ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年12月度の調査受付中。最短納期12月中旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2015/06/04

「検索の神様」の置き土産を、ちょこっと公開の巻き(1)



「検索の神様」って、誰なのさ?
最近暑いからって、まさかの納涼記事?

と思った方は、こちらの記事も併せてどうぞ。

※上の画像の神社で遭遇した、とかではございません。(笑



・・・そういうわけで、


何もないところから出現した、
折り目ひとつない大きな紙に、
さらさらさら~ と書かれた検索メモ。


もしかして、
気になる方って、いらっしゃいますか?


私がそう思ってるだけで、
誰もいないかな?(^^;


えっと、今日はパーツを1箇所だけ、アップしてみます。

記事の続きから、です。



このお話の前提は
「企業情報と特許情報の両方をリサーチして、
有益な情報を導き出す」 にはどうしたらいいか? 的な事なのですが、


パーツその1

調査の成果について、です。



一般的には「調査目的を確認し、
アウトプットイメージをもって調査をしよう」 とか言いますが、


相手の目的意識は、
通常、
相手が無意識に抱いている「前提や認識」、
この技術はこういうものだ、
今は、こういった企業が業界トップだ、といった、
一種の「世界観」の上に乗っているのですね。


依頼者とサーチャー、
それぞれの脳内にある
世界観と目的が一致していると、
調査は比較的スムーズ。

目的を一致させる事ができても、
案外、世界観がズレていたりすると
「ありゃりゃ?」 って結果になる・・・かもしれません。




なので、初期にある程度
世界観は合わせておいた方が・・・



という事になります。



次回 「パーツその2」 に続きます。(←え?



検索の神様 シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



2 件のコメント:

松岡 茂樹 さんのコメント...

依頼者とサーチャーだけでなく、知財部門と開発部門、研究部門との三位一体でも、果ては経営陣との関係でも同じですね。

Smartworks さんのコメント...

ですね!(^^)


コメントありがとうございます。

「言葉尻では話が合う」と、打合せはできちゃうんですが・・・(汗

実際には微妙~に世界観・認識がズレていた場合、
成果物(ここでは調査結果)が出た時に 「・・・なんか、違ってないかい?」と。

人間ってひとりひとり、全員違う世界観を持ってるので
基本的には「相互の認識はズレる」ものなんだろうな、と、改めて思いました。