ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2018/08/15

【昨日の美里さん】経営者という視点と提案する力

夏休みの方も多いこの一週間。
それぞれの過ごし方がFacebookに上がってきています。
美里さんは夏休み前に、例の素敵クリニックで体調管理です。





新しい本、自分の視点ではなかなか目に止まらない本、
こういうのを見つけた時にワクワクします。



この「1」と書かれたボタンは何でしょう?
順番が来ると、これで呼び出されるのでしょうか?
カルテの管理でしょうか?
時差ボケの相談も出来る、
ちょっとした不安を解消できるかかりつけは頼りになります。





「冬の時期」に出来る事、やるべき事、
しっかり畑を耕して、春に備えたいですね。
何万トンという単位の農業は、どれだけの土地で、どれだけの作物なのか、
全く想像がつきません。





2つのベン図がとてもわかりやすいです。
「仕事」「採用」という側面から見た時、何を中心に選びますか?


提案する力を持っているのがプロだなと感じます。
日常の出来事から関連つけられる仕事の話は面白いです。





「居心地の悪さ」を克服する。
続マネジメント講座と実践で克服していくべし、ですね。





「経営はスキル」
どこに行ってもそれは使えるのですね。
何が求められているかによって、人選も内容も変わる。
当たり前の事の様に感じますが、説明されるとよくわかります。





>>「よりよきもの」をつくれる人に。



先ほどの美容師さんの提案もしかり、
プロとしてどうあるか、を感じます。





今回も面白いですね。
実際の色と、グラフが例に出されていて、見ていて面白いです。
すんなり内容が入ってくるデザインと、
「そうでない何か」が気になってしまうデザイン。
「違和感」は何事に対しても大切な部分ですね。





シャキッとするものを普段使いで。
毎日使う物、目に触れる物がお気に入りだと、気分が変わってきます。
ひとつひとつ丁寧に揃えたいですね。


スマートワークスへのお問い合わせは、こちらのメールへお願い致します。

2018/08/12

[LINK] 特許調査/知財関連ブログリンク集(2015.4.13)


photo credit: hownowdesign via photopin cc

こちらは、知財関連ブログのリンク集です。 (Update 2015.4.13 ※「知財図書館」アドレス修正)

元々は、Googleリーダーがサービス終了した際 (2013.3)に、
自分が登録していたデータをエクスポートしたリスト、が始まりです。
(現在はFeedlyを使っています。^^)

その後の追加分など、久しぶりにアップデートをしました。

リンク集は記事の続きから。
少々長いため、ここで折り畳みます。


2018/08/10

グラフも自在、WIPOの特許統計ツール。



こんにちは!サーチャーの酒井です。

今週は、WIPOの「PCT Yearly Review 2018が発行されました。
→ 全文PDF (98ページ)
→ 要約版PDF (20ページ)


主な内容は、2017年度のPCT出願状況を振り返るもの。

いくつか内容を挙げると・・・

多くのPCT出願を行っている国。
ついに、ついに、中国が日本を抜いて「第2位」になりました。



ですが「国内移行した件数」は、中国は意外と少ない様子です。



出願人トップ10を見ても、アジア勢が多いです。
HuaweiとかZTEとか。
日本企業では三菱(電機)、ソニーがトップ10入りしています。



少し毛色の違うデータもありました。
こちらは「出願代理人 トップ50」



出願件数に比例するように、アジアの事務所が上位に並びます。


さて・・・
これらの出願統計、見るだけでも興味深い点が多いのですが、
わたくし、資料を見ていて、ある事に気が付きました。


ここですね!


WIPO Statistics Database とあります。

こちらのデータベース、
「統計」に特化しておりますが、
集計項目、年範囲を自由に編集して
表・グラフが作成できるすぐれもの、です。

URLや使用イメージは、記事の続きからどうぞ。



2018/08/09

[別館更新] 自己チェック-感覚とメタ認知



別館更新いたしました。
テーマは「検索の自己チェック」です

https://www.dbscience.net/home/_20180809


別館は、NOTEで書き始めていたのですが
独自ドメインに移しました。

また、このブログ (http://blog.1smartworks.com/) は
比較的 検索のツールや技術の話が多いのですが、


私自身は、検索を成立させている要素って

Science -検索理論 (認知心理学やデータベース論など)
Craft - 技術  (一般的に言う検索技術、検索ツールなど)
Art - センス・感性 (言葉の選び方、言語論、検索論など)

の3つある、と思っています。

このブログが Craft (検索技術)寄りですので、
別館は Science(検索理論) 、とArt(センス・感性)寄りのテーマを扱う予定です。



別館更新も、どうぞよろしくお願いいたします。
https://www.dbscience.net/home/_20180809

2018/08/08

個性的でカッコいい。ドイツ発・特許検索/解析システム「Octimine」



こんにちは!サーチャーの酒井です。

今日は、海外サービスのご紹介。

今回もEPO(欧州特許庁)の資料で見かけました。
ドイツのOctimineです。

こちらはEPO資料の引用。


サイトはこちら。
https://app.octimine.com/


こちらのサービス、
無料利用可能ですが、ユーザー登録必須です。

私も今回、ユーザー登録&無料の範囲でトライしてみたところ・・・

無料の範囲では、
そこまで複雑な検索はできない印象です。
番号検索と、キーワード検索ができる程度。

and / or や、( )を使った検索も受け付けるのですが、
検索結果の表示に「MOST SIMILER PATENT」とあり、
類似度順になっているので、
これは、いわゆる「概念検索」なのかな、という気がしました。


そして・・・
このシステムで面白いのは、分析機能。
どの程度信憑性があるか? は、さておき、
色々な分析機能があり、グラフが自動生成されます。しかも速いー!

※折り畳みます。分析グラフ例&参考情報 は記事の続きからどうぞ。



2018/08/07

【昨日の美里さん】北海道大学ってこんな所です

今週の美里さんは北海道からお届けします。
今年の夏は長野も暑く、札幌の涼しさへの期待がハートマークに表れています。





北海道の8月は快適に過ごせそうな気温ですね!!





翌日の北海道大学でのお仕事に向けてマップを入手したものの、
あまりにも広すぎる北大。
どうなる事でしょう。。。





当日の朝は快晴でとても爽やか。
暑くもなく、自転車で快適に構内を移動できそうです。





緑の中を自転車で走る。
学校の構内とは思えないほどの広さです。
自転車だけでなく、バスもあるそうですよ。





これは、あの漫画ですね。
私もとても好きで読んでいました。
動物の事だけでなく、個性的な登場人物がとても印象的でした。





そうです、北大の獣医学部といえば、この漫画です。
なんと!この場面が「あるある」だったとは・・・
同じ日本国内で、予想もつかない事があります。





これは面白い遊びですね。
ストリートビューで世界を散歩するだけでなく、地理の勉強にもなります。
まずは日本地図からやってみようかしら?
言語の違いが無いと見極めずらいかしら?





遊びの途中で出て来た画像ですね。
「ありがちな景色」は身の回りの景色でした!





北海道は宿泊で、大阪は日帰りです。
1ヶ月経過しましたが、大雨の影響はまだまだ続いています。





申し込んだからには、勉強も進めている「Patent Olympiad 」
イタリアで朝活が決定しました。
まさかの朝8時テスト本番です。





>>ベンツが注目!3つの単語で表す「住所」革命
3つの単語で表せるとは、すごいです。


>>アプリもありました





これは興味深い記事ですね。
こういう事だったのか!と。





この夏訪問していた奈良先端科学技術大学院大学で、
非常勤講師としてのご縁をいただきました。
美里さんの名前を探してみてくださいね。
大学訪問も増え、
これからも益々活躍の場を広げていく美里さんです。


スマートワークスへのお問い合わせは、こちらのメールへお願い致します。

[検索の疑問]検索結果の違いはどこで生まれる?



こんにちは、酒井です。
昨日(8月6日(月))は 北海道大学工学部 に伺いました。

札幌は快晴。最高気温も28度ほど。
ひとことで言うならば「爽やか」

北大構内はとっても広い、と聞いてるし、
そこまで暑くもない。

これは・・・自転車が正解ですね★



正門からちょっと距離のある工学部でも、楽々到着です。



工学部の先生方と打合せの後、

雑談の中で
特許検索競技大会、というコンテストがあるんですよ。」
とお話したところ、

先生から 意外なひとこと!

え!コンテストがあって順位がつく、って事は・・・
特許調査って、誰が検索しても同じ、にはならない
って事ですよね?

と。

先生のこの反応、
私にはとても意外で、そして新鮮でした。


突っ込んで質問はしなかったので、
以下、私の想像なんですが・・・

理工系の研究って、
諸条件が同じであれば、
「再現性」があって、
同じ結果が得られますよね。

日頃、工学部で研究をされている先生には、
「データベースを使っているのに、再現性がない」
という状況が、不思議だったのかも? と思いました。


実際のところは・・・

・技術分野の理解。バックグラウンド
・その技術の中で「何がポイントか」の特定

・どの特許分類(IPC、FI、Fターム、CPC)を選ぶか
・どのキーワードを選ぶか
・同じキーワードでも、どの検索項目を選ぶか

・・・といった事で、検索結果は違ってくるので


同じテーマで、10人がそれぞれに検索したら
10通りの答えが出ますよ。
(むしろ、同じにはなりません。)


と、お伝えしたところ
「ほほう!?」というお顔をされたのを、見逃しませんでしたよ。(微笑



工学部の研究と、特許調査。
比較的近い世界のように感じていましたが、
案外、180度感覚が違う部分も、あるのかもしれません。


「おや?」と思った事を、
言葉に出して伝える大切さを再確認しました。
先生方、ありがとうございました。







「特許調査依頼」をご検討中の皆さま
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
お電話 0266-79-6709 で。

8月の出張予定| 9月の出張予定  打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会