ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/10/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/06/28

[FI記号]「最新版の分類表」の意外なありか



久しぶりに「うわっ!やられたー」と思いました!

最新版の「FI記号」がまとまった、分類表のありか。


今まで当然のように
「それは、J-PlatPatのパテントマップガイダンスよね?」
って思っていましたが・・・

どうやら
今は、違っているみたい!?
(2017.06下旬現在)

なにしろ、サーチャーの毎日に直結すること。
ものすごーーく、衝撃を受けてます。本当に!



J-PlatPatではない、としたら
最新版はどこにあるのか?というと・・・
※折り畳みます。気になる方は「記事の続き」にどうぞ。




以下、2017/06/28時点のお話です。
時間が経つと、状況変わる可能性がある事をお含みおきください。


結論

現時点では、特許庁の分類対照ツールの方が、新しいです。
http://www.jpo.go.jp/cgi/cgi-bin/search-portal/narabe_tool/narabe.cgi




証拠のスクリーンショット (2017.6時点)

J-PlatPat



A61K8/ のページです。
「8/99」までが掲載されています。

ここでは、8/97 と 8/98 の間、にご注目ください。


同じ分類を
分類対照ツールで表示させますと・・・



8/97の下位に、階層がどどん!と増えています。


当然「どっちが正しいのーー?」みたいな気分になりますが

特許庁・FI改正情報
2017年4月付与開始FI改正情報 (Excelファイル)を開いてみると


新設FIのシートに、A61K8/9706以下が
キッチリ記載されているので、


現時点では
分類対照ツールの方が、最新版」という結論で、宜しいかと思います。


----------------------------------------------

もちろん、正確を期するのであれば
年2回の改正時にあわせて
FI改正情報をチェックするのが、正統派かもしれないのですが、


いつ、どの分野を検索する事になるかわからない、ワタシの仕事。
改正情報を見ても、やっぱり全部は覚えきれなくて・・・(←言い訳
ついつい、J-PlatPatに頼って生きておりました。

分類改正から日が浅いときなど
気をつけなくてはいけませんね。(汗)


----------------------------------------------

とはいえ、
技術分野がある程度固定されている方は、
特許庁のFI改正情報、時々確認されるといいかもですね!
一番速く、正確に、改正情報の把握ができます。


私と同様に「分野が固定されない組」の皆様は・・・?
うーん、FI改正情報を見ることはできたとしても、
しばらく内容を覚えておくのって、実際には難しいですよね?
(私だけではない、と思いたいです!>切望)


それでしたら、
「日本特許だけ」を検索すればよい時でも、
一瞬分類対照ツールを見るといいのかも? と思いました。

更新が速そうな分、
J-PlatPatに未掲載の分類更新に気付くキッカケ、になりそうです。


それでは!



「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、7月上旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

6月の出張予定| 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会




0 件のコメント: