ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【2月下旬以降】です。(2017/2/10現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2016年度・2017年度出張講習 受付状況 [Update] new 
   2016年度出張講習の予約の受付は終了しました。
   2017年度出張講習の予約受付中です。(2017/1/18現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 2月の出没予報   → 3月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/02/23

今日はこんな日〜「新橋でランチ出遅れ」の巻

朝一番の「特急あずさ」で上京してきました。

あずさは基本、松本⇔新宿を走っているけど、
朝一番は東京駅が終点。

東京駅の中央線ホームは、赤レンガの駅舎の間近、
2階か3階?(うう、どっちかわかりませんが…上の方の階!)なので、
駅に入る直前、変わった景色が見えて楽しいです(^-^)。


午前は新橋。
JPDSさんで打合せをし、
昼近くにビルの外へ。


最近、なんか気になっていた、
内幸町方面の洋菓子店。。

田村町木村屋 さん

ここ、サンドイッチのランチがあると知って、
トライしてみたんですけど…


今日は満席ーー!(悲

「さっき満席になったばかりなので、
お席、当分空かないかもしれません…」
と言われ、すごすごと撤退。
店内はほぼ女性でいっぱい!でしたよー


道路に面した窓、レトロですよねぇ!
1900年創業なんだぁ。。

 
撤退して、ひとまず向かった新橋駅。


ふと見上げると


…ぷっ!(≧▽≦)
そのセリフ、似合うわぁ〜。
クスッと笑ったら、なんか楽しくなりました。



木村屋さんは、
もうちょっと早く来れる時に、再挑戦します。
人気店みたいだし、楽しみ!


午後は別の駅に移動、です。
明日も東京。
やっぱり、東京暖かいですね♪

それでは!

2017/02/22

[長野の] 憶測と妄想・・・!のマイナス7℃ [雑記]



おはようございます。酒井です。

今朝の出勤もマイナス7℃。。。

せめてプラスになってよ~(切実


毎朝さむーい原村ですが、
この冬、ワタシ、


めちゃくちゃ気になっている事があるのですっ!

それは・・・


昨年、まだ暖かい頃
すぐ近くに引っ越していらしたお家のこと。


そのお宅は、
外気温がマイナス7℃でも
-10℃でも、-15℃の日でも

かなりの高確率
玄関ドアが全開 なんです。。。(ひょえー!><


ひとさまのお家のこと、
そんなにジロジロ見たら失礼だ、ってわかっちゃいるけど

いつ見ても、だいたい全開なもので

「さ・・・寒いよね?」
「もしかして、寒くない・・・とか?」

どうしたって気になっちゃいます。
(酒井家は”暖房ガンガン派”なので、見るだけで震え上がりそう!)


※今思うと、夏場から毎日ドア全開で。
※その頃も「蚊とか、入り放題なんじゃないかなぁ」とは思っていたけど
※まさか真冬も全開で過ごされるとはっ!


ちなみに、そのお宅には
こーんな感じの、モケモケと可愛らしいワンコがいて。(画像はイメージですよ)

これまた高確率で
玄関内にいるのが見えるので


・ワンコがものすごーく暑がり?
・ワンコが室外トイレ派なので、開けてあげてる?


とか思ってみたり、

はたまた

・家主さんがアルピニストとか探検家とかで、
寒さに慣れるために、暖房なし&ドア全開で過ごされてる?

とか




しまいには

・家の中に・・・ペットのペンギンがいる!?

とかね。(さすがに、それはないと思うけど・・・どうだろう?)



そんなに気になるなら、
直接お家の方に聞いてみればよさそうなものですが
(ワンコ散歩をされてる時とかに・・・ね)


毎日こう↓なもので、


私の方が、一切外を歩かないんですよねー。(あははは
冬場は100%車移動なり!(きっぱり


もうちょっと暖かくなったら、
直撃インタビュー、しちゃうかもです♪


それでは
よい一日を!


2017/02/21

[調査のヒント] 特徴キーワード抽出はこう使う



大量の文章(・・・公報とか?)から、含まれる内容の”傾向”を把握したいとき、
どんな方法があるでしょう?


公報類ですと、特許分類などをキーに統計解析、という手順がまず思い浮かびます。

ですが、こんな場面・・・

「カテキン/ポリフェノールなどを含む茶飲料について、多くの会社が研究開発を行なっている。このカテゴリーで会社毎の研究内容の差異を知りたい。」

となると、どうでしょうか。


もしかしたら、
出願人が異なっても、同じような分類(FI記号でも、Fタームでも)が付与されており、分類で統計解析をしても、際立った差が出にくいかもしれません。


そんな時は 「特徴キーワードの抽出」 にトライしてみると、
統計解析とは違ったヒントが得られるかも、です(^^)。


ツールのありかと使い方、は記事の続きから。
(・・・結構有名なツールなんじゃないかしらん?って思うんですけど、
 空気を読まずに書いてみます。^^;)



記事紹介|IoT特許情報のデータベース整備 (2019.01頃?)



何かと話題なIoT(Internet of Things)。


やはり「関連特許を調べて!」というお話も頂くのですが、
対象範囲がとても広く、なかなかの難易度です。

特許庁が関連技術の例として挙げているものだけでも、ざっとこれだけ。。


出所|IoT関連技術に関する事例の追加について(特許庁)


包括的な調査をしにくいのは、庁内でも同じなのかな?と思います。


昨年は、日本特許庁がIoT関連分類を新設する件が話題になりましたが、
(⇒IoT関連技術に関する横断的分類の新設/特許庁)
今度は国際的なデータベースが整備されるらしい、というニュース。


IoT特許情報、世界で共有 日米欧中韓でデータベース整備へ
2017.2.20 07:19 産経ニュース
-----------------------------------------------
特許庁がモノのインターネット(IoT)に関する特許情報を各国で共有できるデータベースの整備に乗り出すことが分かった。週内にスイスのジュネーブで欧米、中国、韓国の特許庁などと整備に向けた協議を始め、2019年1月にも稼働する。権利化されたIoTの海外技術を出願者が調べる時間やコストを削減し、日本企業の国際進出を後押しする。

各国で共有できるデータベース

2019年1月にも稼働する

・・・って、色々すごいですよね。(すごい、という表現しか浮かびません・・・)


あと、この記事の最後にあった

日本の特許庁は昨年11月、世界に先駆けて国内のIoT関連の特許情報を収集できるデータベースの運用を開始した。

って記述。

「ん?そんなデータベースありましたっけ?」

って思ったのですが、
これは、きっと庁内で動いているのかしらん。

横断的分類の新設の発表も11月だったし、
なにか、パイロット的な物?が動いているかもですね。


今後の動き、注目していきたいと思います。^^



調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

[長野] ー5℃。「春の天使」現れず。



おはようございます、今日も長野で内勤です。

朝一番は外国特許のコメント書きで、
そのあと、日本特許の資料抽出をする予定。
講習のレジュメ提出もしなくちゃ。。


昨日は強風が吹き荒れ、
特急あずさも一部運休になっていましたが、
今日は穏やかな晴天。


・・・晴天なのは、とっても良いのですが


出勤時の気温、マイナス5℃
昨日雨まじりだったので、
車のドアが凍り付いて一瞬開かず、朝から焦りました。(笑


すでに花粉が飛んでいる地域の方々には
叱られちゃいそうですが、
こう毎日毎日寒いと、花粉が飛ぶ陽気が羨ましい。。
花粉が「春の天使」的な存在に思えてきます。
毎年慣れてるけど、寒いよーーー!


ダウンコート、結局復活しちゃいましたよ。
もう2月下旬なのに、ダサダサだわ。。。(≧◇≦)



それではみなさま
よい1日を!

2017/02/20

[雑記] 「検索では探しにくいもの」とキュレーション



検索を仕事にしているワタクシですが、
このごろつくづく「検索では探しにくい・・・!」と思うものがあるのです。

ちなみに物品ですよ。
普通に売られているし、情報も溢れているもの。
なのに、検索では探しにくい。。

それは・・・?

※ほぼ雑記で、最後だけちょっとマジメ。(ぺこり) 
※記事、折り畳みます。



中国特許・実案のCPC付与率を調べてみました。(2000年以降)



EP+US+CN、といった、
「中国特許を含めた海外調査」が続いています。(現在進行形)

「中国調査とCPC」といえば
以前からの知識 + データを見ていての実感 で、
次のような感覚を持っておりました。

・「特許」には、それなりにCPCが付与されている。

・従来から、EP、USなど「CPCを採用している国」がファミリーに含まれていれば、DOCDB上でCPCがつく仕組み。(DOCDBはファミリー単位管理なので)

・10年ほど前のデータで「中国特許へのECLA※付与は40%程度」というのがあった。
最近は中国特許出願が増加しており、その分中国単独出願も増え、CPC付与率は下がっていそう・・・と、あくまでもこれは体感。

・「実用新案」は殆どが中国単独出願なので、あまりCPCはついていない。

・・・という感じなのですが、

近頃「中国も含めて調査」が続いたので、
「この感覚、本当に正確なのか確かめておかないと・・・!」

と思いまして、つい先ほど、2000年以降を”ざくざく”と検索してみました。

中国公開特許と
中国実用新案

で調べております。
結果は記事の続きからどうぞ。