ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/11/20

[JP] 従属項中の語句を検索する小技 (商用DB)



こんにちは、酒井です。

先週金曜日は「特許調査の基本とその評価」講座でした。
今日は、講座で頂いたご質問からお送りします。

社内でSDI調査を行っていますが、毎月の配信件数が多いのが悩みです。

「除外したいキーワード」があって、
除外キーワード独立請求項に入っていれば、無関係。(見なくてよい)
・しかし、除外キーワード従属項に入っている場合は、見なければならない
(独立項が広い可能性もある。無関係とは言い切れない)

独立項/従属項って、検索で分けられるものでしょうか・・・?


これ、たしか
IPC(国際特許分類)の 第一分類(筆頭IPC)/それ以外
に関連してのご質問だったと記憶しています。


商用データベースですと
IPCには "第一分類" と "それ以外"という属性があって
検索する事も可能なのですが・・・


請求項の検索で、独立項/従属項を区別できるデータベースって、
私は、見かけた記憶がありません。

それで・・・

-------------------------------------------
検索項目としては、
独立項/従属項の区別は難しいと思います。
-------------------------------------------

とお伝えしたのですが、次の瞬間


ん?
ちょっと待ってーーー??
それ、検索できるかも!!

とひらめきました。


結果を言いますと
近接演算のできるデータベース」
なら、独立/従属は区別できそうです。


さて・・・どうしたら検索できるでしょう?
「区別できたら便利そう」と思った方は、
ちょっと立ち止まって、考えてみてくださいね。
ヒントは近接演算ですよ^^


「答え」は記事の続きからどうぞ。




検索の方法

「請求項」を対象に「一文章内に2つの語句を含む」近接演算。

検索する語句のペアは
”調べたいキーワード” と ”請求項” 

※JP-NET/NEWCS系は、この方法で検索できました。
※他社システムは挙動が違う可能性があります。動作検証してどうぞ。


検索例



-----------------------------------------------
// 2017年11月発行の 公開系公報のみ
HCL=記録媒体 // HCLは「クレーム中の語句」
VCL=#2 AND 記録媒体 & 請求項 // VCLは「クレーム内の近接演算」。#2の集合に対し[記録媒体][請求項]が一文章中(順不同)   ※従属項がヒット
T=#2 NOT #3 // 差分確認用  ※独立項がヒット
------------------------------------------------

・・・のように検索しますと

それぞれ、下記のような公報がヒットします。

式#3(従属項)




式#4(独立項)



-------------------------------------
この検索を成立させているポイント
-------------------------------------
1)請求項は「ひとつの文章」でできている
2)従属項には「請求項○に記載の~」というフレーズが含まれる
3)【 】(隅付き括弧)内の 【請求項○】の文字列は、
 ハイライトされるが、実際には検索対象になっていない。
 従って、近接演算にも影響しない。
 (JP-NET/NEWCSの場合、です。)
-------------------------------------


役立てて頂けそうな方、
どうぞ拾って行ってくださいませ。
※他システムをご利用中の方は、検証もお忘れなきよう!



それでは、
よい1週間を。






「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、12月以降のご報告予定分を受付けております。
調査のお問合せはこちらのフォームまたは
電話 0266-79-6709 でどうぞ。

11月の出張予定12月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




講習DVDが出ました(日本パテントデータサービス

JPDS知財研修用DVD Vol.1 プロモーション

JPDS知財研修用DVD Vol.1 「仕事に活かす特許情報の収集-これだけは知っておいてほしいこと-」(酒井美里講師)のプロモーション動画です。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: