ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年7月度の調査受付中。最短納期7月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表


2016/03/31

「Espacenetの新データ」 と 収録範囲の確認。(1)


こんにちは。サーチャーの酒井です。

つい先日、
Espacenetに、こっそり(?)新データが追加されました。


「こっそり」というのは?


パッと見、大々的な宣伝はされていないようでして、

Espacenetのトップページを見ても、
2016/03/31現在、アナウンスはされておりません。



何のデータが追加されたのか?といいますと・・・


Advanced Searchの、ビフォーアフターで説明します。




Before  ※以前の記事からの抜粋&編集です。


今までのAdvanced Searchでは


検索メニューの一番上で、
EP または WIPO を選択すると



全文検索が使えるする、という裏技がございました。




はい、今回変わったのは、
この 「全文検索」 の部分なのですが・・・



After


今、Espacenetを開きますと、
Advanced searchは下記のように変わっています。

プルダウンは 従来の EP / WIPO から
言語別の EN / FR / DE に変わり




英語、を選択すると、
全文検索が可能になります。 フランス語、ドイツ語でも同様です。





So what?


それでは、何がどう変わったのか。


従来ならば
「英文の欧州公報」と「英文のWO公報」の
全文検索の入口は別々 だったのが、


今回の変更で、
「英文の公報ならば、同時に全文検索」できるようになった。


これは、容易に想像がつきます。



ですが、それだけではなく


実際に検索してみると、
かなり古い米国特許がヒットするケースも多く、

「・・・欧州+WOを合体させただけ、ではないのね?

と思わされる場面が、何度もありました。


そうなると気になってくるのは・・・
収録範囲。



次回は、収録範囲を調べてみたいと思います。
(引っ張ってすみません~(><))


それでは。




収録国に関連する目次記事はこちら

「Espacenetの新データ」 と 収録範囲の確認 シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: