ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/05/26

[小技] Espacenetで「探しにくい関連出願」を探す



ついこの前、夏のようだったお天気から変わって、
今日は雨模様、肌寒く感じます。

今朝の酒井家・・・薪ストーブ、焚きました。 (←ええーー!?
あれね、空気がとっても乾燥する暖房なので、
洗濯物がよく乾くのです。
梅雨時も、あまりにもジメジメしてると、短時間・ぱあっと焚くとき、ありますよー。

・・・と、季節はずれのお話は脇に置いておきまして

今日は「探しにくい関連出願(≓パテントファミリー)」の話題です。
元ネタは、EPOの検索資料になります。(→出所)

※記事を折りたたみます。




出所のEPO資料では、
関連出願のパターンを3つに分けて説明しています。(下図)



Doublureという単語は、何やらフランス語の香りがいたしますが
「優先権データが複線化している」パターンを意味しているよう。

Easy to Find。優先権の紐付けがあり、簡単に探せます。

Divisional。分割出願を伴うパターン。
何回も分割を繰り返していると、探しにくくなっている場合もあります。

そして最後。
Similer subject matter
類似出願・関連出願なのですが、
優先権データ(基礎出願データ)を伴っていないケース、です。

同日に関連出願をいくつも出しているケースや、
パリ優先が使えず、優先権データが辿れないケースなどは
なかなか探しにくいですよね。

Only with special strategy。特別な戦略で探す、のだそうで・・・




優先権を伴わない関連出願を探す場合、

・発明者が同じ (全員とは限らず、一部の発明者だけが共通、かもしれません)
・出願人が同じ/類似
・出願の時期が比較的近い

などの条件が考えられます。


Espacenetの検索テクニック、として、下図のような事が紹介されていましたが・・・



Espacenetに限ったことでもなくて、
商用データベースでも、全く同じ方法が使えます。


ちょい脱線ですが
「海外の方は、そう思うよねぇ!」と思ったのが、
スライドの真ん中付近、日本特許に言及している部分。

-----------------------------------------------------------
− Japanese variants of Western names, cf. JPH02290386
-----------------------------------------------------------
(公報番号からリンクを貼ってあります)


この「特開平2-290386」号の発明者データ
-----------------------------------------------------------
Inventor:
RICHIYAADO JIYOZEFU ANDORIYUU
KURIIBU HENRII GIRAADO
-----------------------------------------------------------

よ・・・読みにくいっ!

・・・って感じなんですが、目で追ってみてくださいねー(( ̄∇ ̄)


対応のイギリス出願では、こうなっていました。
-----------------------------------------------------------
Inventor:
RICHARD JOSEPH ANDREW;
GILLARD CLIVE HENRY;
-----------------------------------------------------------



日本出願の発明者データは 「誰!?」って感じですよねー。(笑)

そして、わざわざEPO資料で例示されるとは。
もしかして、海外ですごい困惑を引き起こして・・・いるのでしょうか?(汗



話は戻りまして。
このEPO資料

後半に幾つか実例(関連出願のある特許番号)を使った
Excercisesが掲載されています。



年範囲を広げる、
会社名の一部だけで検索する、
分類範囲を広げる、など

こちらにも、実際に使えそうなテクニックが載っております。


それでは、今日はこのへんで。


みなさま
よき週末を。




「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、6月中旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

6月の出張予定(既決分)。打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会




0 件のコメント: