ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/10/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/10/31

●レベル感をお聞かせください。 ≪無効資料調査/先行資料調査≫ のご案内



無効資料調査(先行資料調査)には、
色々な段階のレベル感と時間感覚が存在します。
→ 参考記事「無効化調査のレベル感と時間感覚


公開段階で注目した出願に
情報提供をするため、の先行資料調査と

警告状への対応と並行して
相手方特許を無効化するため、の先行資料調査とでは

調査の規模(レベル感)も持ち時間も、
「調査の目的」によって、大きくされます。


「調査しすぎ」るのはもったいないケースもあれば
「簡易すぎる調査」では、目的達成できないケースもあり得ます。


すなわち
一律に
「安いから、リーズナブルで良い調査」とも言えないし
「高額だけれど、しっかり調査してもらえれば」が良い、とも言えません。



無効資料調査の依頼をご検討のみなさま

ぜひ調査の目的やレベル感・持ち時間をお聞かせください。

※調査目的等を開示いただくにあたり、
※機密保持誓約書の提出、機密保持契約の締結、いずれも可能です。
※お気軽にお申し付けください。



調査料金表に記載の金額は、あくまでも「目安」です。
調査の目的や技術分野(≓先行文献の件数)によって
ライトな調査をお勧めする事もあれば、
ご希望に応じ徹底的な調査をご提案するケースもございます。



調査のお問合せはこちらのフォームまたは
お電話 0266-79-6709 でどうぞ。




■プロフィール

セイコーエプソンおよびグループ会社にて知的財産部門に15年間勤務。出願権利化業務、特許調査ならびに社内教育を担当。無効資料調査や侵害予防調査など、事業周辺の実務に即した特許調査を得意とする。データベースや分類の知識と企業実務とを結びつけた、体系的かつ具体的な調査理論と講習のわかりやすさに定評がある。得意な技術分野は「電気と化学の境界領域」電子デバイスの製造プロセス、カラーフィルタ、レンズ、偏光板等の光学部品。2005年に独立後、第1回特許検索競技大会で優勝。著書に「特許調査入門」(発明推進協会)がある。

0 件のコメント: