ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2021年2月度の調査受付中。最短納期2月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2021/01/20

スマートワークスをお得に活用できる!年間定額相談サービス




お世話になっております。スマートワークス株式会社です。
この記事は【年間定額相談サービス】のご案内です。

【概要】
年間定額料金をご契約いただく事により、
通常より10~20%、サービス内容を多くご提供させていただきます。

・毎月、当月の作業明細並びに当年度の相談料残額を記載し、
ご請求書と共にお送りします。

・毎月のお支払いと、年間払い(利用初月一括払い)をお選びいただけます。

・年額を超えた場合は別途ご精算でサービスを継続してご利用いただけます。

調査業務にはデータベース検索~公報抽出、検索式作成代行、
SDI検索式の編集など 代行検索全般。
相談業務には 検索方針の立案、人材育成のご相談、社内研修等の業務も含みます。
(なお、業務にあたり発生した交通費、宿泊費は別途ご請求させて頂きます。)


【年間契約でご利用いただけるサービス内容の例】
・無効資料調査、侵害予防調査、動向調査等の各種調査
・パテントマップの作成
・社内講習 (交通費・宿泊費別)
・検索相談(対面) 例:人材育成のご相談、オンサイトでの検索式作成
・検索相談(通信) メール/ビデオチャット/電話
・特許リスト作成、SDI結果の翻訳等、調査に付随する諸作業 等


【価格設定】

月額1万円より 承ります。
下記は月額別の「年間に利用頂ける業務ボリューム例」です。

月額3万円 での年間利用例
(36万円/年 ご提供内容 39.6万円相当)
無効資料調査(請求項1項分・通常納期・日本)×1件 
無効資料調査(請求項1項分・通常納期・海外)×1件  
オンサイト(対面)検索式作成 × 1回 

月額5万円 での年間利用例  パターン1
(60万円/年 ご提供内容 69万円相当)
無効資料調査(請求項1項分・通常納期・日本)×1回 
侵害予防調査 (日本・母集団500~1000件程度)×1回 
侵害予防調査 (海外・母集団500~1000件程度)×1回 
オンサイト(対面)検索式作成 × 1回 

月額5万円 での年間利用例  パターン2
(60万円/年 ご提供内容 69万円相当)
検索相談・育成相談(1時間/回)×6回 
検索式作成(オンサイト(対面))×2回
社内講習・資料作成(社内技術に合わせた事例作成) ×1テーマ
社内講習・研修実施 半日:13~16時(質疑応答含む)×1回  
出願前調査(国内)  ×  1回

月額10万円 での年間利用例
(120万円/年 ご提供内容 144万円相当)
無効資料調査(請求項1項分・通常納期・日本)×2回
無効資料調査(請求項1項分・通常納期・外国)×1回
侵害予防調査 (日本・母集団500~1000件程度)×1回
侵害予防調査 (海外・母集団500~1000件程度)×1回
社内講習・資料作成(社内技術に合わせた事例作成)  ×1テーマ
社内講習・研修実施 半日:13~16時(質疑応答含む)×2回
検索相談(通信/オンサイト)~3回

上記例に限らず「研修と検索相談のみ」「技術動向調査のみ」などにご利用頂く事もできます。なお 交通費、宿泊費などが発生する場合は別途実費ご精算となります。



日々の検索業務もこなす必要がある一方、人材育成も考えたい、という場合、年間契約の中で「情報調査」に関する多岐にわたる相談をしていただけます。

また、仮に知財関連の問題が起こった場合にも、初動調査を速やかに行う事が出来、後々の対応に余裕をお持ちいただけます。ちょっとした検索などは、見積もり依頼もなくスピーディに対応する事が可能になります。

・社内や職場に検索担当が一人ですぐに相談できる所がない
・近年検索の頻度や対象国が増えた
・知識やスキルを増やしたい
・検索をスピーディに依頼したい

こういった場合に、お役に立つことができれば、と考えております。



お申し込み、ご相談は
メール  info@1smartworks.com
 電話  0266-79-6709  (長野本社)   までどうぞ。





■ご案内■







2021/01/19

【先週のハイライト】情報発信で大切なこと。継続。

酒井社長の一週間を振り返る【先週のハイライト】
まずは、ダブル講師で登壇させていただいた、こちら。




「これからの時代における情報発信の進化について」
お話させていただきました。
こちらのサイトに、当日の様子など紹介されています。



火曜朝のライブ配信は、
海外広報の番号検索についてでした。

 


引き続き、ご質問受け付けています。


配信中に使用したサイトはこちらです。

[EPO]Espacenet https://worldwide.espacenet.com/patent/ [EPO]Bibliographic coverage in Espacenet and OPS https://www.epo.org/searching-for-patents/technical/patent-additions.html Google Patents https://patents.google.com/ 関連記事 [Q&A] Espacenet の番号入力規則がわからない・覚えられない https://note.com/sakaimisato/n/n9aaed7f75113




sideBに書いている記事はこんな感じです。
全文公開しているので、試し読みしてくださいね。

 



これは、役に立つ内容です。
「出来る」事をまずは真似てみると良さそうです。
積ん読があるので、まずは本の読み方(書籍からの知識の取り入れ方)
を真似してみようと思います。

 


この、ほのぼのとした語りがいいですね〜。
子供の頃、田舎を思い出しました。
今年は7日を逃してしまったのですが、
やっぱり8日にスーパーに行っても売っていないものなのですよね。。。
忘れちゃった人のために、
8日も販売したら売れるんじゃないでしょうか。
26日にもクリスマスケーキ販売したらいいのにな、
と思った事もあります。

さて、今週は久しぶりに出張がある酒井社長。
年度末に向けてのご依頼も増えてまいりました。
迷われている所がありましたら、
ご相談だけでもお早めにお待ちしております。

お問い合わせは下記からどうぞ。


 
 

はじめての調査依頼ガイド



こんにちは!酒井美里です。    ※プロフィールはこちら

この記事では「はじめて特許調査を外部に依頼しようと考えている」向けに
企業知財部で、調査を依頼する側だった経験も踏まえて

「調査会社のさがし方」
「相性のいい調査会社(調査担当)?」
「調査を頼むには、どんな情報を伝えれば良いか」
をまとめました。

調査会社のさがし方

調査会社を探すには次のような方法があります。

・ネット検索で探す (Google、Yahoo!など)
・特許庁のリンク集(特許情報提供事業者リスト集)で探す
・特許事務所に紹介してもらう
・各都道府県の発明協会・発明相談などで聞いてみる
・知財業界内のツテ・口コミで探す
・毎年秋開催の「特許・情報フェア&コンファレンス」で情報収集
・Japio Yearbook のシステム/サービス紹介で探す
・発明推進協会、各種データベースベンダー等の講師に聞いてみる。

特許庁のリンク集や、Japio Yearbookは
色々な調査会社が網羅されていて、
一気に探しやすい反面、
「自分(自社)と相性の良い調査会社はどこ?」
という点で迷う場合もあるかもしれません。

個人的には、知財業界内の口コミで聞けると
有力な情報が手に入るのに、とは思いますが、
実際のところ、良い調査会社を抱えているほど、
同業他社には教えない(教えられない)ものかもしれません。
業種が異なれば、教えてもらえる可能性は出てきますが、
その場合は、技術分野がマッチングしない事も。。。

上記を踏まえると「特許事務所からの紹介」は
・特許事務所が実力を評価している/調査者の人柄を知っている
・技術分野を考慮した紹介をお願いできる
という点が期待できそうです。
弊社も、ご依頼いただくきっかけとしては
特許事務所からご紹介いただくケースも多いです。

また、企業知財部在職中の経験では、
「研修講師の先生に、調査依頼可能かどうか聞く」のも有効でした。

研修を聴講することによって、
調査に対する考え方や知識・経験、
人当たり、気軽に相談できそうか・・・? といった事を
確認できるのが良かったです。

私、酒井も講師席に立たせて頂いております。(スケジュール
ぜひ、どんなサーチャーなのか、確認にお越しくださいね。



相性のいい調査会社(調査担当)?

企業知財で、調査依頼していた側の経験と、
調査会社でお問合せを頂く側、
両方の経験からみて、

「相性」というと

1)自社技術分野の知識・経験があるか
2)良い調査をしてくれるか
3)コミュニケーションが取りやすいか

等の要素が大きいように感じます。


以下、個人的な考えを述べます。

1)自社技術分野の知識・経験があるか

やはり、技術分野を気にされる方は比較的多いですが、
私は「調査目的」によるところが大きいかな、と感じます。

これは調査をする立場から、思うことなのですが

ある程度経験のある検索者(サーチャー)であれば
「電気分野だけ」とか「化学専門」という方は少数派で、
比較的広い技術分野をサーチできる方が多いです。

・技術分野の知識はあるが、サーチ経験が少ない のと
・サーチ経験が豊富だが、技術分野の知識は少ない のであれば

断言はできませんが、後者の方が「良い検索」はできると思います。


ただ、良い検索=良い調査、か? というと
ここが「調査目的」によるのかな、と思っていまして、

例えば「検索の後に、公報を読み込んで分析する」事を重視するなら、
技術に詳しい担当者が良い、という事かもしれません。

でも「母集団だけ優秀なサーチャーに作成させ、
公報の読み込みは社内技術者に任せる」方法を取ると、
費用も抑えられ、技術者の勉強になるかもしれませんね。


結論的には
ワークフロー全体を考えて、
技術知識が必要か?サーチ能力を優先するか?と
考えると良いのかな?と思います。


2)良い調査をしてくれるか

上記の話とも関連しますが、

・サーチ能力が高い  のは当然として、

・ワークフローや業務分担を考えて、複数の方法を考えてくれる
・予算内でベストの調査方法を組み立てられる
・企業実務の実態や業界特性を理解してくれる
・報告書がわかりやすい

なども、良い調査に含まれるかと思います。


たとえばこれは、
代行検索ではなくSDI(定期監視)の検索式を作成する例ですが

・安心、安全のため、と広い検索式を提案してくれた。
しかし、毎週の配信件数が多くなりすぎて、活動が定着しない

場合と

・誰が公報を読むのか?業務フローはどうか?
出張が多い職場ではないか?
公報を読み慣れていない担当者ではないか?等を確認して
「1~2週間出張に出て、公報が溜まってしまっても
リカバリーが利くような検索条件」を提案してくれた。
結果、SDIの運用が続くようになった。

場合、の違いをイメージして頂くと、わかりやすいかと思います。

つまり「検索だけ」ではなくて、
「業務全体がうまくいく調査」を考えてくれる人か?に
注目するのがおすすめです。


3)コミュニケーションが取りやすいか


上記1)2)から、
やはり「コミュニケーション」が大切だと思います。

ただ、コミュニケーションスタイルは色々ですし、
もちろん、人間同士の相性もありますよね。

たとえば
静かで落ち着いた担当者がいい、とか
明るく話しやすい担当がいいな、といった違い。
これは「良し悪し」ではないですよね。

その点では、
何かの面識があると、コミュニケーションは取りやすいかもしれません。



たとえば私の場合だと・・・

動画や配信を見ていただくとか
ご都合が合えば、zoom会に参加頂くと、
コミュニケーションが取りやすいかどうか、
こっそり事前確認して頂けます。

各種スケジュールはこちら



どんな情報が必要?

全く初めての調査依頼でしたら、
このような物をご用意ください。
(あるものだけで大丈夫です)

・商品やサービスを説明する図、または文章 (手書きなどで大丈夫です)
・商品や試作品の現物、または画像。
・ビジネス的に「今、何をしたいか」教えてください。(メールでも口頭でもOK)

ソフトウエアだと「現物」がない、とか
化学的な組成物だと「見た目ではわからない」という事もあり得ます。
その場合は、技術説明だけで大丈夫です

現物がある場合、
特に「動き」があるものは、
現物を拝見できると助かります!


それで
侵害予防調査、とか、出願前、とか、調査の種類を言った方が良いですか?
と質問頂く時があるのですが、


調査の種類はわからなくても、あまり問題ないです。


と言いますか、
初めての特許調査を検討される方で、

もうすぐ商品発売!特許って侵害したらマズいんだよね?
でも、特許出願もしておいた方が良いんだよね?
・・・どこから手を付けたら?

となって、
グルグルしている方、時々お見掛けします。

そこで迷っていると、
あっという間に1週間や2週間、経ってしまうのも
よくある話です。


そうなるくらいなら、
「もうすぐ商品を売る予定で、
 特許、調べなきゃな、と思っているんですが。」
と、お声がけ頂いた方が、断然スムーズです。


もう一度書きますね。
「全く初めての調査」で、準備するもの
・商品やサービスを説明する図、または文章 (手書きなどで大丈夫です)
・商品や試作品の現物、または画像。
・ビジネス的に「今、何をしたいか」教えてください。(メールでも口頭でもOK)
です。


「侵害予防調査です」や「無効化を!」など、
目的がハッキリしている方向けのガイドは、
また別の記事で、ご案内いたします。

それでは!


お問合せはこちら

■ご案内■


2021/01/18

コストパフォーマンスの良い無効資料調査/先行資料調査とは?



無効資料調査(先行資料調査)には、
色々な段階のレベル感と時間感覚が存在します。

→ 参考記事「無効化調査のレベル感と時間感覚


公開段階で注目した出願に
情報提供をするため、の先行資料調査と

警告状への対応と並行して
相手方特許を無効化するため、の先行資料調査とでは

調査の規模(レベル感)も持ち時間も、
「調査の目的」によって、大きくされます。


「調査しすぎ」るのはもったいないケースもあれば

「簡易すぎる調査」では、目的達成できないケースもあり得ます。


すなわち
一律に
「安いから、リーズナブルで良い調査」とも言えないし
「高額だけれど、しっかり調査してもらえれば」が良い、とも言えません。



無効資料調査の依頼をご検討のみなさま

ぜひ調査の目的やレベル感・持ち時間をお聞かせください。

※調査目的等を開示いただくにあたり、
※機密保持誓約書の提出、機密保持契約の締結、いずれも可能です。
※お気軽にお申し付けください。



調査料金表に記載の金額は、あくまでも「目安」です。
調査の目的や技術分野(≓先行文献の件数)によって
ライトな調査をお勧めする事もあれば、
ご希望に応じ徹底的な調査をご提案するケースもございます。


調査のお問合せはこちらのフォームまたは
お電話 0266-79-6709 でどうぞ。


■プロフィール

国内大手精密機器メーカーで出願権利化と特許調査を担当し、その後独立。
調査は25年のキャリアを持つ。

代行検索の分野において、抜け漏れを解消する独自の検索手法が
精度が高い・実務に繋がると評され、
企業の知財担当者や専門家から多くの支持を集めている。

学生や専門家へのセミナーや講演、雑誌への寄稿も多数。
汎用性があり、正確性の高い検索手順を提唱しながらも、
分かりやすく実務に反映しやすい導入しやすさも人気の要因となっている。




■ご案内■



2021/01/15

時間内に検索条件を作成!個別コンサルティング




個別コンサルティングとは

これまでの出願権利化業務や代行検索業務、企業内研修、ベンダー様主催の講習会、執筆活動などを通じて得た知識をフルに使い、
現場目線の内容で、現実的・多面的にアプローチする検索コンサルティングです。

さまざまな観点、分野から、総合的な検討を行います。
検索・データベースに限らず 「必要な時に、必要な情報を得ること」を中心に据えて、現実的な成果が期待できる取り組みをご提案します。

講習会終了後に、講習内容とは少し離れた疑問点を、講師に質問することがあると思います。このコンサルティングは、そのような質問タイムの拡大スペシャル版、とイメージして頂くと、わかりやすいかと思います。

講習会の後ですと 「講習内容とかけ離れた内容は聞きにくい…」と、遠慮してしまう方もいらっしゃいますが、個別コンサルティングでは、検索・調査に関する事でしたら、何をご相談いただいても結構です。


よくある相談例

 検索条件の作成 (オンサイト/オンライン)

打合せをしながら、その場で検索条件を作成します
検索式ができるまでのプロセスを目の前で確認頂けるとともに、検索状況もその場で確認でき、コンサルティングでは一番人気のご相談です。

平均すると90~120分で、SDI用、侵害予防調査用などの「比較的大がかりな検索式」が1つ完成するケースが多いです。
時間内に完了しない場合は、完成部分の検索条件をお渡しするとともに、「完成までに補充したい要素」をお伝えします。例えば「この行にキーワードを追加してください」と等




 海外調査のノウハウ相談

「中国のローカル出願人による出願だけを取り出すには?」
「アジア特許のウオッチングをしたいのだが、どうしたら効率的だろうか。」
「欧州特許の生死情報を取り出すにはどうしたら良い?」
「欧米の特許と中韓のデータは、別々に扱うべきか、一括で扱うべきか。どちらが効率的?」

海外調査では
・国による できる/できない
・データベースによる収録 のあり/なし
・出力データの違い
などがあり、
複数国の情報を効果的に把握するには、ノウハウが必要です。

コンサルティングでは、
普段利用されているデータベースに基づいて
調査の方法や、できること、できない事をご説明します。

特に、各国特許庁のデータベースを利用中の方から、
「無料で調査できる範囲が明確になった」
「今まで知らなかった機能で、色々な情報がカバーできるとわかった」
と、ご好評をいただいています。






 社内教育に関すること

一言で「社内教育」と言っても、対象が技術者か?知財部員か?サーチャーか?で、教育すべき内容・かけられる期間が異なります。
また、事業内容(技術分野)によって、検索のどの部分を強化すれば最も効率が良いかが、企業ごと、同じ企業内でも事業部ごとに異なってきます。

コンサルティングでは、職種別/事業別に「最も調査効率が上がる、コアの部分」を、個別にお伝えする事ができます。




ご相談の例




講習会との違い

講習会では、数週間前~数ヶ月前にはテーマが決まっているのが一般的です。社内講習であったとしても、基本的には「準備してきた内容」に沿って、ご説明を進めるものとなります。

これに対して個別コンサルティングは、「今知りたい」事をご質問いただける場となります。

  • 時間内でしたら、複数の質問をして頂いても大丈夫です。
  • 前に伺った概要と、当日の相談内容が違っていても大丈夫です。

講習会のような、まとまった資料のご提供はありませんが、コンサル内容の録画・録音、ホワイトボード等の撮影はご自由にどうぞ。


コンサルティング概要


zoomオンライン/ 弊社事務所 (千代田区九段) / 出張コンサルティング

弊社事務所
【場所】  弊社東京事務所 / 千代田区九段南
           ※参加人数は3人まで。

出張コンサルティング
【場所】  依頼者様ご指定の会場
           ※ 当面、参加人数の制限は設けません。
           ※ コンサルティング費用+交通費のご負担をお願い致します。

オンラインコンサルティング
主にzoom、
他、webex Meet、Whereby Skype など

【費用】こちらをご覧ください。

【形態】 対面もしくはオンラインにて承ります。

【機密保持】 機密保持契約書(相互に取り交わし)、誓約書(弊社より書類提出のみ)の対応可能です。申込時にご指定ください。

【お申し込みの流れ】
  1. フォームよりお問い合わせください
  2. 事務管理より確認&詳細のご連絡
  3. 予約完了
  4. (事前に、関連資料のご提供をお願いする場合がございます)
  5. 当日、指定の場所、もしくはオンラインで面談を開始します。

● ご質問、お問い合せのメールはこちら から。






■ご案内■



2021/01/14

【オンライン開催受付中】人事と品質管理のための「4つのポジショニングセミナー」




どなたでも受講いただけます!

実力が発揮できる仕事を選んでいますか?
人事配置、品質管理や 業務の属人性に悩んでいませんか? 
4つのポジショニングセミナーのご案内


今の業務がなんとなく合っていない気がする
品質管理の施策を打っても「できる・できない」の差が埋まらない
頑張っているのに何故かうまくいかない

チームメンバーの実力を活かしたい

自分を生かすことができる職種・業務を知りたい



人事や方向性で悩んでしまうのは
自分や周囲の適性を知らないからかもしれません!


このセミナーで自分の向き不向きや、
チームメンバーの適性の見極め方を知って
すっきりと前に進んでいきましょう!


■ 4つのポジショニングとは?




自分の個性を4つの特徴に分け
どのポジションが得意なのか
どのポジションが不得意なのか

を検証するワーク型セミナーです。




【4つのポジション 主な特徴】
TA(トップアタック)

・攻撃的、活動的、行動的、積極的な働きをする。
人と対面して販売・収益を確保
・主な仕事→営業、販売促進
TS(トップサポート)
・フォロー、用意周到、ツール開発などの関係性の強化をする。
人に対して信頼関係を構築。
・主な仕事→WEBデザイナー、接客者、弁護士、コンサルタント、医者、カウンセラー
BA(バックアタック)
・計画・プラン、作戦立てをし、マーケティングを行う。
全体(組織)を戦略的に伸ばすための活動。
・主な仕事→マーケティング、リサーチ、研究者、広報、企画事業、販売戦略の立案
BS(バックサポート)
・管理業務、継続作業・改善など全体(組織)の運営を担う。
全体(組織)のシステム促進する。
・主な仕事→事務、総務、経理、財務、家事


自分がどのポジションなのかを分析する事で、
<自分を生かす場>が分かります!
仕事だけでなく、プライベート(人間関係)の適性も分かります!


■ こんな方におススメです!


 自分を活かせる仕事を見つけたい方
 チームで仕事をしており、適材適所のヒントを知りたい方
 適性を見極め、業務分担や品質管理に活用したい方
 適性に合わせた人材育成に興味のある方
 自分の”強み”を知り、活用したい方


■ セミナー受講生の方の 成果の一例


 会社で疲れる理由がわかった
 苦手なボジションを人にお願いしたら、自分の成果も大きくなった
 苦手だけど頑張って克服しなければ と思っていたが、業務分担は必要な事だと理解が深まった



■ お申し込み


《4つのポジショニングセミナー》

日時
※ 開催リクエスト受付中。 お問い合わせはこちら

価格
8,000円 /1名  再受講  4,320円/1名

場所   Web開催 / 出張開催


右矢印4つのポジショニングセミナー お問い合わせはこちら

*Web開催には Zoomを使用。
Zoomは 無料で使える動画通話ソフトです。
全国どこからでも参加可能です。Zoom以外のソフトをご希望の方はご相談ください。


■ 講師

酒井美里 1968年生まれ 
スマートワークス(株)代表取締役・セミナー講師
2005年にスマートワークス(株)を設立。特許調査業務を行うとともに、東京・大阪を中心に特許調査講習を実施している。調査講習会やブログの内容はわかりやすく、実務に即しており、なおかつ体系的に調査を学べると定評がある。自社の経営や人事配置、人材育成に「4つのポジショニング理論」
を応用し、組織運営を行っている。



■ よくあるご質問


Q.どんな人たちが受講していますか?
会社員、OL、管理職、経営者、コンサルタント、主婦、セミナー講師・イベント企画者、など、20代から50代まで幅広い職種・年齢層の方が受講しています。
自分の個性で成果を出したい、自分らしいコミュニケーションでプライベートをよくしたいとお考えの方にはどなたにでも役立つセミナーです。

Q.管理職でもなく、起業予定でもありませんが、受講は可能ですか?
可能です。4つのポジショニングは、起業する・しないに関わらず、お勤めの方も、主婦の方も、自分の個性を生かした毎日を送りたい方にはどなたでもお勧めです。

Q.遅刻&早退したいのですが大丈夫ですか?
大丈夫です。お申し込み時に、その旨お伝えください。


■ キャンセルポリシー


・ご入金後、開催2日前までのキャンセルは開催費用の10%を事務手数料として頂戴し、
残り全額を返金いたします。(振込手数料差引額)
・開催日前日、当日キャンセルの場合は、
開催費用の100%をキャンセル料として頂戴いたします。




2021/01/13

【質問BOX】海外公報の番号検索(Espacenet)(2021.1.12朝のライブ配信)




質問BOXに投稿いただきました!
ありがとうございます。

今回はこちらのご質問にお答えしました。

お世話になっております。
Espacenetについて、初歩的な質問なので恐縮です。

外国公報の番号が分かっているので、公開番号又は
出願番号で検索して公報を確認したいときがあります。
そういうときはEspacenetを使うことが多いのですが、
うまくヒットさせられないことがあります。

番号の入力がEspacenetのルールに合っていないのだ
と思いますが国毎の入力規則を見つけることができず・・・
J-PlatPatのように番号入力例を表示してくれていたらな~
と悪戦苦闘しています。

そこで、今更ですが色々な国の番号入力の規則を
ご教示いただければと思い投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします。


【回答】
いろいろな国の公報番号と規則性。私も覚えきれる気がしません・・・。
以下の4つの対処法についてお話します。

1.番号入力の規則を確認する
2.「覚えずに検索する作戦」を使う
3.Google Patentsの入力アシストを利用する
4.よく使う順に少しずつ覚えていく


配信内のURLはこちらです。 >>[EPO]Espacenet >>[EPO]Bibliographic coverage in Espacenet and OPS >>Google Patents 関連記事 >>[Q&A] Espacenet の番号入力規則がわからない・覚えられない





ご質問は随時受付!完全匿名です。
▼こちらのフォームからどうぞ。
 https://pro.form-mailer.jp/fms/ada69f1e192184



■ご案内■