ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2012/12/06

[雑記的Q&A]日本でのIPC、中国特許調査に使える?使えない?

photo credit: Double--M via photopin cc

ええっと、%タイトル%通りです。
今週の講習会で、

「ある技術テーマについて、調査をしたいです。
日本特許の調査はほぼ終わっていて、IPCもほぼわかっています。
このIPC、そのまま中国特許調査に使えますか?」

というご質問を頂きました。

技術部門に所属されている方、だったと思います。

「各国特許庁の分類付与状況と運用」
・・・な〜んてお話をしては、かえって遠回りかも?と思い、

咄嗟に口から出てしまった説明は。
「あの・・・昆虫図鑑、ってありますよね?」

知財研修っぽくない展開にお付き合い頂ける方は、
「記事の続き」からどうぞ。
    ※虫が苦手な方はバックオーライ!でお願いします。


国際特許分類表、って、世界共通の分類ですが、
あれって「図鑑」みたいなものです。

判断する人次第、ってところがあるんですね。

目の前に、虫が1匹いて
photo credit: cotinis via photopin cc

同じ図鑑を持っていて
photo credit: Double--M via photopin cc


両者の条件は同じです。


でも、
虫に詳しくて、マメな人が見ると
・・・ノコギリクワガタ、オスですね!(キリッ)
※先ほどの画像とはたぶん一致してません。見逃してください。

そうでもない人が見ると
「ん〜?キバが2本あるから、なんかクワガタ虫?(←あ、アバウト〜)
「えっとえっと、色が似てるからミヤマクワガタ?(←残念。違います。)

・・・っと、判断が分かれる可能性、大いにあります


日本の特許庁と中国の特許庁も、
そんな感じになってる、と思ってください。
※ 私の説明もアバウトなり。あははは〜

同じ「IPC」って分類を採用してはいますが、
多くの技術分野で、
日本の特許庁は、ちょっと細かめ = 「ノコギリクワガタ」って判定する人。
                      ※FIとの対応関係もばっさり端折って説明。ご容赦を〜。
中国特許庁は、一般的に粗め、です。 =「なんか、クワガタ虫?」的な感じ。

検索する場面でいうと、
日本的感覚を持ち込んで
「ノコギリクワガタに分類されてるものーー?」って検索しても、
いまいちヒットしなくて、
「クワガタ虫全般〜?」って調べたらたくさんいた!なんで−−−?
って状況が生まれがちです。

ですので、最初はちょっと手間ですが、
「日中では傾向が違うかも?」というつもりで、
中国で実際に使われているIPCを観察されて、
傾向を掴まれると、いいと思いますよ♪


以上ですっ。
お粗末様でしたーー



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: