ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/02/05

[記事紹介] カシオの発明記念館



少し前のLINE NEWS で 
「カシオの発明記念館」というのがあるんだ、と初めて知りました。

創業者の樫尾氏の自宅を開放された施設で、
東京の成城にあるのだとのこと。


カシオの発明とか製品、というと、
みなさん、どんな物が思い浮かぶのでしょう?


私は、G-shockとか、電卓とか? (我ながら・・・ベタですね^^;

あと、昔のテレビCMで流れていた
「デジタルは、カシオ♪」というフレーズが、
メロディーつきで脳内再生されます。


以下、元記事からです。



LINE NEWS内で紹介されていた、更に元記事。


今も動く!歴史的リレー計算機から懐かしの時計までそろうカシオの発明記念館
(C-net)

一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館
(見学の予約は、こちらのサイトから)


C-netのほうには、
展示物の写真も、多く添えられていました。
(記事下の写真ギャラリーに、たくさん入っています。)


C-netからお借りした画像を、2つほど。


世界初の小型純電気式計算機「14-A」、の裏側。
リレーの動きが見やすいよう、透明な板に変更されているのだそうです。
C-netの記事では、動画でも紹介されていました。



子式上計算機、AL-1000。
・・・って、これはつまり、初期の電卓。

今見ると、全然「電卓」って気がしませんけど、
当時は「机に乗るサイズ」って、大変な事だったんですよね?



また、個人的に記事を見ていて楽しめたのは、
建物がとてもステキ だという点。 

らせん階段の上にシャンデリアがあったり、
ドアに嵌め込まれたガラスや金具の細工が、とても綺麗だったり。

成城、というイメージ通り!と、
サイトで見るだけでも、少しキラキラ(?)した気分になりました。



春休みなどの見学に、良さそうですね。(^^)
見学は完全予約制の無料。

こちらのサイトから、予約できます。
一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: