ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2018/03/27

Google Patentsから判例DBへのリンク。と 検索機能の合わせ技。


unsplash-logoBreather

みなさま!知ってましたか!?
#騒ぐほどのことではない、かもしれませんが。


ワタシは、最近気がついたんですけど・・・

Google Patentの検索結果に。
↓↓↓


訴訟・判例情報(darts-ipへのリンク)が
入るようになっていたのですね!? (私はビックリしました。かなり。)

 ※ 上記のレコードはこちら → JP2006508952A



それでですね、
訴訟データがないケースでは、
このリンクは入っていないのです。


必然的に、
リンクがある = 何かあるんだな? 
の目安になりそうよね? と思いはじめたのです。

ですが、


ざっと見たところ、
Litigationのリンクがあるデータは少数派のようで
(↑それはそうですよね)


毎度ながら 気が短いワタクシ。
「これ、一網打尽で察知する方法はないのかしらね?」
と、思いはじめました。(笑)


あれこれトライしてみた結果・・・
#記事を折り畳みます。





完璧!とまでは言えないものの、

偶然「Litigation」のレコードに出会うよりは、
効率がいいかな、と思えたのは、下記の方法





"from darts-ip" "キーワード" site:patents.google.com

→ 検索結果にリンク


”キーワード” の部分は、テクニカルタームを入れるのがおすすめです。

と、いいますか、

企業名を入れるとうまくいきません。
引用文献中の企業名を拾ってしまいます。残念!
([Assignee:企業名]  に入れ替えても、うまく動作しませんでした。)



さて、冒頭のサンプルデータ
JP2006508952A

ここから darts-ip のページに飛ぶと
「地域」と「種類」だけが表示されます。


この例ですと、番号は「JP2006508952A」なのですが、
画面では EUROPE に 1
欧州で提訴されている、ということですね。
つまり・・・表示がパテントファミリー単位になっている、ということのよう。


手軽に使えて、
パテントファミリー単位で
「何かあるな?!」と察知できるのは便利ですね。

それでは!







■ご案内■

0 件のコメント: