ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *9月10月11月2020年1月の受付は終了しました。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
弊社からのご請求についても、10月以降の納入分より、
消費税率を10%に改定させていただきます。
予めご了承頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

2012/12/03

試し検索と「見極め」~数字で見る検索業務5

photo credit: thebristolkid via photopin cc


数字シリーズ5回目です。

試し検索 = 分類特定用の検索、が、うまくいっているのか?イマイチなのか。


その見極め、私は単純すぎるくらい単純。


検索して、
該当特許のリスト (番号・発明の名称、の一覧とか) が表示されますよね。

それを見て・・・





「あ、なんかハズレかも。」 と思ったら、
1秒で却下。


これだけは、本気で1秒です・・・(笑)


あっ、その場で解析はしますよ。


「これで分類特定できる・・・はず」 と、試し検索をして、
結果、ハズレだという事は、
必ず理由があるので、
外してしまった原因は、解析してます。
(次回は、失敗しないように。)

でも、解析時間も30秒か1分かな。
ちょっと見れば、ハズレの原因って大体わかりますし。。



それから・・・
ちょっと、辛口な事を書きますね。

ハズレの検索式って、
部分的に変えてみたりしても、
軌道修正できない事が多いです。

言い換えると、
うわっ、ハズレだ!  と思ったら、
その検索式は、捨ててしまった方がスムーズなのです。
# だから、私も1秒で却下してます。


それより、
検索設計を見直した方が、
結局は、素早く軌道修正できると思いますよ~(微笑)




「数字でみる」 シリーズ   一覧はこちら








■ご案内■



0 件のコメント: