ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/11/06

[自分メモ] 日本の図書館リンク集



おはようございます。

上記の画像は、先日仕事で(←ここ強調、笑) 利用させて頂いた、
信州大学付属図書館 ・ 農学部分館 へのアプローチ。

説明がないと、どこの山道?って雰囲気ですよね。


製本された所蔵雑誌バックナンバー。。


時代の流れ、なのでしょうか。
一般開放・地域開放をしている大学図書館が増えている、と感じます。

学外者が入館できる大学は、年々増えていますし、
蔵書の貸し出しを行う館も、珍しくなくなりました。


自分メモを兼ねて、図書館リンク集を貼っておきます。



● 市民利用可能な大学図書館 (創価大学付属図書館)

全国の国公私立大学を網羅。
利用方法の一覧も見やすく、2014年に更新もされていて、おすすめ。

● 日本図書館協会 | 図書館リンク集

公立図書館/私立図書館/大学図書館/国立図書館 を広く網羅。

● 公立大学協会 | 付属図書館一覧

公立大学に限られているのが「惜しい!」んですが、
大学別・利用方法の一覧がわかりやすいです。

● 通年で高校生に図書館の一般開放を行っている大学まとめ (しぶろぐ)

自習室的に利用できる大学図書館、を目的で情報収集されたもの。
・・・公立図書館の学習スペース、混んでいるときがありますものね。

● カーリル 蔵書検索

私の大好きなカーリル(笑)。仕事でもプライベートでもよく利用してます。
日本最大、6000館の蔵書を横断検索できる、すぐれもの。

● CiNii Articles ~ 日本の論文をさがす

論文誌などは、カーリルよりこちらが探しやすいかも。
所蔵大学を突き止めて → 一般開放している大学図書館に閲覧に行く、の流れ。


番外

 専門図書館と博物館

当ブログの記事。企業系/産業系の図書館や博物館のリンク集です。
博物館内には、図書館リンク集等に載っていない「図書室」が存在することも。。



今日はひとまずここまで。(いつか、追記するかもしれません。)




おすすめ
EPO特許情報普及活動セミナー
大阪 11月10日(月) | 東京 11月11日(火)
当ブログでの記事はこちら


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: