ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2014/12/15

[Tips] 米国の提訴情報を調べる ~ 省力化への道(1)




自分メモです。

米国の特許訴訟情報は提訴段階からネットで検索可能です。
日本とは、ちょっと事情が違います。

まず、有料のサービスではありますが・・・

PACER(Public Access to Court Electronic Records)
https://www.pacer.gov/

というのがあります。
ドメインでもわかる通り、連邦政府の運営するサイトです。
本家本元、と言って良いと思います。

こちらで、進行中のものも含めて裁判の経過がわかります。
但し、利用は有料&事前登録制です。
※私・・・事前登録のところで挫折しました。(恥




次の項目からは、無料で・気楽に利用できるもの。


● 既に判決が出ているものを検索

これはたくさんあるようですね。
自分がお気楽に使っているのは

Google Scholar (英語版)
http://scholar.google.com/

日本版ではなく、英語版、というのがミソ。(かな?)



Case law を選択し、検索します。


でも・・・きっと、

「判決が出たものではなく、
今、誰が・どこで・誰を訴えているのかを知りたい。」

という方が多いかもですね?


● 提訴段階の情報を検索


こちらも、探すと色々あるようなのですが・・・
メジャーなのは


JUSTIA
http://dockets.justia.com/


ではないかな?と思います。

訴状は見れませんけれども (←訴状を閲覧したければ、PACERになります。。)

「いつ・誰が・どこで・誰を」までの情報で良ければ、
検索が可能です。


あっ、長くなってきたので、一旦折り畳みます。

※ 記事の続きにはJUSTIAで調べる初歩的なコツと、
※ もうひとつ、別のサイトの紹介を載せています。

Today's photo | And Justice for all... by Laurais Arts on 500px





JUSTIAは、日本でいえば民事訴訟法・刑法・商法・・・みたいな具合に
あらゆる裁判情報が収録されていますので、

例えば「最近の、特許に関連する提訴情報」なら、こんな風に。

Type を Intellectual Property の Patent に。
日付 は適当に、最近1ヶ月以内。

といった具合に設定すると、膨大な結果にはならず、
最近の提訴情報だけを調べられます。


Typeの選択肢から
「Intellectual Property」 全体を選ぶこともできます。



これですと、著作権と商標も同時検索されます。



そして、もうひとつ別のサイト。


Patexia RESEARCH > Lawsuits
https://www.patexia.com/ip-research/lawsuits


こちらの情報は、特許訴訟に特化されています。

当事者名やキーワード、
日付などで検索が可能です。

また、下記画像のように、最近の提訴情報一覧が表示されているのもポイント。


ウオッチングが目的でしたら、
JUSTIAで毎回検索するよりも、
Patexiaで、当事者名と日付だけを確認する方が、ずっと簡単ですよね。

※参考情報として・・・今日、2014/12/15時点では、
※JUSTIAとPatexiaの収録データは同等、と確認しました。


しかしです!

「毎回Patexiaに見に行くのだって、
 忙しいときは忘れちゃうよね?」

と思った私。。。
(どれだけ忘れっぽいんでしょう。。)


ここで、あと一歩楽をする方法、思いつきました!


続きはこちら → 省力化への道(2)



※2016/05/30追記

最近は、提訴段階でより多くの情報が無料入手可能になってきています。
こちらの当ブログ記事も、あわせてご参照ください。




TIPs シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



2 件のコメント:

とくさん さんのコメント...

質問があります。

ここに書かれているサイトでは、ITC訴訟も含めて調べることができるのでしょうか?

会社の先輩から Thomson Inovationで調べる方法を教えられましたが、TIのデータベースはITC訴訟を含んでいません。

最近増えているITC訴訟を含めて調べたいので、よろしくお願いします。

Smartworks さんのコメント...

コメントありがとうございます。
ITCの調査命令検索でも大丈夫でしょうか?

こちらから利用できます(^^)
http://pubapps2.usitc.gov/337external/