ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年12月度の調査受付中。最短納期12月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2019/12/12

わかった、と わかったつもりの狭間


unsplash-logoMitchell Bryson

知財の仕事に限らず、
おそらくすべての仕事で
「以前とは違う何か」に出会う事が増えている気がします。

知財の仕事なら「新しい技術が登場する」だけでなく
「法改正でルールが変わる」のも、
新しくて、かつ、仕事が進められる程度に「わかる」が必要になりますし、

あまり変わらないように見える仕事・・・
たとえば農業はとても古くからある仕事のひとつですが、
「新しい農機具や資材登場!」とか
「流通の仕組みが変わる」などの影響を受けます。
そして、時間の流れ自体が、とても高速化していると思うんですよね。


そして・・・

特に仕事の場面では「わからない・知らない」を「わかる」に変える行為も
スピードアップしている感があります。
「全然わからない」ままだと、新しい仕事に着手できない事が多々ありますもんね。


今「わかる」に関する本を色々読んでます。
畑村洋太郎さんの「みる わかる 伝える」では


わかるとは
「自分の頭の中に持っている要素や構造と合致するかどうか」で瞬時に判断している。もし事象や人の話が頭の中の要素や構造と一致したときは「わかる」ということになり、一致しないときは「わからない」ということになる。
このような頭の中にある要素や構造を、私は「テンプレート」(型紙)と呼んでいる。
と説明していて、確かにそうだな、という気がします。

そして、理解のパターンを
要素の一致
構造の一致
新たなテンプレートの構築
に分けて説明しており

わからない→わかる  になるプロセスは、
3番目の「新たなテンプレートの構築」になります。




※折り畳みます。


現象の観察を通じて
モデルを自分なりに作り上げて、
それが正しいかどうかを確認する・・・というプロセスを通じて
「わかった」と思えるようになる。



これも経験上、そういう感じなのかな?と納得がいきます。


そうなのですが、
このごろ「その、モデリングするプロセスに問題はないかな・・・?」と思いはじめています。


FACTFULNESS という本の巻末に
ちょうど良い「まとめ」がありました。



ヒトは本能的なものや、一般常識などに惑わされて
思考バイアスがかかりやすいよ、という話がたくさん出てくるのですが、


これ、自分が陥りやすいパターンがあるー!と思ったからです。


特にこういう場面・・・
「全然わからない」ままだと、新しい仕事に着手できない


早く理解しなくちゃ!と、無意識に焦りが発生するのでしょう.
自分の場合は
パターン化しようとする
単純化しようとする

この2つが、しょっちゅう顔を出します。


わかったつもり、は
調査を間違った方向に連れて行ってしまう可能性もあります。
大敵ですよね・・・


気をつけるべき点、もちゃんと示されていて

パターン化本能を抑えるには
・より小さく、正確な分類をすべきではないか?と考える
・分類自体が正しいかどうかを問い直す
・「過半数」に気をつけよう
・好奇心をもち、謙虚になって考えてみよう

単純化本能を抑えるには
・自分の考え方を検証しよう
・知ったかぶりはやめよう
・ひとつの解がすべてに使えるわけではない
・単純なものの見方、単純な答えには警戒しよう

・・・といったことなのだそうです。


好奇心をもって
謙虚になって考える。
そして自問自答。
調査の仕事には、特に大切かな、と思います。


これ↓は好きな「つぶやき」です。


それでは^^








お問合せはこちら

■ご案内■


0 件のコメント: