ヘッダーメニュー

News

【夏季休業のお知らせ】 new 
 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

 【休業期間】2017年8月11日(金) ~ 2017年8月16日(水)

 休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
 お願い申し上げます。

◆特許調査 受付状況のご案内
 → 只今最短での調査ご報告予定は 【9月上旬以降】です。(2017/7/27現在)
  (調査内容によっては、上記以前の納期でも受付可能ですのでご相談下さい。)

◆講習会の受付について
 → 2017年度出張講習 受付状況 new 
   2017年度出張講習の新規受付は終了いたしました。
    継続してご依頼を頂いている企業様向けには、若干の枠がございます。
   ご希望の有る場合は、お問い合わせください。(2017/6/30現在)

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 8月の出没予報   → 9月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → http://blog.1smartworks.com/2012/05/blog-post.html


2017/08/02

[検索小話] J-PlatPatで ”次のニュース" を邪推する


Ben White

じゃ‐すい【邪推】


[名](スル)他人の心意を悪く推量すること。

出典:デジタル大辞泉


以前、何気なくJ-PlatPatを検索してみて

「・・・これ、何かが起こるのかしらん??」

と思ったことがございました。
いわゆる邪推のたぐい。


前にも記事にしてるかも?ですが
気にせず、書いてみます。

(折り畳みます)




J-PlatPatの
経過情報の範囲指定検索、というメニュー。



わたくし、時々 & 定期的に (年に2回くらい?)

「判定請求一覧」を、範囲指定検索しています。

判定請求ウオッチャー、かもしれません。
 (すでに邪推の香りが・・・!笑)


こういうとき「判定一覧」でもいいですし、
むしろ、結果が出ている「判定一覧」の方が、正確かも?しれないのですが

「判定一覧」の結果表示には「発明の名称」が表示されないので、
一目見ただけでは、半年間の状況を把握しにいのです。


その点「判定請求一覧」ですと、
下図のように、



結果一覧にも 発明等の名称 が表示されますので、
一瞬見ただけで「どんな分野」か?がわかるメリットがあります。




ここ3年ほど、注目している、といいますか
酒井の「邪推のマト」になっているのが


こちら↓の分野 (画像で推測してくださいませ!笑)
Embed from Getty Images


2015年-2016年の、この分野はこんな具合。




・・・そして

個人的に面白・・・、あ、失敬。
興味深く拝見しているのは

最近話題のこちらの記事 (日経にリンクします)

上記記事の、見出しの先頭に出てくるほうの当事者のかた。


2015年-2016年の判定請求では
かなりの頻度で 「請求人」 として、登場されてます。


一方「被請求人」はバラバラなので・・・

「・・・あぁ。」

なんだか、いろいろ考えてしまいます。
※みなさま、ここ、一緒に邪推するところですよーー!(笑



続きまして、
同じ分野の直近データ、2017年前半のお話。


「判定請求一覧」では、意匠・商標なども一括表示されるため
商標では「発明等の名称」が表示されないケースが、出てきています。(色や音など)


今年前半、「発明等の名称」のない請求は3件ありました。

そのうち、下図で色をつけた2件とも
こちらの記事最初の方が、今回も請求人です。
(着色をしていない商標は、無関係な別分野のものでした)



「今年から、商標も使うのですね?」
と、詳細表示をしてみましたら


上のほう、商5899318はこれで



下のほう、商5868813はこれ。



・・・・・。

なんとなく、ですが
わかるような気がします。(汗)



酒井が何を考えてるか、ですって?

Embed from Getty Images

ふふふ
「邪推」なので
どこかで「こっそり」聞いてみてください。(笑)


それでは!




「特許調査依頼」をご検討中の皆さま

只今、9月上旬以降のご報告予定分を受付けております。
調査スケジュールは、メールや電話(0266-79-6709)でお問合せくださいませ。


調査のお問合せはこちらからどうぞ

8月の出張予定9月の出張予定
打合せ日程のご参考に。




別窓で登録フォームが開きます
連絡板 ■
酒井美里プロフィール
少しずつ増えてます → 検索コラム集目次
代行特許調査のお問い合せはこちらからどうぞ
●  講習テキストの販売を始めました。
採用情報 はこちらから。よろしくお願いいたします。
Facebook、お友達もフィード購読も大歓迎。お気軽にどうぞ。 

特許調査入門―改訂版



Amazon
発明推進協会

0 件のコメント: