ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/03/31

「Espacenetの新データ」 と 収録範囲の確認。(1)


こんにちは。サーチャーの酒井です。

つい先日、
Espacenetに、こっそり(?)新データが追加されました。


「こっそり」というのは?


パッと見、大々的な宣伝はされていないようでして、

Espacenetのトップページを見ても、
2016/03/31現在、アナウンスはされておりません。



何のデータが追加されたのか?といいますと・・・


Advanced Searchの、ビフォーアフターで説明します。




Before  ※以前の記事からの抜粋&編集です。


今までのAdvanced Searchでは


検索メニューの一番上で、
EP または WIPO を選択すると



全文検索が使えるする、という裏技がございました。




はい、今回変わったのは、
この 「全文検索」 の部分なのですが・・・



After


今、Espacenetを開きますと、
Advanced searchは下記のように変わっています。

プルダウンは 従来の EP / WIPO から
言語別の EN / FR / DE に変わり




英語、を選択すると、
全文検索が可能になります。 フランス語、ドイツ語でも同様です。





So what?


それでは、何がどう変わったのか。


従来ならば
「英文の欧州公報」と「英文のWO公報」の
全文検索の入口は別々 だったのが、


今回の変更で、
「英文の公報ならば、同時に全文検索」できるようになった。


これは、容易に想像がつきます。



ですが、それだけではなく


実際に検索してみると、
かなり古い米国特許がヒットするケースも多く、

「・・・欧州+WOを合体させただけ、ではないのね?

と思わされる場面が、何度もありました。


そうなると気になってくるのは・・・
収録範囲。



次回は、収録範囲を調べてみたいと思います。
(引っ張ってすみません~(><))


それでは。



調査のお問合せはこちらからどうぞ

明日から新年度ですが、
だんだん、調査予定が混み合ってまいりました。(感謝)


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: