ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【12月後半以降】です。(2017/11/9現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度・2018年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。
   2018年度出張講習の新規受付を開始しました。(2017/10/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2015/11/30

「あのベンチャーの事が知りたい」と思ったら。(国内)


こんにちは。サーチャーの酒井です。


先日お預かりした調査で
こんなご依頼がありました。


とある、日本の大学発ベンチャーっぽい?企業

でも・・・
イマイチ、周辺状況がハッキリしない。。


ネットで調べられる範囲は、
あっという間に調べ尽くしたものの、
全く、正体がわからない感じ、ということで

-----------------------------

株主構成や関連企業
共同開発・共同出願先を調べてください!

-----------------------------

とのリクエスト。


むむぅ。。

ベンチャーの株主構成。
これは難しそう。。。

上場企業でしたら、
一般に、有価証券報告書に掲載されているので、
簡単にわかるんですけどね。


で、しばらく考えて

トライしました!

以下は、有料の手段になりますが・・・



東京商工リサーチに、リクエストを出しますと、

そこまで高額でもなく
※「高額」の感覚は、人それぞれかもしれませんが・・・

訪問調査で、聞き取りをしてもらう事ができます。


ちなみに、通常(デフォルト)の調査方法は
直接訪問(依頼元非公開)

これですと、調査先に依頼元情報は一切開示されません。



今まで、
「全く情報なし」というケースもなくて、
使ったことなかったのですが、


この機会に、
「標準納期扱い」で、
直接訪問をお願いしてみたところ、

3週間弱で、レポートが上がってきました。

※最速が「超超特急」で5~7日、です。



もちろん、
レポート本文は、お見せできませんが、


ネットでは、ほとんど情報開示していない
ベンチャー企業ですのに、


ざっと、このくらい↓の項目を、聞き取りして来てくださいました。


創業初年度で、貸借対照表も出揃っていない時期にもかかわらず、
「推定」でデータ入力してくださいましたし、

完全に、とはいきませんでしたが、
当初、依頼元さまからリクエスト頂いていた 「株主構成」も、
保有比率の高い株主は、調べて(聞き出して?)いただく事ができました。



企業情報が揃わない時の最終手段?的な感じで、
覚えておきたいと思います。(微笑)





調査のお問合せはこちらからどうぞ


Today's photo |Chaotic People on Charles Bridge in Prague BY VIKTOR HANACEK | CC0 licence


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: