ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【10月下旬以降】です。(2017/9/25現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/06/27

知能と知性と検索スキル



昨日、特急あずさで新宿に向かいながら読んだ、こちらの本。


人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?
最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
山本 一成
4478102546


とても面白く、示唆に富んでいると思いました。
(2周読みました!)


勢いで、帰りのあずさでは羽生さんの本も読破。
人工知能の核心 (NHK出版新書 511)
羽生 善治 NHKスペシャル取材班
4140885114


そして「これって、情報検索のスキルに関連するなー。」と感じたのが、

知能と知性 の話。
(「名人」を超えた~、の方に出てきます)

現在の人工知能のほとんどは、
「探索」にあたる部分は主にプログラマが書き、
「評価」にあたる部分は人工知能が担当している、とのこと。



これを、PDCAサイクルと比較してみると・・・

人工知能が人間の能力を超えつつあるのは
DOとCHECKの部分。
知能=目的に向かう道を探す能力、ともいえます。


一方、PLAN(目的を持つ)
ADJUST(調整する)は、今の人工知能にはできないこと。
知性=目的を設計できる能力、とも言い換えられます。
※この本では ACT(改善)でなくADJUST、で説明されています。


この「知能」と「知性」、
検索スキルにも、とっても関係してるー!

と気付いたのです。

--------------------------------------------

PLAN
調査目的を解釈し、
「データベースで調べられるもの」に置き換える。
※自分の場合は「部分式単位で狙うもの」を具体的に定義するイメージ

DO
検索条件を作る (ここ、プログラミングに似てますね!)

CHECK
公報や抄録、検索結果を確認する。
(最初の狙い通りに検索できているか?)

ADJUST
狙いに合致するよう、検索条件を調整。
最初の解釈が正しかったのか?も評価し、調整

--------------------------------------------

・・・という感じです。



それで。
「運悪く」というのでしょうか。

私、目撃(?)してしまいました。
※見たというより「聞こえた」だったけど。


くわしい状況説明は、控えさせていただきますが・・・


「・・・もしかしたら、この方は
ADJUST→PLAN が苦手なのかも。。。?」

そう思わされるひとことが、耳に入ってしまいました。(涙


ADJUST と PLAN、といえば
人工知能には当分できそうにない
「知性」の発揮されるエリア。


もしかして、
近い将来「検索補助AI」みたいなものが登場したら・・・?


AIも当分、ADJUST と PLAN は苦手だとすると、
より「使う側の”知性”」が試されそうです。


そんな事を、考えさせられました。





「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、7月上旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

6月の出張予定| 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: