ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/06/21

[新興国] 惑わされないのがポイント、な気がするタイ特許庁。



こんにちは。サーチャーの酒井です。

あれれ?久しぶり?な更新でございます。


このごろは
サーチのご依頼が立て込んできて、


「ええっと・・・リサーチ祭り?」 と思っていたら


あっという間に、フェスティバル。・・・って感じ? 

おかげさま、でございます。



それはさておき。



以前、アップしました記事。
[Family] 頭をやわらか~く,やわらか~く。


インドネシア特許でね、

手元に、インドネシアの公報番号が複数あります。

日本や欧米の出願人なので、本国の出願やファミリーがあるだろうとは思うのですが、
Espacenetでは、ほとんど調べることができませんでした。

何か、ファミリーを知る方法はないでしょうか…?

というお話しだったのですが・・・



それって、タイ特許だとどうなるんでしょう?

が、今日のお題でございます。





タイ特許でも、
基本は一緒だと思うンです。


[こたえ]

Espacenetでわからなければ、まずタイ特許庁DBで。




データベースはこちら、なのですが

タイ特許庁DB (Complex search | 複合検索)
http://patentsearch.ipthailand.go.th/DIP2013/complexsearch.php



URLを開くと、こんな感じ



なんか、すごいですよねぇ・・・(驚嘆
アルファベット混じりのタイ文字。


で、
ここでひるんだら負けです。
敵前逃亡みたいな?(笑)


画面全体を眺めると、
左側に



Switch Language がありますので、
まず、画面表示を英語に切替えまする。





で、今日調べたいことは・・・

手元に、タイの公報番号が複数あります。

日本や欧米の出願人なので、本国の出願やファミリーがあるだろうとは思うのですが、
Espacenetでは、ほとんど調べることができませんでした。

何か、ファミリーを知る方法はないでしょうか…?

だとすると、



タイ特許庁で番号検索

優先権の記載を確認

優先権番号に基づいてEspacenet検索


の手順で確認、ってことになります。




このように公報番号で検索したら、ゴールは近そうですよね♪



ところが


検索→該当リスト→詳細画面 と進んでも

詳細画面には、
優先権の記載、見当たりません。。


そんな時には公報PDFファイル

(最近の公報でしたら、詳細画面内に、Download Fileのリンク、ございます。古い公報は未検証です。ごめんなさい。。)



これ・・・
PDFファイル・・・(焦)

※日付もタイ暦なので、2558年とか書いてあるし。。




なんだかね、
タイの公報って、

左上の「ガルーダ」を見た瞬間に
異国の公報感満点 になるの、私だけでしょうか?
エキゾチックですよねぇ(笑




ガルーダを見るのはちょっと楽しいけど ←そうなの?

「仕事よ?これ、どうするのよ~!?」

って思われがちですが・・・



でも、この公報はきっと簡単。

なぜって



これ、PCT経由だから。。





フロントページにPCT番号が載ってない公報も、
INIDコード を思い出せば、OKです。



優先権は(31)なので



ここですね★


国コードが載ってないので、アレですが、
見るからに「アメリカの番号」です。




仕上げに
PCT出願番号で、Espacenet検索をしますと、


ファミリー、たくさん出てきました。




PCT経由で、タイにも出願されているけれど、
Espacenetには収録されていない、という、
前にも見たことあるような状態。(笑)


このレコードだと、
日本の公表番号も含まれているので、
バッチリ、日本語で概要確認ができそうですね。



・・・という感じに、

手順は、ごくごく普通。


タイ文字 とか ガルーダちゃん (←なぜに「ちゃん」付け??)


に惑わされず、


落ちついて画面や公報を見る、のがポイント。
そんな気がします♪




それでは
これにて!




お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: