ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【8月上旬以降】です。(2017/7/14現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/06/29

EP Registerの経過情報ウオッチ機能(RSS)、最強説



私の中では「サービスが神のような特許庁 」No.1、な欧州特許庁。


この前も・・・GPIの自動契約をウッカリ切らしてしまいまして。(恥)
 ※契約2年目以降は、ちょこっと使用料の優遇があるのです。
 ※今だと初年度が690ユーロ、2年目以降は610ユーロです。
 
初年度契約になるのを覚悟しつつ、
オンラインで再契約手続きをいたしましたら、
24時間も経たないうちに

「前も使ってくれてましたよね?
継続扱いにしておきました。
旧ID、復活させておきましたよ。」

ってメールが来まして・・・

なんと!旧IDと一緒に
過去の検索ログも復活してました!!(歓喜)

GPI担当の方、やさしい!
神のようやぁ~♡

--------------------
・・・そんな欧州特許庁、

先月こっそり(でもないか)、
ステキ機能をリリースしていました。

記事タイトルでバレバレですけど・・・
「欧州特許の経過情報変化があった時、RSS配信する機能」です。

これ、無料で経過ウオッチができて、経過書類もすぐチェックできます。
ものすごくオトクなのではないかと!

スクリーンショット等で、少し長くなりそうなので、
記事を折り畳みますね。




どんな機能?

European Patent Registerから見える、
Dossier(ドシエ/包袋)系データが対象で、

下記画像のようなイメージで、
公報番号・経過情報のタイトル・日付(ドシエ収録日?)」が配信される機能です。




使い方

EP Register ですので、EP、WOが配信対象です。

1)European Patent Register で、番号検索をします。
https://register.epo.org/

Espacenetで検索 → リンクでEP Registerに飛ぶ、でもOKです。


2)Patent Family表示をします。
ファミリーリストの上に、RSSのマークが見えるかと思います。
ご利用中のRSSリーダーに登録すれば、配信準備完了です。



3)配信されてきたら


私の使用環境では
配信タイトル↓をクリックすると


即座にRegister Plus PDF viewerが起動し、
ワンクリックで経過書類が表示されました。
(ご使用環境により、挙動が違うのかもしれません。ここはご参考程度に)



こちらにEPOのリリースノートがございます。(英文)
Release notes May 2017
Global Dossier - individual and patent family member RSS feeds now available for patent monitoring


現在、こちらで動作確認できているのは欧州特許出願のみですが、
ワンクリックで経過書類確認ができるのは便利!と思いました。

※「EPにファミリーのある、他国出願はどうなの?」ってところが気になりますが、
※こちらは、まだ動作確認できておりません。。(謝)


欧州特許庁は、常にトピックも多いです。
また、ご紹介していきたいと思います。


それでは
よい一日を。



「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、7月下旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

6月の出張予定| 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: