ヘッダーメニュー

News

【夏季休業のお知らせ】 new 
 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

 【休業期間】2017年8月11日(金) ~ 2017年8月16日(水)

 休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
 お願い申し上げます。

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月上旬以降】です。(2017/7/27現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2013/08/30

[検索コラム][JP]昭和40年代の古い公報から、FI、Fタームを突き止めるには。 [過去記事]


Acorns / Source : Pinterest


※こちらは旧・アメーバブログの過去記事です。
2010-09-29 14:03:40

[JP]昭和40年代の古い公報から、FI、Fタームを突き止めるには。


テーマ:├日本 :: JP
こんにちは、酒井です。

講習会で、Fタームを説明すると、
「Fタームは、どの位古い公報まで付与されていますか?」
というご質問を、よくいただきます。

答えは・・・

「1)遡及付与が完了していて、
 かつ、
 2)該当技術の公報があれば、

古~い公報でも、分類が付与されています。」


たとえば・・・

ここに、昭和4年の公報がありますが、



















この公報は、






「信玄袋」 のFタームで、みつけてきました。 
もちろん、明治、大正の公報も、Fタームでちゃんとヒットします。
IPDLの「特許分類検索」 で検索できます。)


ところで・・・

皆さんおなじみの IPC (国際特許分類)のスタートは
1970年(昭和45年) ですが、

1970年頃の公報、
 「そういえば、じっくり見た事はないかも・・・」
 「最近見なくなったけど・・・どうだっけ?」
という方が、多いかもしれないですね。

※私も 「最近見てない組」 です。ahaha;* 

ということで、

古い公報は、こんな感じです。
IPCなんて 「A45C」 と書いてあるだけ。(驚)











で・・・・・・
IPCの横に、見慣れない記号がありますよね。

日本分類






国際分類がなかった昔は、
「日本分類」が使われていました。

実は、最初の「信玄袋」な公報にも



















番号の下に、
第百二十四類 九. 手提袋 の文字が。 (縦書き!?)


旧・日本分類の分類表、
私も、ネット上で少し探してみたのですが、
発見する事はできませんでした。(残念)

唯一、自分のハードディスクに、
こんなメモ書きが残っていただけ・・・ですね。
(階層構造?というか、雰囲気を感じていただけるかと。)















さて、日本分類、
中身がちょっと気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

冊子体(紙)の分類表としては、
過去に

・ 発明及び実用新案の分類表
―昭和23年1月改正 昭和37年1月改訂 (1961年)
・ 国際特許分類〔IPC〕第3版と発明及び実用新案の分類
〔日本特許分類(JPC)〕との対照表 (1979年)

などが発行されており、
よーーーく探すと、古書なども出回っている模様です。

あと、各地の図書館、発明協会などでも、
所蔵している事がありますよ。

・・・・なーんて話を、長々としていたのは、

先日、

「古い公報が引例で挙がったのですが、
”日本分類時代" の公報でした。
これ、FIやFタームを確認する方法はありませんか?」

という、ご質問をいただいたからなのです。



たとえば・・・こんな公報が手元にあったとします。
公報番号は、 「実公昭40-035835」



















・・・ この出願に付与された、
FIやFタームを知りたいんですよね?


うーん・・・。


・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・



昭和39年出願、40年公告、ということで、

・ たぶん、パトリスには収録されていそうだけど・・・?
・ その他の商用データベースだと(昭和40年、と古すぎて)難しいかも。
・ IPDLで番号照会しても、分類情報は確認できない。

という感じですね。

もし、無料のデータソースで探すならば、
Ultra Patent (https://www.ultra-patent.jp/) は、
比較的古い特許のデータが揃っています。

さすがに、昭和40年公告は無理でしたが、

昭和45年の公告なら、この通り!



何かのお役に立つことがあれば。

別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。

0 件のコメント: