ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7現在)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2018/01/09

[みじかめ更新] フォーマット


unsplash-logoKelly Sikkema

今日は「みじかめ更新」で!

先日、とある仕事で
2017年の「特許検索競技大会」の関連資料を見せて頂きつつ

「周囲では、進歩性の問題を難しく感じた、という声が多かったように思う」

というお話を伺って、


そ、そうなのか!


と、自分なりに該当の問題を解いてみました。


その過程で感じたこと。


検索っぽくない、といえば
検索っぽくはない問題。
(その問題は、公報内容の読み取りなので、DB検索はしないのです)

それと

一見「論理的に考えさせる」ようにも見えるんだけど
考えてみたら、フォーマット通りの問題かなぁ。とも。


フォーマット、というのは・・・



審査基準「進歩性」(特許庁)
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/tukujitu_kijun_bm/03_0202bm.pdf

の中にある図



「この図、そのもの」とか「条文」で暗記する、というよりは、

・自分なりに口語で説明できる、とか
・具体的な例題をその場で即席で考えて説明するとか
 (目の前にいる人の、得意分野に合わせた例を咄嗟に作る)
・否定しやすい例/しにくい例 の違いを説明できるとか
 (資料Aは使いやすいけど、Bはイマイチ。なぜなら・・・)

・・・なんて事ができると、

「新規性の否定と資料の組み合わせ」を
無効資料調査をする時も、自分なりに使いこなせるのかも?と


そんな気がいたしました。
それでは




「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

ただいま 2月上旬以降 のご報告予定分をお受けしています(1/5現在)
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
電話 0266-79-6709 でどうぞ。

1月の出張予定2月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: