ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/04/01

酒井美里 プロフィール (2017/08/17 更新)

酒井美里
さかいみさと

サーチャー
AIPE認定 知的財産アナリスト


略歴 1991年 奈良女子大学 理学部 卒業
同年 セイコーエプソン株式会社に入社
特許室(現在・知的財産本部)にて出願権利化を担当
1995年   エプソンインテリジェンス株式会社(調査解析部)へ出向
2005年   エプソンインテリジェンス株式会社を退職
同年 スマートワークス有限会社を設立、代表に就任
2008年 スマートワークス株式会社を設立、代表取締役に就任
2015年 日本パテントデータサービス株式会社 知財研修部 顧問に就任
(現在に至る)

活動歴(研修講師) <セミナー講師>
2015年度
JPDS 知財寺子屋 プロの技にせまる特許情報検索法等 講師 (12回)
発明推進協会 知財ist 情報検索基礎セミナー 講師 (2回)
JIPA関東・関西 C9A 特許情報と特許調査(実践) 講師 (4回)
発明推進協会 特許調査実務講座等 講師 (6回)
知的財産教育協会 知財アナリスト養成講座第10-13期 講師 (3回)
科学技術振興機構 特許調査講習 (2回)
京都発明協会 J-platpat 初~中級編等 (2回)
大阪発明協会 実務者向け侵害予防調査・無効化調査のノウハウ講習
その他 企業内研修・講習等 (20回)

2014年度

JPDS 知財寺子屋 特許調査の基本とその評価等 講師 (8回)
発明推進協会 特許調査実務講座等 講師 (2回)
知的財産教育協会 知財アナリスト養成講座第8,9期 講師 (2回)
JIPA関東・関西 C9A2 特許情報と特許調査(実践) 講師 (4回)
大阪発明協会 実務者向け侵害予防調査・無効化調査のノウハウ講習
神奈川県資料室研究会  「ライブラリアンのための特許検索」
その他 企業内研修・講習等 (18回)

2013年度以前 (主な実績)
2013 日本知的財産協会 「C9Aコース」 SDIと他社特許対策
2013 青森県発明協会 特許調査講習会講師
2012 福岡県発明協会 特許調査講習会講師
2012 日本知的財産協会 「C9Dコース」 パテントマップ/無効資料調査
2012  日本FARMDOC協議会研究発表会
2011  東京医薬品工業会 講演
2010  「弁理士クラブ」 講演 : 弁理士のための特許調査
2010  日本知的財産協会 関東化学第一部会 講演 「知財人材育成」
2009  APEC e-ラーニング教材 (韓国・ソウル市)
2009  名古屋工業大学 大学院向け講座 (2回)
2009  特許検索競技大会 フィードバックセミナー 関東・関西
2008  日本知的財産協会 「情報活用セミナー」 関東・関西
2008  関西サーチャーの会 講演
2007  WIPSユーザーミーティング(韓国・ソウル市) 「FI・Fタームの活用」


活動歴(その他) <著書等>
発明推進協会 「月報はつめい」 発明相談Q&A (年4回・継続中)
2015 JIPII「特許調査入門[改訂版]-サーチャーが教えるJ-PlatPatガイド」
2011 JIII「特許調査入門-サーチャーが教えるIPDLガイド」
2005 JPO「標準技術集-新世代電子時計の基礎技術とその外延」
2003 INFOSTA「日本でできる韓国特許調査」
2002 INFOSTA「ひとりでできる特許調査」共著
1998 JPO・JIII「出願系統図-引用文献からみた液晶技術の特色」

<論文等>
2015 知財部員のための侵害予防調査 : 検索着手前に考慮すべき点と検索式作成のテクニック
2014 Japio YEARBOOK 2014「情報認知面からみた検索者のためのセルフチェック」
2013 Japio YEARBOOK 2013「CPC(共通特許分類)の始動と特許情報検索への影響」
2012 調査知識をルール化して利用した特許調査支援環境の提案
2012 欧州と米国の新しい特許分類CPC(欧州米国共通特許分類)の活用と留意点(<特集>特許分類を考える)
2012 Japio YEARBOOK 2012「五大特許庁「相互機械翻訳プロジェクト」の概要と韓国特許庁の機械翻訳活用」
2011 特許サーチャーが,はじめの一歩で身につけたい,7つの知識とスキル
2007  情報管理「特許検索手法のマニュアル化と検索ノウハウの伝達」
2001 情報の科学と技術「寄稿・韓国の特許データベースKIPRIS」

<インタビュー等>
H28/01 新春座談会 イノベーション創出を知的財産面からサポートする (独)工業所有権情報・研修館
H24/12 インタビュー このひとにあいたい(第3回)特許検索の専門家サーチャーの仕事と役割とは

※ Cinii論文検索 | 著者=酒井美里

所属団体 INFOSTA (情報科学技術協会)、長野県発明協会


ブログ http://blog.1smartworks.com/
関連記事 長い長い「サーチャー・酒井ができるまで」の話。



お問合せはこちらからどうぞ



0 件のコメント: