ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月下旬以降】です。(2017/8/21現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/9/4現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 9月の出没予報   → 10月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/04/05

「Espacenetの新データ」 と 収録範囲の確認。(2)



こんにちは。サーチャーの酒井です。

Espacenetの全文検索に変更があった話、の続きになります。


◇前回のあらすじ◇

Espacenetに英語/ドイツ語/フランス語、の
全文検索機能が追加されています。


従来からあった
EP、WOの全文検索は、引き継いでいる様子ですが、

何やら、他のデータも増えている感じ。。

・・・と


「様子」とか「感じ」という、あいまいな表現なのは、理由があり、

じつは、現時点でCoverage(収録範囲)がハッキリしていないのです。。(2016/3月末時点)

(あらすじ  ここまで)



※ ちなみに、最初の記事をアップした後に、
Espacenet上に 「リリースノート」 が掲載されましたが、

リリースノートにも、収録範囲の事は書かれていなかったりします。



・・・ということで、
収録範囲の確認の仕方  です。


言い換えると
「英語の全文検索って、どこまでが有効範囲なの?」 って事ですね。



Espacenetでの確認例、ではありますが、
考え方は、他庁でもほぼ同様です。
マイナー国での「収録確認のヒント」にもなればいいな、と思います。


それではまいります。



収録範囲の確認方法 その1

「Coverage」という単語で、サイト内を探す

正直、今回に限ってはリリースノートでもCoverage不明なので、
この方法はあまり期待できないかも・・・ って気がします。


ただ、これが一番基本的な方法ではあります。(きっぱり)


初めて見る海外庁のデータベースで、
「どこまで(=年代や、抄録/全文など)検索できるのか知りたい」
という時は、

まず Coverage の項目を探すのがオススメです。




Espacenetの場合は、Helpから。
Coverage、と検索してもよいですし、



同ページをスクロールした先の
Coverage of worldwide database でもよいです。




今回は
Coverage of worldwide database で探してみます。

ページ前半に主要国の収録概要(黄色い表)がありますが、
こちらには、全文データの事は書かれていないので・・・

黄色い表の下、
Global patent data coverageを、覗いてみることにします。




・・・が。


404 Not Foundですってー!  (←2016/04/05現在)



CoverageのURLが無効だなんて。(汗
あのEPOにしては、珍しくないですかね?


なんだか、とっても
混乱のかほりがします。 ←そうなの?



・・・数日経ったら、復旧しそうな気はいたしますが、

今日のところは、Not Foundは放置しまして、
次の手段をとってみたいと思います。



次回に続きます。 





お問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: