ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2016/06/02

[検索雑記] JPO 「IPC別・異議申立ての状況」から




こんにちは。サーチャーの酒井です。


今日は長野内勤。
サーチの合間に、講習資料用のデータも作っています。


少し前に発表された、特許庁の資料で

1. 特許異議の申立ての状況(申立日が平成28年3月8日までのもの)


合計 608件

<IPC別 内訳>

Aセクション(生活必需品)139件
Bセクション(処理操作;運輸)93件
Cセクション(化学;冶金)189件
Dセクション(繊維;紙)19件
Eセクション(固定構造物)18件
Fセクション(機械工学;照明;加熱;武器;爆破)30件
Gセクション(物理学)51件
Hセクション(電気)69件

特許異議の申立ての状況、手続の留意点について

・・・というのがありました。


私、これを見て 「ん・・・?違和感。。」 と思ったのです。
みなさまは、いかがですか?


違和感を感じた箇所は

(折り畳みます!)



この数字、棒グラフにしてみますと


「なんかCセクションが多いなぁ」

「・・・っていうか、GとHが意外と少ないなぁ」

と思ったのです。



あっ、ここでいう 「多い」とか「少ない」は、


出願件数 や 登録件数 に対して多いのでは?
出願件数 や 登録件数 に対して少ないのでは?


という、感覚的なもの。
 



そこで、比較対象として、

2015年1月~12月特許登録件数・筆頭IPC別 を
横に並べてみました。
(登録件数のグラフは1/10に縮めております。)




うん、感覚の通りです!
(ちょっとホッとした。。笑)



Cセクションは、登録件数の割に、異議申立件数が多め。
G、Hセクションは、異議申立少なめ。



化学系は、電機系と比較すると
ライセンス供与されないケースも多いと聞くので、
「だったら無効化を図る」 という事でしょうか?


それとも
このところ、電機メーカーに少々元気がないから、かしらん。(寂


うーん、
無効審判のデータもとってみたくなります(笑



特にオチはないです。
ごめんなさい!(ぺこり)



明日は金曜日ですね。
ラストスパートで!
それでは。



お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: