ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度10月11月12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付は10/1より開始します。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 10月の出没予報   → 11月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
10月以降の納入分より、消費税率を10%に改定させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2019/02/13

Google Patents の収録100カ国以上に。収録の見方は? (2019.02)



こんにちは!サーチャーの酒井美里です。

ちょっと久しぶりの更新です。
(年度末、お陰様で忙しくさせて頂いてます。)

さて、今日の記事
タイトル通りですが・・・

Google Patents の収録、一挙に100カ国以上に増えました。

では、収録国は?
収録範囲はどこで確認できる?

を、ご紹介したいと思います。

Google Patentsは・・・ここですね!
https://patents.google.com/


トップページです。
(入力欄の下、ピンクと黄色のマーカーは、酒井の編集です)


黄色の部分には
New! Search for patents from more than 100 countries including Australia, Brazil, Sweden and more
とあります。

オーストラリア、ブラジル、スウェーデンなど、と例示されていますが、
他には どんな国が収録されているか?は

ピンク色の部分
Search and read the full text of patents from around the world.
をクリックです。


このように、収録国がポップアップ表示されます。


2文字の国コードが ギュッ! と詰まっているせいか、
パッと見、100カ国もない感じを受けたのですが (私だけかな?)

ちゃんと数えると 10行×10列 と 5カ国、で
105カ国収録になっています。


こちらの収録国
特許の業務経験のある皆さんには、常識かと思いますが・・・

105カ国で発行された、
すべての特許が
収録されているわけではない、です。
国によって収録漏れがあります。


たとえば・・・

 TH をクリックすると、タイ特許の収録状況が表示されます。
→ 国コード一覧 (WIPO)



で、グラフとか、右側に出る数字を見ると、

1995年~2007年頃に出願(公開)された特許、12件を収録している
とわかります。


なんか・・・テスト的にデータを入れてみました、とか
間違って収録されちゃいました、的なレベルです。。


あっ、もちろん
アメリカ特許など、ほとんど収録漏れのない国も多いです。
割と小規模の特許庁とか、発展途上国に注意されると良いです★




まだ、明記した箇所を発見できておりませんが
たぶん・・・105カ国の収録、
欧州特許庁の「DOCDB」というデータソースを入れたんじゃないかな?と思うのです。

EspacenetのデータもDOCDB+公報データ、でできています。
両者には、かなり似通ったデータが収録されている、ということになります。


今回、Google Patentsの収録が増え、
春には Espacenetも正式にリニューアルされます。
収録データは違うけれど、J-PlatPatもリニューアル予定です。


世界中でデータ流通が進んで、
各データベース、同じようなデータを収録する、となると、
より「使いやすいデータベース」にユーザーが流れるのかな、という気がします。
実際、研究者向けの講習をGoogle Patentsで、というお話も頂いています。
データベース、変革の年になるのかもしれませんね。


特許調査/講習会のお問合せはこちら
※Google Patentsベースの基礎講習も承ります。




■ご案内■


0 件のコメント: