ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/06/30

今日はこんな日~大祓と聞いて!@諏訪大社



6月30日は 「夏越の大祓」。

お近くの神社で、"茅の輪"を見かけられた方も、いらっしゃるかもしれませんね。

夏越の大祓は、半年間の罪・けがれを祓う日、と言われます。
生きているからには、そういうのも何かと多いだろうし、
あと、
半年の区切り、って感じで、毎年諏訪大社の大祓に行っております。

が・・・

なに?近年稀な人の多さ!(>_<)
さすが日曜日!

# あまりの人数に、なんか目眩が・・・


諏訪大社の茅の輪くぐりは、こんな感じ。


この「神職の方がくぐる瞬間」 は
タイムスリップっぽくもあり、毎年、ついつい見てしまいます。。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/06/28

[検索雑記] EPOの気になるあのこ


Heart / Source : Pinterest

こんにちは、酒井です。

7月はいろいろな所で講習をさせていただく予定で、
今週はほぼ、資料作成や見直しに費やしてました。

なので、あまり検索ができなくて
フラストレーションが・・・! (笑)


そんな中、個人的に気になっているのがEPOのデータベース


EPOには、Espacenetの他にも、
色々なデータベースがあるのです。


一旦、ここで記事を折り畳みますね。

2013/06/26

今日はこんな日~パソコンがーー!



今日は雨の長野で内勤。

お昼は、このブログなどを面倒みてもらっている、
原さんとランチミーティングでした。

上の画像で、向こう側でメモをとってるのが原さんの手(^^)でございます。


そして、再び内勤に戻り、
しばらくPowerPointで作業をしておりますと、


いやーーーーん!


表示がおかしくなったでござる!


いつもは、こうなってる所が



突然、画面全体がドット絵みたいになって、

 「もしもし?いつの時代ですか?」 的な表示状態に。。。ひ~ん!(涙目)

↑スクリーンショットも取れなくなったため、iPhoneで画面を撮影しました。
   焦ったけど、懐かしく(?)もありました(笑)



はーー。そろそろ長野事務所のパソコン、
買い換えなきゃ限界かなぁ。


なんて考えながら、
とりあえず資料作成に復帰する、梅雨時の午後でございます。


それでは。
アデュー


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/06/24

[メモ] 「ドットによる階層検索」と「文字列検索」。(JPNET)


Via Alvhem Makleri | White / Source : Pinterest


おはようございます。酒井です。

取り急ぎ、走り書きの「自分メモ」ですけれども・・・


この週末、JPNET (←商用システムです。愛用してます♡)がシステム休止しておりました。

長めの休止の後は、何かしらアップデートがあるのが通例。
「今度は何かな?」 と、楽しみにしておりました。


で、今日は月曜日。
わくわくとログインしてみると、
期待通り、いろいろなアップデートがありました。


個人的に、一番衝撃だったのは
なんといっても

「ドットによる階層検索」と「文字列検索」、
両方ができるようになっていた事ですね。


更新内容のスクリーンショット、貼ります。



検索式の末尾に「.」(ドット) を入れるか、入れないかで、
検索方式を、変えられるのだそう。


あとそれから、
権利延長情報データベースが追加されていたり、
出願人名の「名寄せ」修正依頼機能がついていたり。
海外特許DBの、キーワード検索の仕様が変わったり・・・他にもいろいろ。


JPNETユーザーのみなさまは、
今回のバージョンアップ情報、しっかり見ておかれるといいかも!です。
※ 私もしっかり見れてないときあるので(爆) 自戒をこめて。

→バージョンアップ情報 (2013/06/23)
http://www.jpds.co.jp/jpnet/20130623.pdf


それではこれにて。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/06/20

[告知]「知的財産アナリスト認定講座【第6期】」のご案内

知的財産教育協会さま で、
「知的財産アナリスト認定講座」第6期 2日目 
8/23(金) 知的財産調査の講師をさせていただきます。


上の画像からご案内のページにリンクします。
http://ip-edu.org/ipa_gaiyo06

知的財産アナリストについてはこちらから。
http://ip-edu.org/ipa_info

ご都合の合う方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

こちらから申し込みできます。。http://ip-edu.org/ipa_entry





下記、担当する知的財産調査について引用します。

----------------------------------------------

 知的財産調査
~Better searches, Better results.~


特許情報分析を行う際、より正確な母集団を得る事が、
より的確な分析結果を得る事に直結します。
講義の前半では、
日頃は特許検索をなさらない方にもわかりやすく、
特許制度と公報、データベースの基礎を概説します。
後半は、情報分析を行うための基礎データ作りを念頭におき、
分析に向くデータベースの選定、
調査ポイントの設定、検索式作成時の留意点などを解説します。

----------------------------------------------

引用ここまでです。どうぞよろしくお願いします。

http://ip-edu.org/ipa_2

























別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[Tips] Espacenetの出願人検索~一筋縄ではいきません。の巻


Dala horse with wings./ Source : Pinterest

ひとつ前の記事で、

Espacenetで出願人検索をする際、

冠詞を含む出願人名の場合は、冠詞を省きましょう。

と、ご紹介させて頂きました。

ロレアルだと・・・L'oreal → Oreal、という具合。


今日は、
これと同じパターンの複雑バージョンを、もうひとつ。
それから 「色々な省略形」 についても、ご紹介します。


では、ここで記事を折り畳みますね!


2013/06/19

今日はこんな日〜日本知的財産協会なう。


午後から会議で、日本知的財産協会(JIPA)さんにおじゃましてます。
東京駅・日本橋口の目の前で便利♪

で、、

都心は強風吹き荒れていて、いろいろ大変。
荒天とビル風の合わせ技?みたいな感じです。

今から、徒歩で次の打合せに行きますよ!

iPhoneより投稿

[Tips] Espacenetでの検索、出願人表記に「ご用心」。


photo credit: Jason Michael via photopin cc

Espacenet検索の小ネタ(Tips)です。

・・・結構有名な話じゃないかな~?って思ったのですが、
空気を読まず、ご紹介。


えっと。。
「出願人表記にご用心」 ってお話です。


フランスに「ロレアル」って会社があります。化粧品メーカーです。
ヘアケア製品をいろいろ出しているところ。

TVCMで流れる、「ロレアル パリ」という声が、
何となく耳に残っているという方もいるかも。


※注:音が出ます。

ロレアル パリ。原語で書くと L'Oreal Paris


それが検索と関係するの?

ええ!Espacenetだと、関係大いにあり、なんですよ~。


2013/06/18

[記事] 古新聞で公知例探し、の妄想~海外の新聞アーカイブ


Dagens Nyheter / Source : Pinterest

おはようございます。酒井です。
今朝は海外の検索系記事から「新聞記事アーカイブ」をご紹介します


ご紹介したい記事は、こちら。
◆ Newspaper Archives--Google's archive... and beyond

図書館の蔵書アーカイブ化や、特許情報の蓄積などにも積極的なGoogle。
今度は、新聞記事の蓄積に着手したようです

Google新聞アーカイブのURLはこちら (見たところ、海外紙ばかりです)
◆  http://news.google.com/newspapers


上記の記事では、

・Googleの新聞記事アーカイブは、まだ蓄積途上。検索機能も未完成。
・本文もOCR化が進められているが、エラーを含む。
・しかし、他にはない紙面がコレクションされており、未完成とはいえ、面白い読み物となるだろう

といった紹介がされています。
ベータ版まであと一歩、という感じでしょうか。


実際にアクセスしてみた様子や、
「その他の海外新聞リスト」 などは、記事の続きから。


2013/06/16

今日はこんな日~「緑響く」(東山魁夷)



梅雨の晴れ間の無風状態をねらって、奥蓼科に行ってきました。
目的は「御射鹿池」

・・・と、池の名前だけでは 「それ、どこ?」 って感じですが、


東山魁夷画伯の名作、「緑響く」 のモチーフになった場所です。




一面緑の景色に、ツツジの朱が鮮やか。



iPhoneの画像なので、画質はさっぱり・・・ですが、
雰囲気だけ、おすそわけできたら幸いです。


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/06/13

[メモ] 海外の引用例を読むコツ。(アメリカ編。たぶん初級)


Tesla electric motor patent / Source : Pinterest

先日、調査の打合せをさせて頂いた中で・・・

「米国で拒絶が出ているのは把握しているんですが、
英語が苦手で、引例の分析ができてなくて。」

と、はにかんでいたお客様がいらっしゃいました。


英語・・・得意な方も、もちろんいらっしゃいますが
日本語に慣れた目には、やっぱり読みにくいですよね?

日本語のテクニカルタームって、
漢字やカタカナで書かれているケースが多く、
たとえば漢字を追っていくと、
スピーディーに公報を読める、という場合も多いです。

これに対して、英語は文字種そのものが少ない上に、
ネイティブではない私たちは、
どうしても、一生懸命文字を追っていく・・・みたいな部分が、あるように思えます。


なーんて分析している場合でもないので(笑)
私が、海外の引例を読む時の手順を晒してみます。


・・・たぶん、一定の知財経験がある方は、
皆さん、同じ読み方をされてるんじゃないかな? 
当たり前の読み方じゃないかな? って思うのですが。


そんなわけで、ちょっと恥ずかしいんですが・・・

今回は、アメリカの引例を例にします。
手順は、記事の続きから。


2013/06/12

[雑記] 豪華☆いただきもの披露


photo credit: el patojo via photopin cc

こちらは、とっても雑記。
かつ 「自慢?それ自慢なの?」 的記事です・・・(ごめんなさい)

寛大な方以外は、バックオーライ!でお願いします。




昨日、東京で、とっても 「いいもの」を頂きまして、
一部で 「入れ物が可愛い」 と評判でしたので、


ここで、いただきもの披露させて頂きます♪



じゃーん。

・・・って、ハート型の缶?


この画像で中身のわかった方は ヨーロッパ通!


入っていたのは・・・


2013/06/11

今日はこんな日〜新しいセミナールーム ※6/12追記


今日はJPDSさんのセミナーで、
新橋にお邪魔しています。


ここから、説明の追記です!(6/12)


JPDSさん、所在地&ビルなどは以前と同じ(西新橋)です。

が、
同じフロアのオフィスが、退居されたのに伴い、
そちらも借りられたとのことで・・・


昨日、「無効資料調査」のセミナーで使わせて頂いた部屋。

以前のセミナールームより広くて、(画像だと広さがわかりにくいや・・・)
30名ほど入れそうです。


そして、もうひとつセミナールームができていました!
#つまり、セミナールームは2部屋です。


※ 一旦記事を折り畳みます。



2013/06/10

[告知]平成25年7月29・30日(月・火)発明推進協会「特許調査実務講座(パワーアップ実践編)」

photo credit: © 2006-2013 Pink Sherbet Photography via photopin cc


発明推進協会さま で、今年もIPDL活用セミナーの講師をさせていただきます。

7月29・30日(月・水)、
発明推進協会「特許調査実務講座(パワーアップ実践編)」

ご都合の合う方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

下記の画像の「特許調査実務講座(パワーアップ実践編)」に詳細のPFD、
「受付中」に申し込み用紙がリンクされています。

http://www.jiii.or.jp/kenshu/chizaikenshu.html

下記、発明推進協会様より転載しています。
----------------------------------------------------

2013年7月29・30日(月・火)
発明推進協会「特許調査実務講座(パワーアップ実践編)」


~サーチャー(2007年特許検索競技大会・優勝者)が教える
IPDL(特許電子図書館)ガイド

「特許調査実務講座」今回は、じっくり2日間の講座です。。


定員は20名です。


こちらをご覧いただき、ファックス又はメールにて申込みをお願いします。
(メールアドレス・必要事項はPDFファイル内に記載されています)


会場は、一般社団法人発明推進協会 会議室7F 
(東京都港区虎ノ門2-9-14 発明会館ビル)です。

詳細はこちらからどうぞ。
http://www.jiii.or.jp/kenshu/h25/0729_30.pdf

----------------------------------------------------

転載ここまでです。

よろしくお願いいたします。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

2013/06/07

息抜き記事~敏腕リサーチャーの仕事術(動画)


bromance / Source : Pinterest


今週は重め(?)な記事が集中したので、息抜き投下します。

でも、調査の仕事にもきっと役立つと思いますよ♪


私のような「特許・文献検索を仕事にする」職種を、
知財業界内では 「サーチャー」 と呼びますが、

他業種に目線を向けると 「リサーチャー」 という職種があります。

主に、

・ マーケットリサーチの企画設計、回答収集、分析等をする方
・ テレビ番組等のネタ探し、裏付け資料収集をする方

2通りの「リサーチャー」がいらっしゃるのですが、
今日は後者、テレビ番組に携わるリサーチャーのお話です。


--------------

日本のリサーチャーさんで、
凄腕と名高いのが、喜多あおいさん という方。


古くは「なるほど!ザワールド」 とか、

最近の番組では、
「行列のできる法律相談所」 「それでも、生きてゆく」
「ハケンの品格」 「家政婦のミタ」 などなど、、、

引っ張りだこの、敏腕リサーチャーさんなのです。


一旦、ここで記事を折り畳みます。
※ 興味のある方は、続きにどうぞ~

[告知]平成25年7月4日(木)「IPDL活用による特許調査入門」

photo credit: rosemary* via photo pin cc

7/4、京都発明協会IPDLセミナーをいたします。

参加費無料ですので、ご都合の合う方がいらっしゃいましたら、ぜひ。


----------------------------------------------------
2013年7月4日(木) 午後1:30より
京都市/京都発明協会 で、IPDL活用セミナーの講師をさせていただきます。
※ 東京・大阪の発明協会セミナーの、短縮バージョンです。

定員は50名。入場無料先着順です。※ 但し、京都市在住/在勤の方が優先、とのこと。

こちらの参加申し込みファイルに記入、又はメールにて申込みをお願いします。
(メールアドレス・必要事項はPDFファイル内に記載されています)





会場は、京都市下京区中堂寺南町 の 京都リサーチパーク です。

詳細はこちらからどうぞ。
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/cmsfiles/contents/0000125/125697/chirasi.pdf

----------------------------------------------------
転載ここまでです。


よろしくお願いいたします。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[メモ] 分類統一の動き、今週のまとめ~EPO公式ブログから


European patent withe unitary effect / Source


おはようございます,酒井です。

今週の特許情報の世界、
CPC(共通特許分類)を中心に、いくつか大きな動きがありました。

このブログでの関連記事

◆ 中国特許庁は来年からCPC部分導入。欧州特許庁がサポート
◆ 韓国特許庁はCPCパイロットプログラムに参加。米国特許庁がサポート。
◆ Espacenetに日⇔英翻訳機能が追加されました。 (6/5から)


いずれも、単独でも目を引く動きですが、

やはり 「この3つは、1つの大きな取り組みのパーツ」 なのかな、と思わされたのが、
昨日アップされた、欧州特許庁の公式ブログの内容です。

EPO長官、ブノワ・バティスティリ(Benoît Battistelli)氏の名前で書かれています。

EPOの記事紹介は、続きから。


2013/06/06

[メモ] 「JSTシソーラス(2008)」の移転先判明。


Gallium / source : Pinterest

自分メモです。

以前、J-DreamIIIがスタートした頃に、
JSTシソーラスが見つからなくなった・・・!と騒ぎましたが、

その時の記事 (2013.4.30)
→ JSTシソーラスを見失って・・・って、「シソーラス」知らないひとも読んでみて!



JSTの方が、コメント欄に移転先を書き込んでくださいました。

現在は、下記URLで利用できるそうです。
https://dbs.g-search.or.jp/jdsub/thesaurus/thesaurus_index.htm

※ 元のブログ記事にも、リンク追記いたしました。


画面構成や、検索方法などは、以前と同様のようですね。
   ↓

https://dbs.g-search.or.jp/jdsub/thesaurus/thesaurus_index.htm


元の記事でご紹介した、シソーラスマップも直感的にわかりやすいですが、

昔ながら(?)のシソーラスは、上位概念(BT)/下位概念(NT)など、
正確に把握しやすいのですよね!


以上 「移転先わかりました」 のご報告&メモでした。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

[速報] 韓国特許庁もCPC(共通特許分類)を導入する見通しに。


Traditional Korean Hanji Craft / Source : Pinterest

速報です。
# 昨日から、なんか投稿数多いです・・・特許情報界、あわただしい感じ!

少し前の記事で、

中国特許庁が欧州特許庁と組んで、CPC(共通特許分類)を採用

という話題をご紹介しましたが、


なんと、韓国特許庁は、米国特許商標庁と組んでCPC導入ですって~!


両庁のプレスリリースなどは、記事の続きからどうぞ。



[EP] Espacenetに日英翻訳機能がつきました。・・・で、実力?


Home Automation Panel (e-ink) / Source : Pinterest

こんにちは。酒井@絶賛長野内勤中、です。

軽く調べものをしようと、Espacenetを開きましたら、


画面の一番下、ウインドウの下端に隠れそうな位置に、





こんな文字列が。

Japanese-English machine translation for patents goes live

Munich, 5 June 2013 -- In another significant move to break down the language barriers to technological information, the European Patent Office (EPO) and the Japan Patent Office (JPO) today announced the launch of the Japanese-English component of the EPO's automatic translation service Patent Translate . This means more than a million Japanese patent documents available via the EPO's global patent database Espacenet ・・・

Espacenet、今日から日-英翻訳ができるようになったみたいです。



日英ね・・・

日英・・・


ま、いっか。 (←え?)


「日本語公報は日本語で読むし」 と
あやうくスルースキルを発動しそうになりました。あぶないあぶない・・・(笑)


ええとですね
この翻訳は、日⇔英の双方向なので、

Espacenet上で、英文抄録や公報全文を
日本語で読むのにも使えますYO。



翻訳エンジンは、いつものごとく、
EPOとGoogleとが共同開発したものです。


・・・で、実力のほどは?


翻訳結果などは、記事の続きからどうぞ。



解説編 ~ 自社出願の包袋を入手すべき理由


photo credit: Guillaume Brialon via photopin cc

一昨日、出先からの投稿で こんなメモ↓をアップいたしました。

自社出願だけど…包袋をとるのです!


・・・ええと、長野県発明協会の年次総会でして、

今年の記念講演は、
富岡康充先生の 「権利侵害対策セミナー」 でした。

権利行使側、守る側、それぞれの
具体的な手順、チェック項目、注意点が紹介され、
特許調査をする上でも、非常に勉強になりました。

そして、上記メモは 「権利行使側」 のお話です


手書きの中にも、概要が見えますが、


権利行使をする側、ですので、
出願は多くの場合 「自社出願」です。

自社出願なのに・・・
社内に、きちんとファイルもあるのに・・・

なぜ、あえて包袋を入手するのか? という点がポイントです。



2013/06/05

[記事紹介] 韓国企業への技術者流出を、特許情報から分析する。


Samsung OLED / source : Pinterest

記事紹介を、もうひとつ。

このところ、毎週楽しみに読ませていただいている
知財情報から見える企業イノベーションシリーズ、

今週は第6回目。
知的財産アナリスト認定講座がきっかけで面識を頂いた、
武藤 謙次郎さんが書かれた記事です。

記事タイトルからして、ものすごーく気になりますよね?
   ↓
   ↓
サムスンに多くの転職者を出した日本メーカーは?
人財の流出問題を特許情報から分析する


なにしろ、日経ビジネスオンラインの
現在のアクセスランキング1位でしたもの。



やはり、皆さん気になる、ってことですよね?(微笑)


サムスンの場合は、最近は横浜研究所が大きな拠点になっている様子で・・・

具体的な社名、技術内容なども紹介されてます。
記事では、だいたい3頁目あたりから。

特許情報分析の記事で、こんなに手に汗握る展開って、
なかなかないです!読み応えありました。


そして・・・最近の私の得意技(そうか?)
それは 「記事の合わせ読み」

記事後半では 「あわせて読みたいあれこれ」 をご紹介します。
お時間のある方、おつきあい頂けたら幸いです。


[速報] 衝撃!「あの」特許庁がCPCに参加する、ですってー!?


European Patent Office / source : Pinterest


おはようございます。酒井です。

今朝はちょっぴり衝撃的な事がありましてね・・・
EPOの6/4のニュースリリース、ご覧ください。


Europe and China agree to use same patent classification system (CPC)

4 June 2013   → 元記事へのリンク

EPO and SIPO sign a Memorandum of Understanding to enhance cooperation in patent classification
The EPO and the State Intellectual Property Office of the P.R.C. (SIPO) today signed a Memorandum of Understanding (MoU) to enhance their cooperation in the area of patent classification. Under the terms of the MoU, as of January 2014, the SIPO will start classifying its newly published invention patent applications in some selected technical fields into the CPC after receiving dedicated training from the EPO, and will strive to classify its new invention patent applications according to the CPC in all technical areas from January 2016. The corresponding classification data will be shared with the EPO. The CPC is the most refined classification system for patent documents in the world (250 000 subdivisions) which entered into force at the EPO and at the United States Patent and Trademark Office (USPTO) on 1 January 2013. It is largely based on the European Classification (ECLA) system formerly used at the EPO.

(後半省略)

要するに、どういうことか? というと・・・

2013/06/04

自社出願だけど…包袋をとるのです!


長野県発明協会の総会後、
記念講演を聴講してます。

権利行使のときは、
自社出願でも包袋をとるのですよー☆

iPhoneより投稿

今日はこんな日〜県発明協会・総会


爽やかな青空の広がる、本日の長野県地方。


どちらを見ても、エメラルドグリーンが眩しい!

…って、
ドライブに出ているのか!?って感じですが、
(結果的には、そんな状況になっておりますが…(汗))


違いますYO!

諏訪から長野市まで、
100キロ運転してきまして

こちら↓

長野県発明協会の
総会にやってきました☆


たかだか100キロといっても、
峠を越えてきたら、
結局、片道3時間の道のり。

…か、帰りも
3時間運転するのか〜(泣笑)


総会や記念講演の様子は、のちほど。


iPhoneより投稿