ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年10月度の調査受付中。最短納期10月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2017/01/12

[海外記事] 米国特許の登録件数と○○との関係




毎日、寒いですね。
昔ほど気温は低くないのでしょうが
「やっぱり寒中って、年間で一番気温が低い時期なんだ!」と、納得してしまいます。


今日は「みじかめ」更新で。


米国の知財ブログ Patently-O で見かけた、
Utility Patents for 2016という記事。


毎年(暦年)の米国特許登録件数をグラフ化していました。

一瞬 「累積件数?」 って思っちゃうんですけど、単年度の件数ですよね?これ。


(下記グラフは元記事から。元記事では矢印がアニメーションします!)


すごい右肩上がりというだけでも、驚きですが、
グラフ上の顔写真にも注目!

これは、歴代の長官の顔写真。


在任中に登録件数がグン!と伸びた方
一段落した方
いわれてみると、傾向が出ているような気がしてきます。。


日本だと、こういう状況って
ちょっと見た覚えがないです。
面白い!!





調査のお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: