ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/11/08

ただいま!検索のひと。最近活躍したJPNETの検索コマンド。



ただいまー!
しばらく他流試合に出ていた検索のひと、帰ってきました。 (たぶん、ね。)



検索してる時のこの感じ、何というのでしょう。

将棋などで、何手も何十手も、
ずーっと先まで読めてる状態で、次の手を繰り出してるような
脳内に広がる清涼感が心地よいです。
やっぱり楽しいな!

(いえ、将棋、全然差せないんですけど、きっとこんな感じなのではないか、と)


楽しかった勢いで、
最近大活躍したJPNETのコマンドと、
わたし流の使い方、をご紹介します。

※他システムでも、おそらく同じような使い方、できるんじゃないかしらん?


折り畳みますね♪




今回活躍したのは

「引用/被引用公報を探すコマンド」

用途は 「先行例を探す」 です。






コマンドと使い方(入力例)を、
JPNETの説明から引用します。

引用文献(審:CIT1) 審査の際に引用した引用文献の検索を行います

<入力例>
CIT1=#1 AND (19+22)    #1の結果から[拒絶理由通知(19)拒絶査定(22)]で引用された公報の検索
CIT1=#1       #1の結果から様々な内容で引用された公報の検索
CIT1=2000123456   出願番号特願2000-123456で引用された公報の検索


上記と全く同じ使い方で
コマンド CIT2 は、被引用文献の検索になります。



上記例の中で、実際に使ったのはこちらの方法。

CIT1=#1       #1の結果から様々な内容で引用された公報の検索


事前にある程度検索が進んでおり、
「使えそうな公報」 が、まとまってきたら、
番号ファイルとして、ひとまとめにしておき (#001)

その引用、被引用をサーチして、これもまとめます。(#003~#005)




式5をチェックして、
めぼしいものがあったら、1の番号ファイルに追加


式1だけを、検索します (改行キーを押すとかで。)
  ※式1の件数が増えているのをご確認ください。



そうしたら、先ほどの式とは別に、式7~9を作ります。
式1の引用/被引用を検索。

その際、式3~5には触らないのがポイントです。


式9を見て、
使えそうな公報は、再び式1の番号ファイルに追加。

式1の件数が増えたら
式3~5を検索。
今度は、式7~9に触らないようにします。




エンドレスなので、以下省略で。(微笑




・・・という感じにすると、

めぼしい公報の引用/被引用公報で、
かつ、未読のものだけ

をチェックしていくことができます。



先行例調査、無効資料調査などで
使えるかと思います。(^^) 
お試しあれ~


それでは♪



調査のお問合せはこちらからどうぞ

11/11(金) 特許情報フェア会場でお会いしましょう。

別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: