ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/10/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/09/19

急ぎで会議資料を作るとき。


Rob Bates

今日は自己最高速度で、

・特許検索して
・データ分析して
・スライド(PowerPoint)も描いてます

なんだろう・・・この感じ

「ふだんはそんな大量にできないけど、
今日だけ、総動員状態で頑張る」みたいなところが、

丑の日のうなぎ屋さん
大晦日のお蕎麦屋さん、っぽいかも。(謎)


なにしろ、
金曜日に打合せをして、
明日には、PowerPointお渡し予定なのです。(きりり)



もしかしたら、
皆さんの身にも

「特許調査して、資料作って、3日後に会議」

って出来事、起こったりするのでしょうか??



急ぎで会議資料を作る、そんな時には・・・


最初に落としどころ、決めてしまった方がいいです。


3日後の会議で、訴えたいこと、決めたい事が先にあり、
「説得力を増すには、どんなデータがあるとよいか?」を考え、
ついでに「(絵的に)どんな表現がわかりやすいか」も想像して

Embed from Getty Images

それに合ったデータを切り出すのがおすすめ。


もちろん!捏造ではなくてね。
「目的に合った切り口」というのも、大切なポイントです。



少しだけ例を挙げると・・・

同じ母集団を使うんだけれど、

・引用文献の数にインパクトがあるのか?
・特許群と、それぞれの権利残存期間が役立つのか?
・主要出願人と、技術要素別の出願数を使いたいのか?
・権利移転の状況に特徴があるのか?
↑↑↑
それぞれ、使えそうな場面が違いますよね?

ですので、



検索する前に

「まず、出願年-件数で、枯れた技術である事を示して」
「次に、技術要素として、何が主流とみられてきたか、を示す。」
「その上で、この技術要素の権利化状況を、
他の技術要素と比較すると”権利の取りやすさ”が言えそう」

・・・という感じに、大まかなストーリーを作っておくと、

最短距離で検索~分析~PowerPoint、ができますし、


もし、時間切れになりそう・・・!になった場合も、
作成の優先順位が付けやすいですよ。



「急ぎで!!」の時こそ「必要な情報は何か」

書き出してみるのもおすすめですよ。
Embed from Getty Images






「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、9月上旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

8月の出張予定9月の出張予定
打合せ日程のご参考に。



講習DVD 先行予約受付中(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: