ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2014/12/25

[自分メモ] 米国・付与後Trialの種類と検索例3種


いつもの自分メモです。

ブログ|米国知的財産権日記 さまで、
IPRの調べ方 の記事が上がっています。

・・・タイトルだけ見た瞬間、
「へ?Intellectual Property Rights?」と、
ボケてしまったのは、ここだけの話。(笑

知的財産権、じゃなくて、
Inter Partes Review (IPR) のほうですよね。


同じく、米国知的財産権日記さまでは、
これまでにも、IPR関連記事がいくつか↓アップされてます。
・ IPRの調べ方
・ やっぱりIPRは人気らしい
・ 大人気のIPR

Today's photo | Christmas lights by Alexandru Chițu on 500px

更に・・・記事 「大人気のIPR」からの引用です。
最近、お問い合わせが多いのはなんといってもInter Partes Review(IPR)です。
IPRは2011年9月16日に発効したthe America Invents Act (AIA)で
これまでの当事者系再審査に代わるものとして提供された手続です。

<中略>

IPRを申し立てたい人は以下の要件を満たすことが必要です:
• 無効のベースとなる先行技術が文献または特許であること
• 対象特許の侵害訴訟を過去1年以内に提訴されていないこと
• 対象特許について無効確認訴訟を提訴していないこと
• (2013年3月16日以降に出願された特許の場合)登録から9ヶ月超経過していること

と、いうことなんですが・・・

AIAで導入された付与後のTRIALって、
他にも何か種類があったような、なかったような? ←もしもーし?ありますよー!


記事の続きから、
・ AIAで導入された、付与後のTrialの種類
・ 調べ方 & 検索して気が付いた点  です。





AIAで導入された、付与後のTrialの種類



1) IPR( Inter Par tes Review) :当事者系レビュー
2) CBM(Covered Business Method ) : ビジネス方法特許レビュー
3) DER(Der ivat ion) :冒認手続
4) PGR(Post Grant Review) :特許付与後レビュー

1)及び2)については、2012 年9 月16 日の施行日から即適用。
3)、4)については、2013 年3 月16 日施行日以降の特許出願に付与された特
許について適用されます。 (出所・JETRO資料

4種類あるのですが、1)のIPRが大人気、ということなのですね。


JETROの資料によると、
USPTO の審判部によれば、これら新しいTr ial の2014 年7 月17 日時点での申請総件数は、1716 件であり、内訳は、1)IPR:1516 件、2)CBM:194 件、3)DER: 6件、4)PGR: 0件である。
申立の受理から12 ヶ月以内に結果を出すことが義務付けられている。
・・・3)、4)には出願日の制限があるので、件数も限られるかとは思いますが、
本当にIPRは大人気のようです。


USPTOには、DERを除く3種類の比較表も。
Major Differences between IPR, PGR, and CBM

拡大表示/元データはこちら。(USPTO・PowerPoint)



調べ方 & 検索して気が付いた点


記事|IPRの調べ方にも紹介されている通り、

IPRを調べるには、USPTOの専用検索フォームを使います。

こちらが、そのフォーム
https://ptabtrials.uspto.gov/



・・・あのですね。この検索フォーム、

Public PAIR とか、Assignment Web とか。
その手の、名前すらついていないんですよー!


驚きのそっけなさ。


おほん。
それは、まぁいいや。


調べ方 - 勝手に検索例 -

検索例1|2014年分のIPRについて調べる

IPRの調べ方でも紹介されていた例です。


2014年分なら、Case Number に IPR2014 と入れます。


・・・とまぁ、単純なことではあるのですが、


こういうのはどうでしょうか?
今日は、2014年12月25日なのですけど・・・IPR2015で!



なんと!

まだ年が明けていないのに、
IPR2015、案外たくさんあるのです

リストの最後まで確認しましたら、
2014/12/25現在、既に505件入っておりました。。
※あぁ、なんだか謎が増えてしまいましたよ。。



そこで、次の検索例。


検索例2|IPRを、Filingされた期間を指定して調べる


フィルタ機能を利用し、2段階で検索します。



1回目 → 上の段(Search)を使用。
IPR、とだけ入力して Search。

一旦結果が出たら

2回目 → 下の段(Filter)を使用
この例では、Filing Date で絞り込みをかけています。


こちらの方法ですと 「Filing Date基準で1年分」が調べられます。



検索例3|当事者名で調べる

検索例2と同じで、フィルタを使います。


1回目 → 上の段(Search)を使用。
201、とだけ入力して Search。

※この方法、「201」で、2010~2019が拾えます。
※IPRもCBMも、まとめて出てきますのん。(^-^)v


一旦結果が出たら

2回目 → 下の段(Filter)を使用
この例では、Party Name = Apple でフィルタリングしています。


こうすると
2010年台のAppleが関連したTRIALは一網打尽、になります♪



最後に、検索結果の表示のこと。


検索結果一覧から、Case No. 付近をクリックすると、
詳細表示で、申立ファイルの中身が閲覧できます。

提出した証拠が、全部閲覧できるのが特徴的だと思いました。
画像はクリックで拡大します。



また、該当の特許番号をPAIRで確認したところ、
Trialの履歴は載っているのですが、証拠等の閲覧はできませんでした。



ふーむ。。。

PAIRなどで検索していて、
偶然「TRIAL」に遭遇したら、
TRIAL用の検索フォームに急行せよ! って事ですねφ(・-・



相当長くなりましたので、このへんで。





別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

0 件のコメント: