ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/05/15

[小ネタ] 検索キーワードのさがし方 (日本語)



先日、珍しく「仕事以外」で上京していました。
向かった先は、青山の根津美術館。

お目当ては、毎年この時期に展示される「燕子花図」。
絵柄としてはとっても有名で、よく知られている構図ですけれど、実物を見るのは初めて。目の保養をさせて頂きました。 (日本画すき!)

→ 根津美術館


さて・・・

本日のタイトル「検索キーワードのさがし方」

講習会では、よく
--------------------------
試し検索
→ 分類を特定して
→ 分類検索の結果に含まれているキーワードを利用
--------------------------
という流れをお伝えするのですが、

今日のは、また別の方法。別解です。
(ここで、記事を折りたたみます)





「技術用語はわかっているけれど、
 特許検索をしても、思うほどヒットしない

そして、

もっと、他の表現があるんじゃないか・・・?と思うものの
 特許分類には、しっくりくるものがない」

といった状況の時、
の、キーワードのさがし方。


その技術用語って、
英語ではなんて言いますか?


日本語で検索してみて、いまひとつしっくりこない場合は、
一度、日本特許の事は置いておき
「海外データベース × 英語表現」で検索してみると、突破口になる事がありますよ♪


手順は・・・
---------------------------------------------
0) 日本特許のデータベースで、既知の表現で検索。
パッとしない状態のまま、しばらく放置しておきます

1)海外データベース×英語表現、で検索。(ファミリー情報のあるものが良いです)

2)対応日本特許の番号を抜き出す。

3)日本特許のデータベースに戻り、2)の番号で検索

4)3) の結果から ステップ0)の結果を引き算。
「既知表現をしていないもの」が残るはず!

5)1件ずつ確認して「あの技術用語の、違う言い方。」を探します。
---------------------------------------------

・・・という流れになります!



特許分類が確立していなかったり、
訳語が定まりきっていないような、
比較的新しい技術で、試してみると良いことあるかもです♪




「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、6月中旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュール、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいね。

調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会











0 件のコメント: