ヘッダーメニュー

掲示板

出張・講習・オンライン配信など  🔹最新スケジュールはこちら 
オンライン配信は🔹Facebookで (録画有) どなたでも閲覧可 / フォローお気軽に
毎週水曜日配信。メールマガジンご登録は 🔹こちら
匿名質問箱!酒井に聞いてみよう。回答は動画配信・ブログで 📪質問BOX 



代行調査依頼  💡2020年9月度の調査受付中。最短納期10月下旬
🔰はじめての調査依頼ガイド
無効資料調査用に整理すると良いこと   📧問合せフォーム
✔侵害予防調査用に整理すると良いこと   🚩調査料金表

検索式の作成とチェック
✔検索式作成(オンサイト/Web会議)  📧問合せ 🚩料金表
式の良い点・改良点のコメントをお返しします。 ✔検索式チェック

2020年度 出張講習 受付状況  💡オンライン研修 体験説明会開催中 (無料)
📆出張講習スケジュール(2020年度) 📧講習問合せ 🚩講習料金表
🚩オンライン講習・オンラインコンサルティング料金表


2014/08/07

米国特許の権利満了期間を調べる-その2|PTAの調べ方




前回の記事は PTAの基礎知識。この記事の基礎編、でございました。

+900日とか、+1000日とか・・・・
意外と、簡単に遭遇したりするのですよ~


米国特許の「より正確な」権利期間満了予定日の調べ方は、記事の続きから。




PTAを確認するには、
おなじみ、Public PAIR を使います。
http://portal.uspto.gov/pair/PublicPair



画像表示された数字を入力し、検索画面に進みまして。


検索は番号検索のみ、です。


検索ができたら、Patent Term Adjusutmentのタブを探しまして・・・



タブを表示します。




ここで、調整日数の見方ですね。
「?」となってしまった方は、前回の記事で復習を。(微笑)


USPTOに原因がある|遅延A、B、C と
出願人側の原因 とを、足し算、引き算するのでした。


最終的な調整日数は、赤枠の右下側、
Total PTA Adjustments: の欄で確認しますが・・・


この例ですと・・・
調整日数は驚異の998日


しかも 「特許庁側の原因(A delays)」 が1100日を超えてますよ?
365×3=1095 ですからね?
3年以上、何があったというのでしょう・・・(汗)



確認の手順は以上です

もしも、複数の番号について確認したいときは?


現状ですと、毎回Select New Case のタブを選択し、
1件ずつ、番号検索するしかない様子です。 




それでは。


PTA シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: