ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/11/27現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/06/04

「検索の神様」の置き土産を、ちょこっと公開の巻き(1)



「検索の神様」って、誰なのさ?
最近暑いからって、まさかの納涼記事?

と思った方は、こちらの記事も併せてどうぞ。

※上の画像の神社で遭遇した、とかではございません。(笑



・・・そういうわけで、


何もないところから出現した、
折り目ひとつない大きな紙に、
さらさらさら~ と書かれた検索メモ。


もしかして、
気になる方って、いらっしゃいますか?


私がそう思ってるだけで、
誰もいないかな?(^^;


えっと、今日はパーツを1箇所だけ、アップしてみます。

記事の続きから、です。



このお話の前提は
「企業情報と特許情報の両方をリサーチして、
有益な情報を導き出す」 にはどうしたらいいか? 的な事なのですが、


パーツその1

調査の成果について、です。



一般的には「調査目的を確認し、
アウトプットイメージをもって調査をしよう」 とか言いますが、


相手の目的意識は、
通常、
相手が無意識に抱いている「前提や認識」、
この技術はこういうものだ、
今は、こういった企業が業界トップだ、といった、
一種の「世界観」の上に乗っているのですね。


依頼者とサーチャー、
それぞれの脳内にある
世界観と目的が一致していると、
調査は比較的スムーズ。

目的を一致させる事ができても、
案外、世界観がズレていたりすると
「ありゃりゃ?」 って結果になる・・・かもしれません。




なので、初期にある程度
世界観は合わせておいた方が・・・



という事になります。



次回 「パーツその2」 に続きます。(←え?


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド
特許調査入門―サーチャーが教えるIPDLガイド

2 件のコメント:

松岡 茂樹 さんのコメント...

依頼者とサーチャーだけでなく、知財部門と開発部門、研究部門との三位一体でも、果ては経営陣との関係でも同じですね。

酒井美里 さんのコメント...

ですね!(^^)


コメントありがとうございます。

「言葉尻では話が合う」と、打合せはできちゃうんですが・・・(汗

実際には微妙~に世界観・認識がズレていた場合、
成果物(ここでは調査結果)が出た時に 「・・・なんか、違ってないかい?」と。

人間ってひとりひとり、全員違う世界観を持ってるので
基本的には「相互の認識はズレる」ものなんだろうな、と、改めて思いました。