ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【1月初旬以降】です。(2016/11/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。(2016/6/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/12/04

[定期Up][Slide] FIとFタームのスライド、ダイジェスト版アップしました。


Umbrella by Marco Zak on 500px


FI・Fタームのまとめテキストができました。
スライド125枚(表紙含めて)です。
             (↑分類の話だけなのに・・・)

こちらはダイジェスト版 (表紙含めて15枚) 。


PDFファイルはこちら


続きから、少しだけ解説します。

2016/11/28

2017年1月の出没情報


酒井の出没予報をアップいたします。
2017年1月分です。

-------------------------------------------------------------
[1月] 
18日(水) 大阪:JPDS「特許調査(無効資料調査)」
25日(水) 東京:企業研修
26日(木)27日(金) 東京:発明推進協会「特許調査実務講座(パワーアップ実践編)」
-------------------------------------------------------------
※更新日:2016/11/28

打合せ日程などの、ご参考に。
お問合せは、メール info@1smartworks.com でどうぞ。(事務管理より返信いたします)

12月以降の講習会スケジュール|スマートワークス株式会社



講習会スケジュールを更新しました。 

◆プロの技にせまる特許情報検索法(2日)

一口に特許調査といっても、様々な側面の調査があります。本セミナーは特許情報のデータベースを知り尽くしたベテランのサーチャーが、検索の極意をお伝えするセミナーです。
データベースを使って色々な特許調査をしても結果に満足できない方、これから特許情報検索の業務につかれる方、必ずや検索項目の選定、検索項目ごとの留意点をつかめます。
技術動向の調査を実体験します。さらに、皆さんの検索結果を評価し、問題点を見つけると共に、具体的対策をアドバイスします。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】12月8日(木)・9日(金) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 JPDS本社 6階セミナールーム (地図
【受講料】30,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール


◆特許情報検索法(無効資料調査)

無効材料調査は文字通り「既に登録となった特許を、無効化する調査」です。一旦特許権が成立した特許を無効化するためには、どのような点に注意して有力な資料を調査しなければならないのか?
本講座では、調査範囲探索のテクニックを中心に「説得力ある資料を探す手法」を調査のプロが丁寧に解説します。
知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】1月18日(水) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 JPDS大阪営業所 2階セミナールーム (地図
【受講料】20,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール


◆特許情報検索法(無効資料調査)(TV聴講)

無効材料調査は文字通り「既に登録となった特許を、無効化する調査」です。一旦特許権が成立した特許を無効化するためには、どのような点に注意して有力な資料を調査しなければならないのか?
本講座では、調査範囲探索のテクニックを中心に「説得力ある資料を探す手法」を調査のプロが丁寧に解説します。
知財の調査実務者、開発・設計部門の調査を担当されていてさらなるステップアップを目指す方に最適です。
→ 講座詳細はこちら

【開催日】1月18日(水) 10:00~16:00
【主催】 日本パテントデータサービス(JPDS)
【場所】 日本パテントデータサービス(株)東京、名古屋、九州の各営業所セミナー室
【受講料】10,000円(税別)
【お申込み】 申し込みフォーム またはFAX、メール


◆特許調査実務講座(パワーアップ実践編)new

“うまい”検索とはどんな状態であるのかを特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)を用いて、検索の操作方法、キーワード・技術内容からの絞込み、法的な状況の検索等について紹介します。
次に具体的な事例を用いて、技術内容を調査するために必要な実務上の知識や技術分野を問わず必要となってくる留意点や勘所について、解説します。特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)を徹底活用し、商用データベースで得られる結果にまで近づけるような利用方法を伝授します。
(一人に1台パソコンを用意し、講師と一緒に、実際に情報検索を行います。)
→ 講座詳細はこちら

【開催日】1月26日(木)・27日(金) 10:00~17:00
【主催】 発明推進協会
【場所】 発明会館7階 会議室 (地図
【お申込み】 HP またはFAX


Today's photo | Book Smart by Nick Louie on 500px

よろしくお願いいたします!

2016/11/27

[定期Up] ご提供中のサービス一覧


代行特許検索
自社で取り組むにはアプローチが難しい場面などに、ご利用ください。
「検索式作成のみ」も承っております

● 代行特許検索についてのご案内ページはこちら

お問い合せ先一覧 (電話/メール/問合せフォーム) はこちら

各種講習会の実施
・ 弊社会場にお越しいただいての講習やトレーニング
・ 企業、各種団体、データベースベンダーなどでの、出張講習 を実施しております。

※ 特に秋~冬は講習会が多く、早めにスケジュールが埋まります。
    「日程を確保、内容は後日打合せ」も承っております。ご予約はお早めにどうぞ。

お問い合せ先一覧 (電話/メール/問合せフォーム) はこちら

講習テキスト
講習会のスケジュールが合わない方、テキストだけ入手したい方に。

● 講習テキストの販売についてはご案内ページはこちら

現在 「特許調査の仮説設定」 「侵害予防調査」 を販売中。
それぞれ 印刷版(紙) 7,000円 / データ版(パワーポイント) 10,000円

※パワーポイント版は、ファイル編集できない仕様です。ご了承ください。

お申し込みフォームはこちら

 コンサルティング
社内教育の最適化、検索相談、検索式作成などにご利用いただけます。

● 個別コンサルティングのご案内ページはこちら。

お問い合せ先一覧 (電話/メール/問合せフォーム) はこちら

書籍 特許調査入門―改訂版
酒井 美里


Amazon発明推進協会

● 日本でできる韓国特許調査
● ひとりでできる特許調査(共著)




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2016/11/22

日本公報の固定アドレス、勝手に期待してること。



こんにちは。サーチャーの酒井です。
今日の記事は「固定アドレス」のおはなし。


みなさま「固定アドレス、あれね?」 ピン!と来ていますでしょうか?


同じものを
固定URL、とか直接リンク、と呼ぶ方も
いらっしゃるかも?



事の発端は、J-PlatPatからのお知らせ。



こちら、11/21時点のJ-PlatPatのおしらせ。
一番下に載っている 「J-PlatPatの機能追加」 を開いてみます。

いかにも5月のお知らせですよ~?みたいな顔をしておりますが、






リンク先のお知らせ本文を開くと
11月18日付のお知らせになっており、


年末、12/23-26 のシステム休止後に
固定アドレスを導入する予定 とのこと。



固定アドレスサービスが導入されると、どうなるの?

何ができるようになるか、といいますと・・・

(折り畳みます)




2016/11/21

最近チェックしている統計情報サイト。国内外から3つ。



こんにちは。サーチャーの酒井です。

今年は(まだあと1ヶ月あるけど)、
これまでになく統計情報を扱う機会を、多く頂きました。



ブログ記事を振り返ってみると、
昨年(2015年)から、この傾向は始まっていた様子。

2015 過去記事
→ 普通の中にスゴさあり。 「リサーチャー直伝!情報の選び方」



上記過去記事の中で、

「まず見るべきは、日本の政府機関の情報である。」

と断定されており、


他には
・ 業界団体資料
・ 新聞・雑誌記事
・ 書籍・レポート・調査資料など

などが挙げられておりますが、



統計情報って、特許情報と比べると種類・内容が幅広くて膨大。

もちろん「いざ仕事!」となったら
必要な統計を、検索して探してきたりもしますが、

ある程度 「こんな統計、見たことある!」 という知識があると、
統計資料探しも、スピードアップするのではないか、と思いはじめ、



先週あたりから
連日のように発表される統計の「見出し・タイトル」に
目を通すようにしています。 (そう、始めたばかり!)



知識の集積が追い付くかどうか、まだわからないので・・・
ひとまず、国内2ソースと、海外から1ソース。


記事の続きで、購読中の情報源をご紹介します。



2016/11/20

[定期Up] 【テキスト販売】 Fタームのテキストを追加しました


[Update] 「FIとFターム」 のテキストが加わりました

→ ご購入はこちらのリンクからどうぞ



2012年5月に 実施した、サービス改善のためのアンケートで、
「テキストだけ、売ってもらいたいです!」 というお声を、
44%の方から頂いたのを受けて、
一部の講習テキストを、単体で販売しています。
 ※ 今後、順次ラインナップを増やしてまいります。



自社開催&他社(ベンダー様など)で開催している講習会、
おかげさまでご好評いただいております。

よく頂くご感想は、次のふたつです。

小難しい・抽象的な「特許情報」 の話なのに、とてもわかりやすい

「勘」と言われがちな部分も、具体的な手法・手順で説明してもらえるのが良い。


◆ ご提供中のテキスト  (2012年6月現在)


  • 特許調査の仮説設定
  • 侵害予防調査 - 検索式の設計&スクリーニングのコツ
  • FI・Fターム  - 基礎と活用知識  NEW!

の3種類です。


テキストの形態 

印刷体 (紙) : 1スライド1枚形式
パワーポイントファイル

から、お選びいただけます。

なお、パワーポイントファイルの編集はできません
 (バージョン、OSの違いによる表示崩れを回避するため、データを画像に変換してあります。

印刷は、自由におこなって頂けます。

スライドサンプルは記事の続きからどうぞ。