ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/05/30

[雑]今日はこんな日~apoteketでリフレッシュするなり。


photo credit: jasab via photopin cc

息抜き記事です。忙しい方はバックオーライ!でお願いします。

以下、まるっと 「記事の続き」 に折り畳みますねー。


こんな本を読んでいます~検索の理論書「情報検索の認知的転回」


photo credit: » Zitona « via photopin cc


先日、桐山先生の「特許調査の実践と技術50」を読み返し、
改めて 「そうそう、理論書って大事!」 って思いました。

→ 関連記事 (記事中のセミナーは、本日5/30開催です)
[紹介] 桐山先生の「プロが語る特許調査の極意」 / INFOSTA 研修会・セミナー


桐山先生が推されている 「フーグマンの5命題理論」 の本は、
今、手に入るものですと、

インデクシングによる情報内容の明示 -その原理と実際-
 ↑リンク先はINFOSTAです。

でしょうか。


こちらの本・・・
一応所持しておりますが・・・

むーん。難解なんですけど~(汗)。 (←しどろもどろ)


大学の教科書とか、専門書とかって、
「相性」みたいなもの、あると思いませんか?

Aさんは「わかりやすい!」って絶賛。Bさんは「うーん・・・」
また、その逆もあり、みたいな。


ということで。
私が推したい、検索の理論書はこちら。

462107945X情報検索の認知的転回 情報捜索と情報検索の統合
Peter Ingwersen Kalervo Jasrvelin 細野 公男
丸善 2008-01-23
by G-Tools

ベースの内容はフーグマンと共通する点も多いのだけど、

こちらの本、イングベルセンの「情報検索の認知的転回」 の方が、
「人間(検索者)」のウェイトが大きい本だと感じます。


あくまでも私の感覚、ですけれど・・・

情報系 / 情報源と検索システムの知識
認知系 / 検索をする人間側の情報認知。

と、内容を2分するとしたら、その比率は

フーグマン / 情報系:認知系 = 7:3 から 8:2
イングベルセン / 情報系:認知系 = 5:5

って感じ。


イングベルセンの「情報検索の認知的転回」から~


再現率とか精度、みたいな 「情報系」と同じくらい、

各利用者の認知空間、作業者の感心、
社会的に求められている結果、など「認知系」 が出てくる本です。


検索の「勘」の出どころとか、
インタビューの時に「空気を読む」とか、
その手の内容が、さりげなく理論的に書かれているのが、たぶん好きなポイント。




2冊の理論書。

フーグマンの
インデクシングによる情報内容の明示 -その原理と実際-

イングベルセンの
情報検索の認知的転回 情報捜索と情報検索の統合

機会がありましたら、どちらか1冊で十分だと思うので、ぜひ♪



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/05/29

[TIPs]英語で検索・・・の小ネタ。



おはようございます。 酒井@先週から英語検索の嵐!です。

なんでかな~
重なるときは、すごく重なるんですよね。

・・・その方が脳内が混乱しにくい気がするので、
偶然に感謝!って感じです。


そういえば、 「使っているデータベースの種類」など、
軽くご質問いただく事があるので、記事の続きに書いてみます。

あと、英文キーワード検索の初歩的な小ネタもひとつ、入れておきますね★


2013/05/23

[つぶやき] 検索&資料抽出の手順をつぶやいてみる。(US)


Source: weyley.com via Weyley on Pinterest

おはようございます。酒井@目下、検索三昧です。

一年の中でも、講習会の集中する月と、そうでもない月があるんです。
5月は講習会の少ない時期。


この間は
「海外の人と一緒に検討するので、報告書はなるべく英文表記で」
というお話を頂いて、

・・・開業8年目ではじめて。(←超・遅まき)
英文の報告フォーマット作っておりました。


普段、日本語で記録している内容を、
英語に置き換えただけ、なんですけどね。


・・・って、そんな話はさておき。


英文で報告させて頂いたのは、
いわゆる、デューデリジェンス系のサーチでした。

ある企業の、ある技術テーマについて、
「どんな特許が、何件程度あるのか。10件持っているのか、100件規模か、数百件か」 
「該当番号のリストも必要」 

といった内容。


先方から「大づかみで構わない」とお話があったものの、
抜け・漏れを生じさせるわけにはいきません。

今回のサーチ~番号の特定を、記事の続きにメモしてみます。

なお、業務の性質上、具体的な技術内容具体的な検索式登場しません
手順のメモのみ、となっております。

それでは、まいります。


2013/05/22

[Infographics] the Patent Wars (2012) [合わせ読みがおすすめ]



前の記事に続きまして。

約1年前のインフォグラフィックスですが、
Patent Wars infographic をご紹介します。

・・・・・・

今日はちょうど、日経ビジネスオンラインの連載
知財情報から見える企業イノベーション の新しい記事、

戦略的に外部から特許を調達するグーグル
イノベーション企業の現状分析~将来予測【その3】
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130510/247883/?leaf_bn

がアップされていました。

こちら、「外部から特許を調達するグーグル」 の見出しに注目しつつ、
このインフォグラフィックを眺めてみます。



[紹介] 公文書で初、のインフォグラフィックス


Source: scheible.eu via Frank on Pinterest

紹介記事が多くて、何だかごめんなさい。

情報管理Webからです。

特許庁、年次報告書の表紙にインフォグラフィックス採用へ - 政府公文書初
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2013/04/008456.html


特許庁は、特許行政年次報告書2013年版の表紙に、インフォグラフィックスを使ったデザインを民間から採用する。公文書をより分かりやすいものにするためで、政府の公文書としては初めて。

政府の公文書で、表紙にインフォグラフィックスを採用するのは初めてのようです。

この、インフォグラフィックスとは、
インフォメーショングラフィックスをかけあわせた造語だそうです。


一見わかりにくい情報を、デザインと組み合わせる事によってわかりやすく! といったところでしょうか。それって・・・


「んん! パテントマップ的じゃないですかー?」


って思いませんか。
特許行政年次報告書の表紙にピッタリなのかも?

この「表紙用のインフォグラフィックス」、
応募作品が ツタグラ(伝わるインフォグラフィック)のサイト上で公開されています。

※ ここで、一旦記事を畳みます。リンク先等は続きからどうぞ。


2013/05/21

[紹介] 桐山先生の「プロが語る特許調査の極意」 / INFOSTA 研修会・セミナー


Source: facebook.com via Drukwerkdeal.nl on Pinterest

おはようございます、酒井です。
INFOSTA(情報科学技術協会)で 5/30 に開催される、研修会のご紹介です。

講師は、元・帝人株式会社の桐山勉先生です。


研修会の案内ページ
http://www.infosta.or.jp/seminar/semi130530.html

・・・によると

桐山先生の著書
「特許調査の実践と技術50 - 特許調査における桐山流発想法 -」
↓↓


で取り上げられている50のテーマから、
最も身近で、かつ悩みの多いものを、
2日間×2テーマずつ取り上げて、研修をされるとのこと。


5月30日開催のテーマは、次のふたつ。

手元の書籍を使って、紹介させて頂きます。

まず
◆第17章 検索式の創作の王道はあるのか

↓ここに注目! 「王道は有る」 のですって!

桐山先生が「王道は有る」ってハッキリ書いてくださると、
なんだか、とっても安心するのは私だけでしょうか・・・。(^^)

ちなみに書籍では 「双六スキームモデル」として、
7ヶ条の項目が紹介されています。


続いて2つめのお題

◆第27章 賢い検索式とはどんなものか


賢くない検索式、って、何だかとても「残念」な感じですよね。。。(涙)
せっかくなら、最初から「賢い検索式」「良いパターン」を身に付けたいものです。

書籍には、賢い検索とともに 「やってはいけない検索式5ヶ条(桐山流)」も紹介されています。


双六スキームモデルや、
やってはいけない検索式5ヶ条、

おそらく・・・ですが、
研修会でも、具体例を挙げて解説いただける事と思います。


◆ 講習の内容やお申し込みはこちら↓からどうぞ。
http://www.infosta.or.jp/seminar/semi130530.html


◆ 書籍が気になった方は、こちらからどうぞ。
http://www.infosta.or.jp/publish/bookannai/tokkyo_chousa.html


それでは♪


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/05/17

[検索Tips] 「ある企業の保有特許」を調べる手順(日本特許)


Source: casmoor.com via Vanessa on Pinterest

タイトル通り、「ある企業が保有する特許」を調べる方法のメモです。

検索例では、日本特許を対象に、JPNETを使っておりますが、
他の商用データベースでも、ほぼ同じ事ができるかと思います。


・・・IPDLでは難しいです。
というか、不可能。

ごめんなさい。  (←該当の検索項目がないので)


オーソドックスな検索ですが、案外応用範囲が広いのかもしれません。
本文は記事の続きから。


[記事]知財情報から見える企業イノベーション (日経ビジネスオンライン)


Source: Uploaded by user via Bizolly! A Grand Expedition on Pinterest

記事紹介です。

日経ビジネスオンライン の「知財情報から見える企業イノベーション」シリーズ、
知的財産アナリスト認定講座の先生方が執筆されてます。

今日は、第3回目 「お手本とすべきサムスンの新興国戦略」 。
山内先生が執筆された記事が、アップされていました。


これまでの関連記事一覧↓ 週末のまとめ読み、オススメです。


今回の「サムスン」 の分析のキーワードです。

・ 出願件数は多い。

・ でも、特許の質・影響力はアップルに劣る?

・ 新興国でも、怠りなく意匠出願。

・ 今後は、タッチスクリーン技術で巻き返しか?


・・・などなど。
今回も、非常に読み応えありました。


ほぼ、記事紹介だけですが、
ひとまずこれにて。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/05/15

[雑]今日はこんな日〜イタリアの科学技術


今日は東京におります。
入居してる「イタリア文化会館ビル」の1Fで、
未来のイタリア展、やってます。


工業製品もスタイリッシュ。
※許可を頂いて撮影しました。

人型ロボットも、
日本の子とは違った雰囲気。
ロケットパンチも打てそうかも。(←そうか?)

展示は、今週金曜日までです。

-----------------------
2013/05/16 「未来のイタリア」展、リンクを追記

Webサイトはこちら↓
http://www.italiadelfuturo.cnr.it/index.php/ja/



iPhoneより投稿

2013/05/14

荷物はユーラシア大陸を横断し & ○○風手作り、と意匠のこと


photo credit: szeke via photopin cc

先日さわいでいた、ハンガリーからの荷物・・・

関連記事
→ 欧州を東から西に縦断したり
→ 広州経由かな?って予想してたら、デリー&上海経由だったり

先週到着しましたっ。 (パチパチ


・・・職人さんの字がきたな・・・達筆すぎて、
FedEx塩尻営業所のトラックが迷子になる、というオマケつき。(爆)


これがFedExを迷走させた、職人さんの手書き文字でございます。


・・・可愛い字じゃないのー? って思うんだけどな。ふふふ。

購入したものとか、
意匠について、ちょっと思った事とかは記事の続きから。


[記事]世界一キュートな特許図面を描く10歳の発明家 « WIRED.jp


WIRED.jp の記事から紹介です。
上の画像で寝転がっているのが、
10才の発明家、オーウェン・ナンナローン君。

特許図面がキュート、との事だけど、
オーウェン君も可愛いよねぇー。


今回、発明したのは
「ヘッドスピードとクラブの角度を計測してスイングを分析するゴルフのティー」とのことで・・・


「キュートな特許図面」は、記事の続きからどうぞ。


2013/05/13

[雑] 長野はこんな日〜歯科医院なう。


八ヶ岳は、落葉松の芽吹きの季節♪
新緑が目にもまぶしい小径は・・・

・・・っと、この記事はまるっと雑記事ですので、折り畳みますねー。

[資料] いつでも最新、業界規模・企業規模の比較資料 on Web


photo credit: dkshots via photopin cc

先週、デスクトップデューデリジェンス(DD) の初期に、
該当企業のWebサイトで見ると良さそうなこと、 をアップしました。


こんな事いうと語弊があるかも・・・だけど、
私、デューデリジェンスって、
ちょっと

5回目とか10回目(!?) のお見合い

みたいなイメージがあるんです。(←個人的イメージですので!)


初めてのお見合いは、
「一度くらい、やってみても良いかな~」
「美味しいご飯も食べさせてもらえるみたいだし~」 ってイメージで、


5回目とか10回目って、
「どんなお家の方なんだろう?雰囲気が合うのかな?」
「お仕事のできる方なのかな?家族も大切にする方かな?」
「それで、あの・・・単刀直入にいって、成長株でしょうか?(爆)」 みたいな。
※ 注:あくまでもイメージですっ。(しつこい)


それでね、
デューデリジェンス関係の下調べを、たまぁにさせて頂くと、

企業の沿革、社風 → 家柄とか家風

企業グループの結束が固いか、そうでないか
→ 大事~な家族、影響力の強い親御さんがいるか、そうでもないか

売上・利益率 や 研究開発費の金額・対売上比率 → お仕事ができる?

業界全体の成長率、研究テーマの素性 → 成長株?

・・・みたいに、見えてきちゃうんですよ~
わははは。
これって一種の「擬人化キャラ」かもしれません。


大事なお見合い!?なので、
当然、入手できる資料は、片っ端から見ていきます。

とっても一般的なところでは、


2013/05/10

今日はこんな日〜都内打合せ。


今日の午後は、都内3箇所を回ります。

スタートは、渋谷のセルリアンタワーのカフェで打合せ。
和風のフラワーアレンジが新鮮でござる。光琳の屏風のよう。


和風つながりで、
新茶と柚子まんじゅうのセット。

風薫る五月、なのです。

iPhoneより投稿

2013/05/09

[メモ]中国商標局のデータベースによる中国商標検索マニュアル


photo credit: lanchongzi via photopin cc

おはようございます。
このところ、「次は広州空港かな~?」 とFedExを観察しているわたくし。
 ※ ↑↑連休中に、ハンガリーのハンドメイド小物を購入したんですよ~♪


予想に反して、FedExのTravel Historyは。


ニューデリーと上海で給油して、
明け方に成田に着いた、ですと? (ガタッ)←立ち上がったら椅子が倒れた音。


物流網って、わからない事だらけだにゃ。。。


と、そんな話は、置いておきまして。


いつもの如く、調べものをしておりましたら、
特許庁サイトで 「中国商標局のデータベースによる中国商標検索マニュアル」 の資料に出会いました。

JETRO北京で、作成されたPDF資料です。
URLはこちら。

http://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/pdf/shohyo_syutugantaisaku/01search-manual.pdf


PDFファイルの最後のほうに、
「商標のステータス情報の一覧表」があります。これが便利!


こんな感じです。 (PDF資料から引用いたしました)


变更 くらいなら 「変更かな」 って察しがつきますけれど、

注销 が 商標抹消済みとかって・・・
頻繁に中国商標を扱っていないと、ちょっとわかりにくいですよね。


あと、ステータス一覧の下には、
タイムラグ等の注意点も記載されている、親切設計♪



ということで、

検索マニュアルはもちろん、
最後の「おまけ」が役に立ちそうですよ、というお話でした。

それでは★





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/05/08

[雑]息抜き記事~欧州の物流にちょっぴり感動♪の巻


photo credit: LugoLounge via photopin cc

連休が明けたばかりなのに、もう息抜き記事~(るるる~)


というか、
連休中のお話。


私・・・連休前に頭を使いすぎてたみたいで。
慣れない事はするもんじゃありません。。

連休直前は、頭頂部から
こげ茶色の煙がぷすぷす と出てる気分でございました。


そして連休。

本も読まず~
ブログも書かず、いいねも押さず、つぶやきもせず。(お茶のCMみたいな?)


信州の、遅い春の景色とか


(後半に続きます)



[雑]いただき物 ~ TBSキャラクター「BooBo&Boona」のポスター



いただき物です♪

BooBoとBoona のポスター。


こちらのポスターと連動の知財クイズ
http://www.kentei-info-ip-edu.org/chizai_bb


回答受付は昨日で終わってましたが。。
面白い問題が、5問出題されてます。

こんなの ↓ (http://www.kentei-info-ip-edu.org/chizai_bb から引用です)


 【第5問】お菓子の名前の横に小さく表示されている○マークってなに?



 【第4問】人気バンドの曲を演奏するには誰かの許諾が必要なの?



 【第3問】投手の華麗な技って、発明なの?



【第2問】テレビ局は自社製作のドラマを自由に再放送できるの?



【第1問】有名人のお宅にあった絵画は、自由にテレビ放送してもいいの?


【全5問解答&解説公開】:2013年5月14日(火)(予定)

知財の仕事をしていても 思わず「?」 となる問題もありますねー。

回答発表は、来週 5月14日(火)とのこと。



あと、脈絡がないけど・・・

BooBo(黒いほう)って、


私の中では、どうしても

ぶりぶりざえもん、みたいなイメージが。。



ん~、なんでだろ・・・?

あ、眉毛のかんじ?


失礼しましたー。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[検索メモ] デスクトップDDの初期に行うと良さそうなこと。


photo credit: CIAT International Center for Tropical Agriculture via photopin cc


おはようございます。酒井です。

連休前に、トーマツの長谷部先生から直々に頂いた、こちらの本。


頑張って読み進めてます★


で。今日は備忘録も兼ねて
「デスクトップデューデリジェンス(DD)の初期にチェックすると良さそうな項目」
を、書いてみたいと思います。


お手元に第2版がある方は、287頁あたりの話になります。

えっと・・・第1版の方は・・・
うーん、18頁の図 とか?です。

# ・・・っていう位、内容が変わっていて驚きました!


デスクトップDD、別の表現をすると、

M&Aとか、アライアンス、
もう少し規模が小さいところでは、共同開発などの話が持ち上がった時に、

対象会社のホームページでは、
こんな項目をチェックしてみましょう、

というお話です。


チェック項目は、記事の続きからどうぞ。



2013/05/02

[記事] あわせて読むと面白いかも!? アート、デザイン、知財戦略。


photo credit: ♥serendipity via photopin cc

「合わせ技」な、記事紹介です。

今日の日経ビジネスオンラインで、知財情報の記事がアップされておりました。

アップルの強みを知財情報から読み解く
経営戦略の柱、「デザ・ドリ」とは?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130416/246719/

アナリスト講座でもお世話になっている、
杉光先生と小林先生が執筆された記事です。


2ページ目以降を読むには、ユーザー登録が必要ではありますが・・・

まず、Samsungとの注力分野の比較が面白いです。

そして、アップルがDesignPatentsとTrademarkの両方で、
ユーザーとの接点を二重保護している部分(記事では5ページ目)など、

知財業務に携わる立場でも、Appleユーザーの立場でも
とても興味深く読みました。

が、登録ユーザー限定の記事なので、
ネタバレは、控えさせて頂きますね。(微笑)


さて、この「アップルの強みを知財情報から読み解く」 を読んだとき、
すぐに思い出したのが、こちらの記事


2013-03-06 Logic, Market and Art (Chikirinの日記)

有名なブロガーさんで、本も出ているので、
「ちきりんさん、知ってる!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。



記事冒頭からの引用です。

2013/05/01

[講習会][JPDS] 特許情報検索法(侵害予防調査) 8/27(火)


http://www.jpds.co.jp/event/seminar.html#B18_mukou
詳細はこちらへ。 ※お問い合せ・お申し込みはリンク先からどうぞ。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[講習会][JPDS] プロの技にせまる特許情報検索法 7/23・24(火)(水)


http://www.jpds.co.jp/event/seminar.html#B18_mukou 詳細はこちらへ。 ※お問い合せ・お申し込みはリンク先からどうぞ。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[DBの疑問] 辞書とシソーラスって同じもの?違うもの?


photo credit: Pulpolux !!! via photopin cc

おはようございます。酒井です。

前の記事では、

・・・と叫びを上げておりましたが、
※ ちなみに結論は 「J-GLOBAL で見たら、だいたいOK」 なり。


みなさーん、

シソーラス、ってわかりますかーー?

「シソーラスと辞書の違い」 はどうでしょう?


・・・特許のデータベースだと、
「シソーラス」や「辞書」を使わない製品も多いので、

なじみのない方もいらっしゃるかも? なんて思ったんですよね~。


というわけで、
記事の続きは「用語解説」です。 特許以外の話も少しだけあります。