ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【8月上旬以降】です。(2017/7/14現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/06/23

[つぶやき] 侵害予防、辞退したーい(泣)と思ったとき



おはようございます。サーチャーの酒井です。

今日のブログは、めずらしく?泣きが入ります。
「そういうの、ちょっと・・・」な方は、バックオーライで!



・・・よろしいですか?



今ね、侵害予防調査のお問合せを頂いていて、
検索案も、仕上がっております。



あ、たまに聞かれるのですが・・・


うちは、侵害予防調査ですと、
お見積段階で、検索式と件数、全部ご確認いただいてます。

※ 無効資料調査では、
※ 調査状況でどんどん検索条件が変わっていくので、
※ 基本的に、検索式の事前提示はしておりません。



それでね・・・
(折り畳みます!)




お問い合せ中の方、

「先行メーカーの特許を回避して、
同じような製品を製造・販売したい」 っておっしゃいます。



ジェネリック医薬品とか、

最近は

ジェネリック家電とか、
ジェネリック家具? みたいなのも、出てますものね。




で、

ジェネリック○○を販売したい。

そう、おっしゃるんですけども・・・




小心者なワタクシ的には

「ジェネリック○○、なんか・・・作るのコワイわよねぇ。
ドキドキしないものかしらん?」

って思ったりして、




母集団案を、


最低、この位は見ないと、コワクないかしら?と思って作った
1000件弱と、


「件数絞って欲しい」のプレッシャーも、ヒシヒシ感じたので
200件弱と




2案作って、お渡ししたところ

200件弱でも、多いって言われましたのん。。。(汗



うーーーんと、
それは
つまり



100件未満にする感じ??

なのかしらん?



50件とか、さらさら~っと特許確認して


「うん、大丈夫だな!」って
ジェネリック○○を作りたい・・と。



いやーーーん!
そりゃ、件数がすべてではないかも、しれないけれど。



なんか、やっぱり、
こわすぎるのーーーー(>_<)! (悲鳴)





ウチの名前で、
その調査報告出すの、抵抗あるんですけど・・・。(涙



検索式と、50件分の母集団リストお渡しして、

「ウチではサーチいたしかねます。
よかったら、これ、見てください。」


って、申し上げて
辞退しちゃおうかしらん・・・(汗





件数、少ない方がラクなんですけど、
販売後とか、いろいろ考えると、ね?

調査って、悩ましいとき、ありますよね。




「数十件にして!」 とかは、あれなんですけど・・・
最適件数のお悩みごとも、おうかがいしています。

調査まわりのお問合せはこちらからどうぞ
7月ご報告分、受付中です。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ジェネリックの開発だと通常は,
開発ステージごとに侵害確認することになりますねぇ.
確かに最初に特許一覧作りますが(特許が少ない医薬系でも100は超えます),それだけでOKと認識しているなら依頼者がちょっとあかんかも・・・

開発品が具体化するたびにもういちど検索させて!ということはできないものでしょうか?