ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年6月度の調査受付中。最短納期6月下旬旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表



2016/05/13

[Family] 頭をやわらか~く,やわらか~く。



おはようございます。サーチャーの酒井です。


連休明けのある日、
こんなお電話を頂きました。

手元に、インドネシアの公報番号が複数あります。

日本や欧米の出願人なので、本国の出願やファミリーがあるだろうとは思うのですが、
Espacenetでは、ほとんど調べることができませんでした。

何か、ファミリーを知る方法はないでしょうか…?


なるほど・・・・

いかにもファミリーがありそう。

なのに、
検索しても、ちっとも出てこない。


何とも 「歯がゆい」 状況ですよねぇぇ




ちなみに、下記は他社様作成のデータですが、
インドネシア特許のヒット件数を調べたもの、とのこと。

2014年7月23日現在
使用データベースヒット件数
インドネシア特許庁57103件
esp@cenet14639件
PATBASE14224件
TotalPatent14533件
Orbit.com未導入
Hypat-i未導入
Shareresearch未導入
DWPI未導入
出所|http://www.technoresearch.co.jp/company/?mode=detail&article=7

約2年前の情報ですので、
それぞれ、件数増加があったり、
新たに収録開始したサービスも、あるかもしれないのですが…


ごく単純に、

・ Espacenetの収録は、インドネシア特許庁DBの4分の1
・ 国内出願人より、外国出願人の方が多そう ≒ファミリーありそう


と考えると?


それは…
Espacenetでは、
ファミリーがあるのに出てこないケース、
結構発生しちゃうかもですねぇ。。



でもね。
調べる方法、ちゃんとありそうですよ?



頭をやわらか~く,やわらか~く、です。
考えてみてくださいね~
(折り畳みます♪)




[こたえ]

Espacenetでわからなければ、まずインドネシア特許庁DBで。



Espacenetの収録は インドネシア特許庁(DJKI)の4分の1、ということは…?

DJKIには、Espacenetの4倍の収録数がある。という事ですよね。



そして、外国出願人が多そう、だとすると、
DJKI側で、優先権データを確認する事ができるのではないでしょうか?




ちょうど、今年3月にJETROの検索マニュアルが改訂されたばかりです。


インドネシア知的財産総局が提供する産業財産権データベースの調査報告(2015年度版)(JETRO)

インドネシア特許庁DB (DJKI)

インドネシアの知的財産関連情報 (JETRO)

新興国等知財情報データバンク | インドネシア (特許庁)




例題として、
インドネシアの公報番号

ID201404251

を調べてみますと、


Espacenet | 収録なし

DJKI | 収録あり。優先権データあり でして、


このように、DJKIでは優先権情報がバッチリ☆入手できました。



こちらの優先権情報に基づいて、
Espacenetで検索しますと、



PCT(日本語)、ドイツ、米国、台湾…等、複数国に出願されている事がわかりました。



インドネシアと同様に、
Espacenetの収録が比較的手薄な国では、
この迂回ルート、試してみる価値はあるんじゃないかしらん? と思います(微笑)




・・・というようなお問合せも、お気軽にどうぞ。
※毎回、楽しませて頂いてます。うふふふ。


お問合せはこちらからどうぞ



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: