ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【8月上旬以降】です。(2017/7/14現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/09/02

無敵な気分になれる、新・Google Patents の出願人検索


こんにちは。サーチャーの酒井です。


このところ、
隙あらば特徴を調べたおして(笑) います、
新・Google Patents。

https://patents.google.com/


あちらこちら、
見た目以上に機能拡張されているっぽく・・・


出願人検索、本気でビックリしました。

記事の続き、ご覧くださいませ。 (折り畳んでます)




一度検索して、一覧表示状態になると、
画面の左側に、検索補助機能が出てきます。


Search Fields。
日付や出願人/譲受人 を限定するのに、使うのですが、



特に何も考えず、
Assigneeの欄に



corning、と入力してみたら、こんな事に。




えっ?
出願人辞書、持ってるの??




こんな機能がついてるなんて、
全くの予想外。

嬉しい不意打ちをくらった気分。




minnes、と 中途半端に入力してみても、反応しますし、




ドイツっぽく入力してみても。


↑先頭が 「Bosch」 で始まるものだけでなく、
中間に含む社名もピックアップしているところが、素晴らしいと思いました♪



日本特許が収録されているけど・・・と、カタカナで試してみても、この通り。






やーん、
素敵じゃないですか~!

なんか楽しくなってきた! (←そうなの?



発明者 だってこの通り。




日本っぽくても



大陸の薫り (←?) でも。


↑入力と提示候補を見比べると・・・
イニシャルだけでも、候補となる個人名を拾っているのがわかります。優秀!



他には、漢字で日本人名、とか、
ハングルで韓国人名、などでも、候補表示されました。



なんか、
Google Patents側の機能なのに、
不思議と「無敵状態」みたいな気分になれます。(←謎




もしかして・・・
もしかしたら?

将来、Espacenetにも同じような機能がつく可能性、あるのかも。

GoogleとEPOって、
共同で、色々研究している様子ですものね。




そんな事をつい妄想する、金曜日の午後でございました。(笑



それでは
よい週末を!





別館・気まぐれ更新中。「」

お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: