ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年11月度の調査受付中。最短納期11月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2012/08/17

分類選びはFI記号から。そして【絶対】IPDL ~基本の検索スキル8

photo credit: FotoRita [Allstar maniac] via photo pin cc

特許検索の初級講座、内容の全貌を書いてみるシリーズ、8回目です。
今回は「試し検索の結果から、分類選択に入る」部分です。

シリーズ6回目のおさらいをしますと・・・
「試し検索の結果一覧をザッと見て『だいたいよし』と思えたら、FI記号の傾向も眺めておく」のでしたね。
ということで、この段階でまず選ぶのはFI記号です。
本来は、要約・図面や書誌情報全体を見て、必要/不要を判定するのですが、
この記事では、説明をシンプルにするために、
6回目で登場した「FIと発明の名称」の絵で、進めます。
(・・・詳細情報、見なくていいって事ではありません。お間違いなきよう!)
上の図で「お茶」「茶飲料」に関連しそうな情報を眺めます。

FIを見る際は「メイングループでまとめられるかな?」という見方をすると、続きの作業がちょっぴり楽になります。

上の例ですと、
A23F 3/06 と A23F 3/16 が使われているな〜 ←これはサブグループ。
という風に見えますので、

「分類表はA23F 3/ から見てみよう♪」←メイングループ
と、なります。

で。分類表。

特に、商用データベースをご利用の方ですと、
データベース内に分類表を搭載しているケースが多いかと思いますが、

分類表は【絶対】にIPDLのパテントマップガイダンスがおすすめ!です。
理由は、FI記号とFタームの関係がわかりやすいから。
 (FIとFタームの話は、次回に!)

パテントマップガイダンスの操作説明は、
省かせていただきます。(ごめんなさい!)

FI記号=A23F3 で、FIハンドブックの内容を確認します。
※クリックで拡大します。

たとえば「A23F 3/16、当たってる(←ここ公報の内容も見るのですよ〜。但し、大量に見る必要性はありません。普通は数件でいいかな・・・) 公報でよく付与されてるけど、これって「茶の抽出物」か。なるほどね!

・・・といった具合に

「なるほどね!」と思える内容の分類を、選んでみてください。

技術分野によっては、1件の公報に多くのFIが付与されていて、迷ってしまう、というご質問が比較的多いのですが、


「その公報」の内容を分類するためには、多くのFIを付与する必要があるけれど、
「自分の調べたい内容」に対して、全部のFIが必要か・・・?というと、それはまた別問題、と考えると、シンプルになる事が多いと思います♪


特にこの「初級講座」の段階では、まず、
「なるほどね!とピンとくる内容の分類」を選べるようになること、を重視してみてください。




基本の検索スキルシリーズ一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: