ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月中旬以降】です。(2017/8/17現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/06/02

業務設計と時間の流れ



このごろ「調査業務の設計」「どんなタイミングで、どんな調査を行なうのがベストか」といったテーマのご相談が、いくつか重なりました。

調査の種類とタイミングは、
本当に千差万別。

あえてパターン化するならば、
まず、業種による傾向、は、確実に存在しますし、

細かく見ていけば、
企業ごと、事業部ごとの業務フローの違い、
どんな効果を期待するのか(動向調査、出願活動の支援、侵害予防・・・など)
活動するであろう人数、
知的活動の定着度、などなど、も。

そして、本当のところ
「誰が主体で調査をおこなうのか」で、
適した方法も、個別に違ってきますよね。


・・・と、考え始めると、
やっぱり「個別のご相談」になってしまうのでありますが、


今日は、この中で
業種による傾向と調査のタイミングについて、

日ごろ感じている事を、
少しだけ、ご紹介してみます。

※記事を折りたたみます。





弊社は、おかげさまでこの4月から、法人13期目。
会計の台帳を確認いたしましたら、
お客様コードも、300社分を超えておりました。(感激!)

自分たちもちょっと驚いてしまうほど、
幅広い業種のお話を、お聞かせいただく機会があるのですが・・・


その中には「いつも、時間がゆっくり」な業種と、
逆に「とても時間が早く流れる」業種があります。


ビジネスの世界では、とかく「速いが正しい」的な風潮もございますが・・・


私の目から見ると「時間がゆっくり」な業種は、
とても素晴らしく、羨ましく見えます。

----------------------------
ひとつの製品を送り出すのに、数年単位の時間がかかる。

その製品が受け入れられたとき、
10年、20年、それ以上のロングセラーになりうる。
----------------------------

そういった業界、です。


特許調査でいうと・・・
ひとつひとつの開発段階・デザインレビューまでの期間も長め。
段階を踏みつつ、動向調査、侵害予防調査など、
目的別調査をするのも良いと思います。

また、ロングセラーに育つ兆しが見えた時には、
後発の様子を監視するためのSDIもおすすめです。



それとは真逆で、時間の流れがとても速い場合は



正直、調査のタイミング設計が、比較的難しいのです。

たとえば、普段のお仕事の流れが・・・

----------------------------
営業担当がお客様に提案をして、
「いいね!」と言われたら、すぐ設計に入る。
納品はだいたい半年後が多い。
----------------------------

という感じですと、どうでしょう?


話が速すぎて、特許出願もままならない。
設計が忙しすぎて、イヤそうな顔をされたり。

気が付いたら、リリースされていた。

侵害予防「やらなくちゃ」とは思うんだけど、
リリース前にできた事がない。


・・・って事にも、なりそうですよね。

これですと「じっくり」「色々な調査」は、現実の事業に合わないです。
出願も、権利侵害も気になるけど、
すぐ、現実にできる事はひとつだけ。
そんな風になりやすいです。


やはり・・・
企業や事業の「固有の時間の流れ」に合わせると、
現実的に役に立つ調査、も、組立てやすいかと思います。


気が付いたら、びっくり!今日は金曜日。

みなさま
よき週末を。





「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、6月下旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

6月の出張予定| 7月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: