ヘッダーメニュー

News

◆講習会の受付について
 → 2018年度出張講習 受付状況 new 
   2018年度出張講習は受付を終了いたしました。(2018/5/7)
   2019年度出張講習予定追加しました。(2018/12/11)
   どなたでも受講いただける、一般募集の講座です。

酒井出没予報
  → 12月の出没予報   → 1月の出没予報 new

弊社サービスのご案内はこちら
 → https://www.1smartworks.com/search


2014/08/05

[検索TIPs] 最初のキーワード検索で詰まったら。(4) 更に履歴を観察



おはようございます、酒井です。


検索スタート時のキーワード検索、いわゆる「試し検索」で
いきなり詰まった時の対処法シリーズ。

今日は、もう4回目。


前回は 
目立って件数の少ない行は、思い切って削るのもあり!
「但し、その手が使えないケースもある」
と、お伝えしました。


今日は、予告通り 「思い切って削って・・・はダメ!なケース」。
検索例とともにお届けします。
記事の続きから、どうぞ。



※トップ画像のクレジット表記は、記事末尾に移動いたしました。
削っちゃダメ!なのは、こんな場合です。



検索例) 「かにかまぼこ」を個別包装しつつ着色する技術について調べる。



検索結果はゼロ件。
極端にヒット件数が少ないのは・・・「かにかまぼこ」の行。



前回の「カメラの手ぶれ補正」と、パターンは似てるんですよね。
でも違う。 さて、どこが違うんでしょう?


こちらが、前回の例。



【答】


今回 : 調べたい製品(≒技術主題)は 「かにかまぼこ」

前回 : 調べたい製品は 「携帯電話/携帯機器」


今回のパターンは、

調べたい製品名 = 件数少ない、なので、行を削るのはNG


削るのではなく、全文検索にするなら大丈夫ですが・・・
私だったら、調べたい製品名(主題)、1行だけを試し検索として扱います。




せっかく(?)件数が少ないのですから、
この集合から、分類情報を探した方が早道ですよね。


試し検索の目的は
 ・ 検索の方向性確認と
 ・ 分類情報の特定  の2つ。


目的が達成できれば良いわけで、
50字要約にこだわり続ける必要はなかったりしますよ~


という、お話でもありました。



それでは。


Today's photo |Gardener by Jaromír Chalabala on 500px




最初のキーワード検索で詰まったら シリーズ 一覧はこちら






■ご案内■



0 件のコメント: