<LINK (PDF)>からの
「歴史的なお話」が、個人的に面白かったです。



•歴史的には
・イギリス - 解釈に対して厳密な「文字通り」のアプローチを取ってきた。
 クレームは明細書の助けを借りずに読む必要がある。
例 「水平」は垂直から正確に90°と解釈される
- 角度のわずかな偏差はカバーされない。
・ドイツ - 「目的に合う」アプローチを取ってきた。
クレームは、文字通りの意味ではなく、表現の目的を見て解釈する
例  「水平」は、垂直から80°から110°までの範囲を含むと
解釈されてもよい。

•現在
・欧州特許 - 両者の「中間」
クレームは「文字通り」と「目的」の
中間の根拠を用いて解釈されなければならない。
・イギリスとドイツもこれに追従している



イギリスとドイツで、
解釈のスタイルが違う、というのは聞いた事あったんですが、
最近は、中間に寄っているようですね^^

日本はどうかな?
アメリカの解釈は? と広げて考えると更に興味深いです。
(資料ではアメリカと中国のクレーム解釈にも触れています。)


PDFで13ページ。スライド20枚強 とコンパクトですが
調査とクレーム解釈の要点が詰まっている印象でした。
ご興味ある方はどうぞ。

■Claims interpretation – tips for FTO searches
<LINK (PDF)>



お問合せはこちら

■ご案内■


2019/06/17

[JPP分類表] ハンドブック、並び順には気をつけろ!




こんにちは!サーチャーの酒井美里です。
5月にリニューアルされたJ-PlatPat。
みなさん、だいぶ慣れてきましたか?

私・・・やっと慣れたと思ったのに・・・
先週 結構イヤな事に気が付いてしまいました。。(涙)

とりあえず、イヤな事は2つ。
どちらも「分類表(PMGS)のFI記号とハンドブック表示」の事です。
もったいぶらず(?)に発表します。


1)FI記号 と ハンドブック表示 とで、記載順が違う事がある
2)FI記号 と ハンドブック表示 とで、記載内容が違うケースがある

5月のリニューアル以降、通常表示はExcelにコピー&ペーストしにくくなり、
ハンドブック表示を使っていたので、
両者の記載が違うのは、
控えめに言っても結構な痛手だなぁと感じています。


以下、それぞれ具体例を挙げます。
気になる方、ハンドブック表示利用されてる方は
記事の続きからどうぞ。


2019/06/16

[CPC] 関連資料リンク集


reading in white by Magdalena Roeseler on 500px

※2016年10月15日その他関連記事リンク追加

酒井です。先日アップした、CPC(共同特許分類/欧州×米国共同分类)の予習シリーズを作った際、(→予習シリーズの先頭はこちら

関連資料が集まりましたので、改めてリンク集にまとめました
そこそこボリュームがありますので、折り畳んでおきますね!

リンク集は「記事の続き」からどうぞ。 

7月以降の講習会スケジュール|スマートワークス株式会社



講習会スケジュールを更新しました。 


◆人事と品質管理のための「4つのポジショニングセミナー」

実力が発揮できる仕事を選び、人事配置や品質管理、業務の属人性に悩んだ時に役立ちます。
本講座では、4つのポジショニング概念を学ぶところから、ワークを元に個人個人の特性を見ていきます。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】随時開催お問い合わせください
【主催】 スマートワークス株式会社
【場所】 オンラインもしくは出張致します
【受講料】8,000円 (再受講4,320円)
【お申込み】 お問合せフォーム 



◆特許情報検索法(侵害予防調査)

サンプル出荷・製品発売前の侵害予防調査は、「漏れがあってはならない」「でも、膨大な件数はチェックできない」「結局、この検索式で大丈夫なのか?」と、多くの方が迷いながら調査されていることと思います。本講座では調査の実例を主体に、開発・設計現場とのヒアリング、実際の検索式作成・調査から報告書作成まで、一連の流れに沿ってポイント・注意点を調査のプロが丁寧に解説します。
知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】7月5日(金) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 本会場:JPDS本社 6階セミナールーム (地図
 TV聴講:大阪・名古屋・九州
【受講料】本会場:20,000円(税別) TV聴講:16,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール



◆特許調査の基本 ~検索式の立て方とその評価~(TV聴講あり)

実際の特許調査の場面において、特許調査の依頼者から出された依頼内容(技術テーマ)を正確に把握した結果を導くことは易しくはありません。依頼者とのコミュニケーション不足や思い込み、調査結果の検証不足によることもその一因です。「製品イメージを捉え、自社事業に即した特許調査とはどのようなものか?「調査の着手段階における確認すべきポイント」、「製品イメージを捉えた先行技術調査」、そして「調査結果の自己チェック方法」を企業からの特許調査業務で日々活躍されているプロサーチャーがノウハウをお伝えします。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】8月27日(火) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 本会場:JPDS本社 6階セミナールーム (地図
 TV聴講:大阪・名古屋・九州
【受講料】本会場:20,000円(税別) TV聴講:16,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール



◆特許情報検索法(無効資料調査)(TV聴講あり)

無効資料調査は文字通り「既に登録となった特許を無効化する調査」です。一旦特許権が成立した特許を無効化するためには、どのような点に注意して有力な資料を調査しなければならないのか?本講座では、調査範囲探索のテクニックを中心に「説得力ある資料を探す手法」を調査のプロが丁寧に解説します。
知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】8月28日(水) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 JPDS本社 6階セミナールーム (地図
 TV聴講:大阪・名古屋・九州
【受講料】本会場:20,000円(税別) TV聴講:16,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール


◆プロの技にせまる特許情報検索法(2日)

精度の高い特許調査を行うには、技術用語や特許分類の構造はもとより、そのメリット・デメリットを理解した上で、状況に応じて使い分けることが求められます。
本講座では、特許情報のデータベースを知り尽くした特許調査のプロである講師が、日々行っている検索ノウハウを丁寧に解説。実際に商用データベースを使って、調査テーマに即した検索式立案と的確な用語・特許分類の選定プロセスとその検証方法、留意点を学びます。
特許調査における検索スキルのさらなる向上を目指す方にお勧めいたします。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】9月12日(火)・13日(水) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 JPDS大阪営業所 2階セミナールーム (地図
【受講料】30,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール


Today's photo | Book Smart by Nick Louie on 500px

よろしくお願いいたします!

■ご案内■

2019/06/13

[昨日の美里さん]時の流れを感じます。

酒井社長の一週間をお届けする[昨日の美里さん]
先週は月曜から木曜まで出張が続いていました。
その中で訪問した発明会館。地域の再開発が始まっています。





美里さんは今年も講師を努めます。
>>知財ist講座
カリキュラム一覧があります。
これはスケジュールがわかりやすいです!
>>カリキュラム一覧





商社にお勤めのお友達とランチ。
デキる女性たちのランチは会話も一味違いますね。
>>プロスペクト理論(野村證券)
新しい事は世の中まだまだ沢山あります。
いつも美里さんの発信をきっかけに関連記事を読みまくります。





これは専門的投稿ですね。今後に期待です。


 


日本からノミネートされた発明者
>>旭化成の吉野名誉フェロー

吉野博士のインタビュー
>>インタビュー/リチウムイオン電池の“父”が語った「クルマの電動化は世界を変える」
>>旭化成がなぜ電池?素材メーカーだからできたLiB負極材の発見


欧州特許庁(EPO)の Inventor Award/欧州発明者賞のサイトはこちらです。
>>https://www.epo.org/learning-events/european-inventor.html





公道に出る前にしっかり実験しないとね、という事で、
様々な実験が行われているわけですが。
当然人形が急に飛び出して来る事もあれば、こういう↓↓事態も





車は便利。
安全に、もっとスマートに乗れたらいいなと思います。





このサイト、毎度ながらタイトルが長いのですが、それもまた面白く。
以前モーターショーの仕事でアルファロメオとフィアットのブースでお仕事したのです。
その時からフィアットは可愛くてお気に入り。
最近ちょっとアルファロメオの良さもわかってきて、少し大人になった気もしています。
それにしてもこのCM細部にこだわった演技が笑いのツボです。
イタリアのCMはこういうのが多いのでしょうか?もっと見てみたくなりますね。





動画です。
一気にここまで来ましたか。
バッグのデザインが、とか、ブランドのロゴが、とかもはやそういう事を言っている場合ではないですね。





そして最後にお届けするえ?!そうなの!?な情報がこちら。
音楽と動画はアマゾンプライムですが、いよいよKindleの定額にも手を出す時が・・・
iTunesも終了しますし、これからどんな世の中になっていくのでしょう。
変化が早すぎて、当たり前なもの何もないですね。


■ご案内■

2019/06/11

[講座のご案内] 8/28(水)10:00~特許情報検索法(無効資料調査)


講習会のお知らせです。


日本パテントデータサービス株式会社(JPDS)が主催する
定期開催セミナーにて、弊社代表 酒井が講師を務める講習会が開催されます。

B18 特許情報検索法(無効資料調査)

 無効資料調査は文字通り「既に登録となった特許を無効化する調査」です。一旦特許権が成立した特許を無効化するためには、どのような点に注意して有力な資料を調査しなければならないのか?本講座では、調査範囲探索のテクニックを中心に「説得力ある資料を探す手法」を調査のプロが丁寧に解説します。
 知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。


【対象】
 特許調査担当の中~上 級者
 ※特許分類が理解できる方

【日時】
 8月28日(水)10:00~16:00
 
【場所】 
 (本会場)<東京>日本パテントデータサービス(株) セミナー室
      東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産日比谷ビル6F
      [地図]
      ・都営三田線「内幸町駅」出口A3より徒歩4分
      ・JR線・東京メトロ銀座線「新橋駅」烏森口より徒歩6分
      ・東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩9分

  (TV聴講)<大阪>日本パテントデータサービス株式会社
      大阪市西区靭本町 1-7-18 ビーイングビル 2F
      [地図]
      ・地下鉄四ツ橋線 本町駅下車 25番出口より徒歩5分
      ・地下鉄御堂筋線 本町駅下車 2番出口より徒歩6分

      <名古屋>日本パテントデータサービス株式会社
      名古屋市中区栄 2-10-19 名古屋商工会議所ビル 11F
      [ 地図 ]
      ・地下鉄鶴舞線 伏見駅下車 5番出口より徒歩5分
      <九州>日本パテントデータサービス株式会社
      福岡県福岡市博多区博多駅東 2-6-23 博多駅前第 2 ビル 7F
      [ 地図 ] 
      ・JR 博多駅下車 筑紫口より 徒歩7分

【科目受講料】 
 本会場 20,000円(税別)
 TV聴講 16,000円(税別)
【お申込み方法】 
 ネットでお申し込みの方は、日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ内の講座タイトル「B18 特許情報検索法(無効資料調査)」にある「Webでのお申し込み→こちら」からお申し込みください。

  FAXでお申し込みの方は、同じく日本パテントデータサービス(株)HPページの「定期開催セミナー」ページ内の講座タイトル「B18 特許情報検索法(無効資料調査)」にある「FAXでのお申し込み」の「本会場」、もしくは「TV聴講」より申込用紙をダウンロード後、下記お問い合わせ先までお申し込みください。
【お問い合わせ先】
  〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-6 住友不動産 日比谷ビル
   日本パテントデータサービス株式会社 知財研修部
   Tel. 03-3580-8021  Fax. 03-5512-7810  
   Mail. chizai-semi@jpds.co.jp
 ※お問い合わせは直接主催者様へご連絡ください。

講師プロフィール
 酒井 美里
  スマートワークス株式会社 代表取締役
   サーチャー AIPE認定 知的財産アナリスト

1991年奈良女子大学卒業後、セイコーエプソン株式会社、エプソンインテリジェンス株式会社を経て、2005年スマートワークス株式会社設立。2007年特許検索競技大会優勝、2008年特許検索競技大会実行委員会、電気・機械WGリーダーを担当。代行特許検索と検索講習会をはじめとするサーチャー教育に従事。2018年3月には平成29年度 特許情報普及活動功労者表彰 特許庁長官賞受賞。

代行特許検索では日本特許、外国特許調査(米国・欧州・韓国・中国等において年間約150件を超える豊富な経験を有しており、サーチャー教育では企業知財部・研究者を対象に年間数十回の講習会・講演を実施。さらには、書籍・論文等の執筆など、多岐にわたって活躍。

上記以外で弊社代表 酒井が講師を務める講習会のスケジュール (一般募集分)は
こちらからご確認いただけます。