ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/11/10

Japio YEAR BOOK 2014にて、原稿が掲載されました



酒井です。
Japio YEAR BOOK 2014にて、拙稿が掲載されました。
Today's photo |Internet Tea Time BY VIKTOR HANACEK

Japio様のWeb版には、これから掲載と思われます。


タイトルは、

情報認知面からみた検索者のためのセルフチェック」
-検索行為の社会認知的適合性と言語的知覚の側面から-


Japio YEAR BOOKということで、
意識的に堅めのタイトルつけました。(笑)


が、メインテーマは「検索者のためのチェックリスト」。


自分だけが「良い」と思う検索結果ではなく、
依頼者が「うん、いいね!」と喜んでくれるような検索をするには、
どんな視点が大切か・・・? と考えてみると、

自分以外の目線を入れること
自分の目線そのものを、意識的に変えていくこと

などが大切かなぁ。。 と、常々思っておりまして。

そこで、
日頃から心がけている事、練習法、発想の切り替え方・・・など
こちらの7項目、にまとめてみたもの、です。

1.検索結果は誰がどう使うのか、最終段階まで追ってみよう
2.依頼者に憑依するつもりで、ヒアリングしよう
3.調査観点の数と広さを意識しよう
4.土地勘を促成栽培してみよう
5.ズバリの分類、1個だけ選ぶ練習をしよう
6.キーワード検索の軌道修正をしよう
7.検索スタイルを思い切り変えてみよう

7項目の詳しい内容は・・・

特許情報フェアで、
例の青くて厚いをゲットされた方は
174頁をご覧下さいませ。
  (お時間あるときに、ぜひ!)

厚い本をゲットされてない方は、
あとしばらく経つと、
Japio様のWeb版に掲載があると思いますので、
私も、気が付いたらご案内させて頂きます。

よろしくお願いいたします。



別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: