ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2019年度出張講習 受付状況 new 
   *2019年度11月12月2020年1月の受付は終了しました。
    2020年度の受付を開始しております。

   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 11月の出没予報   → 12月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


◆消費税率変更に伴う弊社からのご請求金額について
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
令和元年10月からの消費税率10%への改定に伴い、
10月以降の納入分より、消費税率を10%に改定させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

2019/01/08

WIPOが選ぶ「世界の科学技術集積地トップ10」



こんにちは!サーチャーの酒井美里です。

この年末年始、WIPOのTwitter (@WIPO) で

The World's science and technology hotspots

という企画をしていました。

国際出願件数などみて、
科学技術の集積地トップ10 を選ぶ、というものです。


こちらの企画、元旦に偶然見かけたところ
関西地区(大阪・神戸・京都)が世界第6位とのことで、急に興味がわきまして。


研究機関の京都大学は「納得」のひとことですね!
最近ではIPS細胞の知財活動なども有名です。

そして、企業名では村田製作所が挙がっています。

これ、直観的に国際出願件数に基づいているのだと解釈したのですが
(WIPOが発表したトップ10なので。)
個人的には「関西でPCT出願が多い、といえば、パナソニックなのでは?」という
イメージを持っていました。(←あくまでもイメージ)

「本当はどうなの?」と、確認した結果がこちら。


国際公開日=2018年 (日本語国際公開のみ)
出願人居住地=大阪府・京都府・兵庫県 のいずれかで検索。出願人を集計。

関西地区では、やっぱりパナソニックがトップ
シャープも体力回復を感じさせる2位
WIPOのツイートにあった 村田製作所3位でした。


ですので、あくまでも推測ですが、
WIPOが選んだ、独自基準があって、
たとえば・・・
「関西では全体的に機械系の出願が多い。
 ⇒ 機械系の代表的な企業、といえば村田製作所」
というようなピックアップをしているのかも? と思いました。


さて・・・遡ってランキングを確認します。
6位~10位です。
10位 サンディエゴ(アメリカ)

9位 パリ(フランス)

8位 ニューヨーク(アメリカ)

7位 ボストン・ケンブリッジ(アメリカ)

6位 大阪・神戸・京都(日本)

とのこと。

特許の国際出願件数に基づいているため、
研究都市、というよりは
人口が多く、大企業の本社が集中する地域が
ランク入りしやすいのかな?という感じがありますが・・・?

5位から1位はどうなのでしょう。

ここで一旦折り畳みます。 記事の続きにどうぞ^^





5位



中国の北京。出願人はBOE

4位



アメリカのサンノゼ。有名なシリコンバレーですね。
出願人はGoogle


3位



韓国のソウル。
これも個人の感覚ですが・・・「わぁ!シリコンバレーより上!」という驚きが。
確かに特許公開数と国際出願数、いずれもシリコンバレーを上回っています。
出願人はLG電子が挙げられてます。
去年、曲がるスマホでも見かけたなー。


2位



中国の「香港と深圳」
中国で最も勢いがあるのかな。何かと話題の地域ですよね。
そしてこちらも、関西と同様「あれ?HUAWEIは?」と思いました。
(記事最後の資料もご参照ください)


そして1位は




東京と横浜!

本当に!?
ソウルより深圳より上なの?
ちょっと、驚いてしまいました。
※国際出願の件数に基づいているようです。

ちなみに、WIPOのWebサイト「統計情報」のページですと。

PCT国別出願件数は、米国・中国・日本 の順で



出願人TOP10では、やはりHUAWEIがトップになるそう。
下記はTOP10を国別にまとめたもの、です。



PCT出願件数では、やはり中国、米国が上回っているのですが、
「地域別」では、東京がトップ。
企業の密集度を表しているのだろうな、と感じました。

それでは!


お問合せはこちら

■ご案内■

0 件のコメント: