ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *9月10月11月2020年1月の受付は終了しました。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
弊社からのご請求についても、10月以降の納入分より、
消費税率を10%に改定させていただきます。
予めご了承頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018/01/05

[CN]中国ステータス情報 最も詳しい情報源 と INPADOCデータ


unsplash-logoCorey O'Brien
※2018/11/02 追記/編集しました。

こんにちは、サーチャーの酒井美里です。

「中国特許のステータス 一番詳しく確認できるのは?」

2018.01時点で 各種システムを比較したところ

中国特許庁 CNIPA(旧略称:SIPO) の 
中国特許審査照会システム(CPquery)
http://cpquery.sipo.gov.cn/

と思われます。

※2018年秋時点で、ログインの際には
※携帯電話を使用した認証を求められます。
※CNIPA携帯認証の関連記事はこちらです。

以下、備忘録です。

年金納付状況。
タイムラグもほとんどなし。(1ヶ月未満、とみられる)



審査書類が見れるのはもちろん!
+ 再審文書も蓄積されている。


※再審のサイトはここ。検索機能もある。
专利复审委员会
http://www.sipo-reexam.gov.cn/



その他

中国・登録後の審査経過を
INPADOCデータと見比べてみたところ、

INPADOCから読み取れる
「権利満了」の情報、案外(←失礼)ちゃんと入っているな、という印象でした。


2000年頃の中国出願で
INPADOC側では「権利維持」と読み取れるけれど、
「これ、年金払ってなかったりするんじゃないかしらん?」
というものを狙って、CPqueryでチェックしてみたりしたのですが

ちゃんと、年金が支払われている = 権利維持  でした。
※サンプル数少ないです。「酒井が見た範囲では」。



注意点として・・・

EPOデータに入っている
中国特許の INPADOC リーガルステータスデータは
今だと、タイムラグが8ヶ月ほどあるので (2018.01時点)


大量のデータを選別する時は INPADOC系のデータ
正確に判断したいものは CPQuery 

という感じに、使い分けると良いのでは、と思いました。


それでは!


※CNIPA携帯認証の関連記事(2018年11月追記)





■ご案内■

0 件のコメント: