ヘッダーメニュー

News

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【7月上旬以降】です。(2017/6/26現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度6月、7月、11月、2018年1月は、受付を閉め切りました。
   その他の月については、お問い合わせください。(2017/6/2現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 7月の出没予報   → 8月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2016/05/24

[検索雑記] トリプトファン訴訟をITCのサーチ画面でちょっと見。

おはようございます、酒井です。

一年中、大混雑がデフォルトの京都駅から、



終電で帰ってきて、今日は長野内勤です。

国内移動なのに、
なんか時差ボケになりそうな気分ですよ~(汗)


さて・・・

連休明けの週に 「アミノ酸の製造特許侵害」 のニュースが流れました。
チェックされた方も、いらっしゃるかと思います。

味の素が米独で韓国企業4社を提訴 アミノ酸の製造特許侵害で
産経ニュース 2016.5.11 13:06

味の素、トリプトファン特許侵害で韓国企業を米、欧で提訴
ブライナ 知財情報局 2016/05/13(金)


・・・この提訴、
ITC(米国国際貿易委員会)の検索画面で「チラ見」をしたところ、
自分の見た範囲では、ニュースに載っておらず、
「ほほう?」 と思ったことが、2つありました。


今なら、ひとつも検索せずに、直接見られますので ←検索ブログなのに。。汗
ご紹介してみます。


恒例、折り畳みます。





◆ITC(米国国際貿易委員会)の検索用画面

・・・というのは、こんな感じです。
鮮やかなブルーの画面。
https://pubapps2.usitc.gov/337external/



しばらくの間は「最近の提訴」エリアに
トリプトファン訴訟が、バッチリ載っています。
ちなみに、直近の5件が掲載されてます。



トリプトファン訴訟の付近を、拡大します。



概要のポップアップだけでも、色々載っているんですよね。(上図)


たとえば当事者名とか。

CJ側には
インドネシア法人らしき名前が入っていたので
「・・・インドネシアで作っているのかなぁ?」などと、勝手な想像が巡ります。



それから特許番号

これは、私がいくつか範囲では
ニュースに載っていなかったような…気がします。
※載っていた記事があったのしれませんが、
気が付きませんでした。。。


「製造方法の特許を侵害」 という事でしたので、
どんな方法なのかな? と興味もわき、


該当番号を
GooglePatentで見てみました。
6,180,373
7,666,655


特許を見る限りでは、
遺伝子組み換え大腸菌で作っている様子。




が、
私・・・大腸菌より気になってしまった事がございます。




番号の若いほう ('373)って、
出願人名、味の素とは表示されないンですよね。


同じGooglePatent内にある、
USPTO譲渡データベースへのリンクをたどりますと、


確かに、現在の特許権者は味の素さん


ですが…

ですが…。



うーん?



レコード(譲渡データベースの「収録情報」)を見ていたら、
なんだか、書き方を迷ってしまったので・・・
感想は控えさせて頂きます。(ぺこり)


ワタシってば・・・
考えすぎなのかしらん??
それとも勘違い?
あわてんぼう? ←これかもしれない・・・


うわーん、脳内がグルグルするんですけどもー!(悲鳴)




そんな風に書かれたら気になるっ!・・・という方は
くれぐれも、お時間のあるとき

ITCの「最近の提訴情報」 と
https://pubapps2.usitc.gov/337external/

GooglePatentから→US譲渡情報
6,180,373


にらめっこなさってみてくださいませ。
それで、
よかったら感想をこっそりと教えてください。



それでは~ (逃走!



調査まわりのお問合せはこちらからどうぞ


別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: