ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月中旬以降】です。(2017/8/17現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/12/26

[つぶやき] いろいろ残念。(ぽつり)



週末の3連休に、J-PlatPatが休止&メンテナンスをおこない。

新機能リリースのお知らせ (PDF。2016/12/26) が出ておりました。



あの件

この前 勝手な希望を述べてみた、固定アドレスの件は、
結局、どんな仕様に・・・?


と、覗きに行ってみたところ・・・



むむむ。
そういう仕様で、リリースされたのねん?


個人的な感想は 「あら、残念。」



もちろん、人によって求めるもの(機能)は違いますよね。

あくまでも 「ワタシは、あら残念、と思った。」 という、”感想” です。(強調)




以下、さらりと感想文。

記事を折り畳みますので、お付き合い頂ける方だけどうぞ。




・・・ごめん、ワタシは使えないや、と思ったポイントは2つ。

「都度発行」 と 「謎の文字列」 なんですけども。




1) URLは1公報ずつ・都度発行しなければならない。


操作手順は 新機能リリースのお知らせ をご参照いただくとして・・・


各公報の「詳細画面」が表示されてから、
画面右上の「URLコピー」ボタンをクリックして、
はじめてURLが発行(表示)されるのですよね?


自分は、Excelの特許リスト上にURLも載っており、
必要な時に、リンク先のデータを参照する・・・という使い方をしたいケースが多いのです。


たとえば、50件分のリストを埋めるなら?

50回、詳細画面を表示して
50回、URLコピーボタンを押し、
50回、表示されたURLを選択→コピーして
50回、Excelに入力する

・・・って事になるんですけどもー (←棒読み


むぅー。それ無理です、ワタシ。(きっぱり)





いやでも、

URLが推測可能な形式なら
Excel側で、URL生成(合成)すれば・・・? って、考えることもできますが、

そうは問屋が卸してくれず。





2) URLに推測不可能(と思われる)な文字列が含まれている。


URL情報、下記のような感じに出力されました。

特開2016-000001のURL情報をコピーしました。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/PU/JPA_H28000001/E3A8021CB36372C3D981A2C3C312984D

(文字色は酒井が編集)

青字の部分は、とっても「推測可能」なのですが

赤字の部分が、もう、もうーーー!(号泣)




という感じなので、

個人的には、ちょっと残念には思うのですが



来年も、弊社と使用DBが異なる※お客様から
「リストに公報へのリンクが欲しい」というリクエストをいただいた時は

Google Patent か Espacenet の固定アドレスを使うしかないわよねぇ? 


などと思い巡らす年末でした。

それでは。



※JPNETをお使いの方には、”JPNET形式の公報URL” をご提供しています。(にっこり
※検索式ファイル (JPNETで読込めるもの) もお渡しできます。
※いずれも、追加出力料金等、いただいておりません。お気軽にお申し付けくださいね!



調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会




2 件のコメント:

otomika さんのコメント...

同感です。
コレジャナイ感があふれています。

酒井美里 さんのコメント...

本当に!
こういうのが欲しかったわけじゃ、ないですよね。