ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/04/27

これってやっぱりSDI?米国特許庁の「公開特許アラートサービス」



今日は、米国の知財ブログ「IP Spotlight」で見かけた記事からです。

USPTO Launches Automated Patent Application Alert Service

米国特許庁が、公開特許のアラートサービスを開始した、とのこと。
それって簡単に言ったら、SDIサービス、みたいな事ですよね?
ちょっとびっくりです。

URLはこちら。
https://go.uspatentappalerts.com/login/login.php

初期画面は、シンプルそのもの。

利用したい時は、最初にユーザー登録をします。

メールアドレス、氏名、パスワードを登録するのみ。
所属も国籍も聞かれません。
登録項目も、かなりシンプルな印象です。


登録後、少し時間が経つと認証メールが届きます。
認証URLをクリックで、登録は完了です。

Today's photo | By Nicolai Berntsen

-------------------------------------------------

アラートの新規登録画面です。

発明の名称|要約|クレーム|CPC|出願人名・・・・などを登録可能。
複数条件を組合わせたい時は、下のボタンから条件を増やします。


最後に、右上から条件を[SAVE]で、登録完了です。


私もIPSpotlight を見て、アラートをひとつ登録してみた直後でして、実際の配信データは見ていません。(^^;

次回、アラートが配信されてきたら、再び記事に取り上げたいと思っています。






別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2015/04/22

ブリジストンの知的財産報告書2015


ブリジストンの知的財産報告書 2015年版が発行されました。
発明の日(4/18)に時期を合わせての発行、のようです。

ブリジストン|知的財産報告書
http://www.bridgestone.co.jp/corporate/library/ip_report/index.html



知的財産報告書は、
業界データや、財務データと合わせ読みすると、
より興味深く読めたりします。

たとえば、ブリジストンの場合。

・・・っと、ここで恒例「折り畳み」です。



2015/04/21

知ってましたか?J-PlatPatの「審査書類情報照会」に審判書類を追加収録。


%タイトル%そのまんま、ですが・・・

IPDL時代の「審査書類情報照会」、
名称も以前のまま、J-PlatPatに引き継がれています。


従来から、サービス名の通り「2003年7月以降の審査に関する書類」を収録していましたが、
ふと気が付くと 審判書類 が入っていたのです。


収録されていた審判書類の一例です。




なぜ 「審判書類が入っている」と気付いたかというと・・・


ちょっと長くなるので、折り畳みます。
興味のある方だけどうぞ!



2015/04/20

[お知らせ] 知財ist(チザイスト)研修|発明推進協会



お知らせです。

5月から発明推進協会の知財ist(チザイスト) 研修がスタートします。
http://www.jiii.or.jp/kenshu/chizaikenshu_chizaist

昨年度まで開催されていた、知的財産権研修(本科コース)の内容をリニューアルするとともに、
1科目毎の選択受講や、おまとめ受講など、より受講しやすい形態を用意されたとのことです。


下記は、発明推進協会Webサイト、開講案内からです。
■内容面
1.総合的、網羅的、体系的流れに沿って、法律的考え方、知財全般に関する知識、考え方、さらには実務にすぐに役立つ知識を一貫したカリキュラムで学べる。
2.受講生と講師との距離感が近く、少人数のため、質問もしやすい。緊張感のある双方向のライブ受講体系。
3.レポート課題の添削等の効果測定、グループ演習などを通じて受講成果を確認できる。課程修了者には、当協会より「知財ist(チザイスト)」認定書を授与。
■受講形態
4.必要な科目だけを1科目ごとに選択受講。課程全科目おまとめ受講の場合は、特別割引あり。→詳しくはコチラ
5.おまとめ受講申込みで、同一企業内、どなたでも受講できるシェア受講可能。(1科目につき、お一人様受講)



■会場:発明会館7階 研修ルーム
■講義時間:午前の部10:00~13:00 午後の部14:00~17:00(途中休憩あり)
■定員:各科目40名(定員になった場合は、全科目申込者を優先させていただきます。)
※日程、講師、カリキュラムは、諸般の事情により変更することがございます。
※「調査課程」につきましては、PC 実習を伴うため、定員は各科目20名とさせていただきます。
※法律科目をご受講される際には、法文集(発明推進協会発行「知的財産権法文集」等)をご持参願います。

「1.法律」の科目は、来月からスタートですが、


10月下旬開講の「5.調査」は、ランドンIPの野崎先生と、担当させて頂く予定。

科目ごとの受講や、調査の2科目・3日間の受講も可能です。


まだまだ時間ありますので、よろしければ。
もちろん!他の科目もよろしくお願いします。

http://www.jiii.or.jp/kenshu/chizaikenshu_chizaist


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

[つぶやき] 漬け物をつけすぎない。



書道家・武田双雲先生のブログで、
ふと見かけたこんな記事。

テレビではじめて対談番組のホスト役をやることになって(2010終了)

最初のゲストが桂文珍さんだった。

文珍さんは、落語界に革命を起こしたと言われる

文珍さんの言葉

『どの業界の人も、深みにはまると、漬け物をつけすぎます。だからお客さんに出せないくらいしょっぱいものになるのです。』

出所|書の力

Today's photo |Ready to Eat by j thorne on 500px


落語と特許調査に、共通点があるなんて!


とっても凝った、テクニック入りまくりのサーチでも、
わかりにくいものになっているとしたら
お客さまには、とても出せませんよね。。

専門的な仕事の多くに当てはまる、
大切な事だな、と思いました。



双雲先生の記事、今回のはごく短文で、続きもすぐ読めちゃいます。
全文見たい方は書の力へ。(^^)


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2015/04/16

激怒されそうになり、サーチ成功?-今週のリサーチから


おはようございます。
今朝のブログは、「今週のリサーチ事例」から。

なんと今週は、激怒されるかもしれない?事態が発生しました。
※調査は成功したみたいなので、ご安心ください。


皆様よくご存知の通り、秘密の多いこの仕事。
守秘義務に影響のない 「上澄み」 の部分だけをご紹介してみます。


最近お預かりした調査で、
「出願人指定で、全世界の出願をリストアップ」
というテーマがありました。


非常にシンプルで、ベーシックな調査です。

どうやら、その企業と協業を検討されているようでした。

着手当初は、普通に(指示通り)
出願人名調査をしていたのですが・・・

・・・長くなりそうなので、一旦折り畳みます。




2015/04/15

5庁グローバルドシエ、日欧中韓の提供開始。米は6月から。


待望の5庁グローバルドシエ(各国特許出願・審査情報の一般ユーザへの提供)がスタートしました。

日本の特許庁から、お知らせが出ておりますが、
閲覧は欧州特許庁(Espacenet / European Patent Register)、または韓国特許庁(KIPO One Portal Dossier)で、と案内されています。


European Patent Registerも、今日現在、
こちらの記事で紹介(予想かな?)しました、EPOの開発イメージ通りになってます。

こちらが、EPOの開発イメージ↓。(EP2570899での表示例)

同レコード、EP2570899の現況は、このリンクから確認いただけます。
ちゃんと、開発イメージ通りになっていますよね。

※勘の良い方は気付かれたと思いますが・・・上記リンクの通り、
※European Patent Register、固定URLが利用できます。これも嬉しい仕様。


以前から、日本からの閲覧が難しかった
韓国の包袋も閲覧できるようになり、かなり嬉しいです!


韓国包袋の場合も、オリジナル書類+翻訳、がセットになっている親切設計です。(^^)



以下、JPOからの転載です。

五庁では、審査官へのOPDサービスをさらに拡充し、世界中の一般ユーザが同様にサービスの提供を受けることができるよう協力を進めてきました。特許庁は、この一般ユーザへのサービス実現のため、平成27年3月から日本の特許出願・審査情報(ドシエ情報)を日本語と英語で五庁へ提供しています。日本のドシエ情報は、順次、五庁各庁のホームページから米欧中韓のドシエ情報と一括で提供される予定です。

各庁のホームページのリンクやドシエ情報の取得方法は、以下を参照してください。

欧州特許庁

欧州特許庁欧州特許庁(日欧中韓ドシエ情報を提供。米ドシエ情報は、平成27年6月の提供を予定。)
European Patent Register(欧州特許庁サイトへ)
Espacenet (欧州特許庁サイトへ)

韓国特許庁

欧州特許庁韓国特許庁(日欧韓ドシエ情報を提供。中ドシエ情報は、平成27年4月下旬に、米ドシエ情報は、平成27年6月に提供を予定。)
KIPO One Portal Dossier(韓国特許庁サイトへ)
[更新日 2015年4月14日]



ひっそり別館更新 → 新学期、『男子弁当』始めました。

別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2015/04/10

『日立評論』 2015.04 は知的財産特集号


『日立評論』といえば、日本で最も歴史のある技報誌のひとつ。

創刊は大正7年1月、といいますから、1918年。
もうすぐ100才ですね。


そんな『日立評論』
今月号は知的財産特集号とのこと。


内容が気になる方もたくさんいらっしゃると思うので、
まず、見出し紹介から。
全記事、PDFで閲覧可能です。


特集 社会イノベーション事業を支える知的財産


グローバルな知的財産の創造と活用を通じ,社会イノベーションに貢献

渡部 俊也・小島 啓二・鈴木 崇

詳細はこちら(PDF形式、267kバイト

From the Editor

戸田 裕二

知財関連の雑誌で、
どなたかが1記事、寄稿されているのは時折見かけますが、

この号は 「丸ごと日立の知財活動」。

全体の戦略、各事業、デザインなど、
各セクション、グループ企業の方が、
それぞれ執筆されているのは、珍しいケースではないでしょうか。

PDFで閲覧できるのも、嬉しいです。


取り急ぎ、記事紹介のみ。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2015/04/09

今日はこんな日(4/9)〜新宿西口は。


先ほど長野から上京してきまして、
今は新宿西口のカフェで時間調整&作業中。

場所柄なのか、お客さんのほとんど全員が海外の方。アジア系も欧米系も。店内にはいろんな言語が飛び交っております。とても賑やか。

でも、思いのほか作業がはかどって…自分でもびっくりですよ(笑


この後、午後は14時→16時→18時、と会議の3本立てでございます。考えただけで、なんだか脳内が混沌としてきそう…気をつけよう(汗

それでは、行ってきます(^-^)

iPhoneより投稿

2015/04/02

2015年4月の出没情報



酒井の出没予報をアップいたします。 
2015年4月分です。

-------------------------------------------------------------
4/9(木) 東京 会議 打合せ設定可能 new
4/14(火) 東京 会議 打合せ設定可能 new
4/16(木) 東京 企業コンサルティング
4/17(金) 東京 JPDS「特許情報検索法(侵害予防調査)」
-------------------------------------------------------------
※更新日:2015/4/2

打合せ日程などの、ご参考に。
お問合せは、メール info@1smartworks.com でどうぞ。(事務管理より返信いたします)

Espacenet、6日間休止後の新機能を予想しました。


日本時間では、明日から4/8まで予定されている
Espacenetの大規模休止。

関連記事
→ 大改造はある?ない? Espacenet、6日間休止の予告(日本時間|4/3-4/8)

EPOの休止案内では
「Owing to technical maintenance work」(技術的な保守作業のため)
とあり、

また、イースター(今年は4/6)の休暇にも絡めている様子なので、
個人的には「インタフェースが変わるほどの大改造は、ないかも。」と思っておりますが、


ひとつ、
「もしかしたら、この機能がつくかも?
 いや、是非ついてほしい!」
と思っている機能があるのです。


新機能予想、っていうか、
これじゃ 私の希望、ですね。(笑)

でもね、ちゃんと根拠はあるんですよ?


その新機能とは・・・。

あっ、一旦記事を折り畳みます。





2015/04/01

酒井美里 プロフィール (2018/05/10 更新)

酒井美里
さかいみさと

サーチャー
AIPE認定 知的財産アナリスト


◆略歴
1991年3月 奈良女子大学 理学部 卒業
1991年4月 セイコーエプソン株式会社に入社
                  特許室(現在・知的財産本部)にて出願権利化を担当
1995年4月 エプソンインテリジェンス株式会社(調査解析部)へ出向
2005年6月 エプソンインテリジェンス株式会社を退職
2005年7月 スマートワークス有限会社を設立、代表に就任
2008年3月 スマートワークス株式会社を設立、代表取締役に就任
2015年4月 日本パテントデータサービス株式会社 知財研修部 顧問に就任
2018年3月 平成29年度 特許情報普及活動功労者表彰
                  特許庁長官賞受賞

◆活動歴(研修講師)
<セミナー講師>
2017年度
JPDS 知財寺子屋 プロの技にせまる特許情報検索法等 講師 (12回)
発明推進協会 知財ist 情報検索基礎セミナー 講師 (2回)
発明推進協会 特許調査実務講座等 講師 (6回)
その他 企業内研修・講習等 (25回)

<著書等>
2018 日経エレクトロニクス 不定期連載中
2015 JIPII「特許調査入門[改訂版]-サーチャーが教えるJ-PlatPatガイド」
2011 JIII「特許調査入門-サーチャーが教えるIPDLガイド」
2005 JPO「標準技術集-新世代電子時計の基礎技術とその外延」
2003 INFOSTA「日本でできる韓国特許調査」
2002 INFOSTA「ひとりでできる特許調査」共著
1998 JPO・JIII「出願系統図-引用文献からみた液晶技術の特色」

<論文等>
2015 知財部員のための侵害予防調査 : 検索着手前に考慮すべき点と検索式作成のテクニック
2014 Japio YEARBOOK 2014「情報認知面からみた検索者のためのセルフチェック」
2013 Japio YEARBOOK 2013「CPC(共通特許分類)の始動と特許情報検索への影響」
2012 調査知識をルール化して利用した特許調査支援環境の提案
2012 欧州と米国の新しい特許分類CPC(欧州米国共通特許分類)の活用と留意点(<特集>特許分類を考える)
2012 Japio YEARBOOK 2012「五大特許庁「相互機械翻訳プロジェクト」の概要と韓国特許庁の機械翻訳活用」
2011 特許サーチャーが,はじめの一歩で身につけたい,7つの知識とスキル
2007 情報管理「特許検索手法のマニュアル化と検索ノウハウの伝達」
2001 情報の科学と技術「寄稿・韓国の特許データベースKIPRIS」

<インタビュー等>
H30/4 フジサンケイビジネスアイ紙、産經BIZ 【生かせ!知財ビジネス】特許サーチャー 人材育成に注力
H28/01 新春座談会 イノベーション創出を知的財産面からサポートする (独)工業所有権情報・研修館
H24/12 インタビュー このひとにあいたい(第3回)特許検索の専門家サーチャーの仕事と役割とは

※ Cinii論文検索 → 著者=酒井美里

◆所属団体
INFOSTA (情報科学技術協会)、長野県発明協会


ブログ http://blog.1smartworks.com/
関連記事 長い長い「サーチャー・酒井ができるまで」の話。



お問合せはこちらからどうぞ