ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【11月後半以降】です。(2017/10/12現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2012/02/24

特許庁、インドに拠点整備~インド特許庁DBのお話。







photo credit: ashwinmudigonda via photopin cc



数日前のニュースで、

特許庁、インドに拠点-知財、欧米勢を巻き返し
(日刊工業新聞 : 2012年02月17日)

という話題が出ていました。
ジェトロを通じて、4月以降、ニューデリーに拠点を確保する予定、とのこと。


ちょうど、講習会(TIP集)で、インドの話題も扱っていたので、何となく気になっていたところ・・・



JETROでは、別のニュースも出ていました。

高まる日本への期待−BSCチェンナイ開所− (インド)
(JETRO通商弘報 : 2012年2月24日)
   ※BSC = ジェトロビジネスサポートセンター


特許庁の拠点はニューデリー、
ジェトロで新しく開所したのは、チェンナイとの事なので、
直接関係はなさそうですが、
経産省のインドでの活動、活発になるのは期待できそうです。


特許情報、ひとつをとってみても、



日本国内では、インドの情報は本当に乏しいのが実情。


私も、欧州特許庁(EPO)の情報を頼りに、

Asian patent information  -  India
→ http://www.epo.org/searching/asian/india.html


あとは 「手さぐり」、というか 「当たって砕ける」 方式で、情報収集しています・・・(汗)



たとえば今、インド特許庁のデータベースは、
収録範囲(Coverage)がとっても 「微妙・・・?」 な感じです。
http://www.ipindia.nic.in/ipirs1/patentsearch.htm



まず、サイト上にCoverageが明記されていないので、苦戦させられます。
  (↑アジア圏では、珍しいことではありませんが・・。)


仕方ないので、「手さぐり」でたくさん検索し、
「このあたりは、結構収録されてる~」 とか
「この年代は、入っていないかも・・・」  というのを、調べたりします。



たとえば、インドの登録特許を検索した感触は、

  • 古い特許 (1970年代)は、そこそこ入っている
  • 最近の特許(1990年代後半~?)も、まあ収録されている
  • 1980年代途中~1990年代前半が抜けてるよ!?
  • もしかして、ここ2年くらいアップデートが止まってるんじゃ・・・?(汗)

・・・なんというか「縞模様」的な収録状況、って思いました。


アバウトすぎて、「Coverage」の代わりにもなりませんが、
「こんな傾向がある」 位には、参考にして頂けるかも。
(・・・なお、公開特許は、ちょっと傾向が違うんですよ。。ご注意を。)



この際、日本特許庁主導の、国際協力か何かで、
インド特許庁のデータベースを整備してくれたらいいのにな~、なんて、妄想してみます。。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: