ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 

📌夏季休業のお知らせ
8月8日〜16日を夏季休業とさせて頂きます。
お問合せいただいた内容につきましては、17日以降、順次お返事致します。
ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期9月上旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表



2015/12/01

[過去記事から] 名寄せの逆!~ 出願人検索のチェックリスト


皆様、こんにちは。サーチャーの酒井です。


午前中は、講習用のデータを作っておりました。


「お題」は
J-PlatPatから、
データを入手して、簡単なパテントマップを作成するというもの。


きっと、
日頃、知財のお仕事に携わっている方ほど

「えっ?そんな事するの?」

って思われるのでは・・・ないでしょうか。



ええ。。
今回ばかりは私も、かなーり やりにくいです。

ええもう、
こんな顔↓になりそうですよ。 もう、ぐれてやりたい・・・(笑


なぜって


たとえばJ-PlatPatの「テキスト検索」だと、
解析に使えそうな項目って

・ 筆頭出願人
・ 公報発行年 (発行日から生成)
・ 筆頭IPC

の3項目しか、ないんですよね。。


「あれ?出願年(出願日)は?」


出願日はですね・・・  (畳みます)





J-PlatPat、テキスト検索の結果一覧。


国際系(公表・再公表)の公報は、
出願日データ、表示されないんです。。


なので、解析対象にしない方が良いかな、と。


そんなこんなで、


何気に難易度が高い講習リクエストに
かな~り困惑しながらも、
作業手順を書いてみたのですけど


マップ作成にあたっては、
こんな罠も隠れておりました。




いわゆる
出願人表記の揺れ(出願人異表記)、というものです。


半角・全角
スペース、中黒
大きい「ヤ」、小さい「ャ」


外国出願人名には、出願人異表記てんこもりです。
。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ひーん!



このまま、Excelに集計させますと
--------------------------------------
エスゲーエル (中略) アクチエンゲゼルシャフト  10件
エスゲーエル (中略) ソシエタス ヨーロピア  2件
エスゲーエル (中略) ・ アクチエンゲゼルシャフト  4件
エスゲーエル (中略) ・ エスイー  1件
--------------------------------------

・・・という具合に、
同じグループ企業なのに、

ば ら ん ば ら ~ ん

な状態になりますので、


パテントマップの下準備は、
揺れのある表記を 「SGLカーボン」 とまとめるような、
「名寄せ」 という作業を行なう事が多いのです。



もし
出願人検索をするなら、
名寄せの逆、の知識を使う事になりますね♪


以前アップした記事から、チェックリストのみ転載です。


1.名義変更が反映されているシステムかを確かめる。
2.新・旧会社名の有無を確認。
3.関連会社をチェック。
4.合併等の履歴はないか。合併前の社名は必要かを確認。
5.譲渡済み特許の情報は必要か。
6.法人格の入力方法について確認。
7.法人名にスペース、中黒などが入る可能性はないか。
8.法人名の異表記はないか。 (海外出願人&漢字のバリエーション等)
9.共同開発先をチェックする必要はあるか。
10.個人名での出願がないか意識する。

ご参考に♡



お問合せはこちらからどうぞ


Today's photo | By Skitterphoto:FancyCrave


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: