ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年7月度の調査受付中。最短納期7月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表


2015/06/29

[EPO] グローバルドシエに米国の経過書類データ収録



先週のEPOのニュースから。

グローバルドシエに、米国特許庁の経過書類データが収録されたとのこと。
これで、五大特許庁の経過書類が揃った事になります。
※メールくださったOさま、ありがとうございました!


下記は、EPOのニュースからの転載です。
(http://www.epo.org/news-issues/news/2015/20150626.html)

Global dossier now extended to include USPTO data

26th June 2015
The EPO has extended the Global dossier service to include file wrapper data from the United States Patent and Trademark Office (USPTO).
The project is an initiative by the EPO, JPO, KIPO, China's State Industrial Property Office (SIPO) and the USPTO, collectively referred to as the IP5 offices, who agreed to make available information produced by each office in a family of patent applications (applications for the same invention filed at multiple offices). The aim is to simplify access to important information pertaining to these dossiers both for users and the public, and to enhance the transparency of the patent system.
The addition of this new data completes the coverage of file wrapper information from the IP5 Offices:
The first EPO Global Dossier was launched last June with European and Chinese dossier content the service was extended to Espacenet in October 2014. Data from Japan and Korea was added in April this year. The information is available free of charge in Espacenet and the European Patent Register.
Today's photo | Unsplash


少しだけ使ってみた感想、記事の続きからどうぞ。



EPOのグローバルドシエ、

以前「ないもの」と思っていた、
日本の審判系経過書類が、
グローバルドシエに少しだけ入っていた事もあり、


今回、米国の収録でちょっと期待していたのは

「公開を経ていない登録特許が、収録されたら良いのに!」

ということ。


ですが、
少しデータチェックしてみた結果、
それは入っていない様子です。むー、残念!


また、Global Dossierの米国特許収録範囲も、
2003年01月以降の出願分限定、という事のようです。




もうひとつ。

EPOのGlobal Dossierに米国特許のデータが入った、ということは、
あちらも同時リリースなのかしらん?とも思いました。


「あちら」というのは、
韓国特許庁(KIPO)One Portal Dossierサービス
http://kopd.kipo.go.kr/


※参考|KIPO OPDの使い方(日本国特許庁)



しかし、KIPOに急行してみたものの、
こちらはまだデータが入っていないようでした。


ただ、サービス開始当初はなかった (と、思う)
米国用の入力エリア、表示エリアができていたので、
「間もなくサービス提供」という事なのではないか? と思われます。



脱線しますが
KIPOのOne Portal Dossier

「Espacenetがあるんだし、別に使う機会ないよね?」と思う方が多いかもしれません。
何といっても、今のところインタフェースは韓国語のみですし。(汗


というか、私自身「別にEspacenetがあれば・・・」って思っていたクチなんですが(笑



One Portal Dossier
使ってみると、意外と便利だな、って気がしてきました。
これは次の記事で。。



ドシエ目次記事はこちら

収録国に関連する目次記事はこちら





■ご案内■



0 件のコメント: