ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【6月下旬以降】です。(2017/6/2現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 6月の出没予報   → 7月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2012/08/17

分類選びはFI記号から。そして【絶対】IPDL ~基本の検索スキル8

photo credit: FotoRita [Allstar maniac] via photo pin cc

特許検索の初級講座、内容の全貌を書いてみるシリーズ、8回目です。
今回は「試し検索の結果から、分類選択に入る」部分です。

シリーズ6回目のおさらいをしますと・・・
「試し検索の結果一覧をザッと見て『だいたいよし』と思えたら、FI記号の傾向も眺めておく」のでしたね。
ということで、この段階でまず選ぶのはFI記号です。
本来は、要約・図面や書誌情報全体を見て、必要/不要を判定するのですが、
この記事では、説明をシンプルにするために、
6回目で登場した「FIと発明の名称」の絵で、進めます。
(・・・詳細情報、見なくていいって事ではありません。お間違いなきよう!)
上の図で「お茶」「茶飲料」に関連しそうな情報を眺めます。

FIを見る際は「メイングループでまとめられるかな?」という見方をすると、続きの作業がちょっぴり楽になります。

上の例ですと、
A23F 3/06 と A23F 3/16 が使われているな〜 ←これはサブグループ。
という風に見えますので、

「分類表はA23F 3/ から見てみよう♪」←メイングループ
と、なります。

で。分類表。

特に、商用データベースをご利用の方ですと、
データベース内に分類表を搭載しているケースが多いかと思いますが、

分類表は【絶対】にIPDLのパテントマップガイダンスがおすすめ!です。
理由は、FI記号とFタームの関係がわかりやすいから。
 (FIとFタームの話は、次回に!)

パテントマップガイダンスの操作説明は、
省かせていただきます。(ごめんなさい!)

FI記号=A23F3 で、FIハンドブックの内容を確認します。
※クリックで拡大します。

たとえば「A23F 3/16、当たってる(←ここ公報の内容も見るのですよ〜。但し、大量に見る必要性はありません。普通は数件でいいかな・・・) 公報でよく付与されてるけど、これって「茶の抽出物」か。なるほどね!

・・・といった具合に

「なるほどね!」と思える内容の分類を、選んでみてください。

技術分野によっては、1件の公報に多くのFIが付与されていて、迷ってしまう、というご質問が比較的多いのですが、


「その公報」の内容を分類するためには、多くのFIを付与する必要があるけれど、
「自分の調べたい内容」に対して、全部のFIが必要か・・・?というと、それはまた別問題、と考えると、シンプルになる事が多いと思います♪


特にこの「初級講座」の段階では、まず、
「なるほどね!とピンとくる内容の分類」を選べるようになること、を重視してみてください。




・・・ということで、夏休みが終わり、連載再開しました。
引きつづき、よろしくお願いいたします。

休み中の様子はのちほど!
# ちなみに、長野県から一歩も外に出ていません(笑)。他県は、なんか暑そうでしたので・・・


photo credit: MikeAncient via photo pin cc



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: